4217

個別銘柄動向(午後) 大本組、カルビー、アゼアス、ステラケミファ、イハラケミカル工業など

個別

■菱洋エレクトロ(8068) 1,407円〔+91円、+6.91%〕
 平成27年1月期決算を発表
■日本証券金融(8511) 742円〔+51円、+7.38%〕
 レノなどの取得が伝わる
■KDDI(9433) 7,980円〔+119円、+1.51%〕
 みずほ証券では「買い」継続
■GMOインターネット(9449) 1,389円〔+69円、+5.23%〕
 バークレイズが目標株価を引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本駐車場開発、ファンドクリエーショングループ、ネクソン、アクロディアなど

個別

■新明和工業(7224) 1,287円〔+59円、+4.80%〕
 救難飛行艇がインドに輸出されるとの報道が刺激に
■リョーサン(8140) 3,090円〔+285円、+10.16%〕
 増配、自社株買い
■フジトミ(8740) 349円〔+80円、+29.74%〕
 HIGH ENDの株式取得

続きを読む>>

明日の材料 南海辰村建設、パナホーム、関電工、ヤマト、MonotaRO、東京建物不動産販売など

個別

■東京ドーム(9681):通期業績予想を上方修正
■SCSK(9719):第3四半期決算を発表、前年同期比4.2%増収、14.8%営業増益
■ミスミグループ本社(9962):第3四半期決算を発表、前年同期比19.2%増収、27.1%営業増益

続きを読む>>

明日の材料 中広、UBIC、システナ、アウトソーシング、ファンコミュニケーションズ、ユナイテッドなど

個別

■桑山(7889):ユーロスター社と独占販売契約
■タカラレーベン(8897):200万株の自己株式を消却
■GMOインターネット(9449):カルチャー支援事業を開始するため子会社へ出資

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 西松建設、東京エネシス、日清オイリオグループ、塩野義製薬など

個別

■ニホンフラッシュ(7820) 2,243円〔+400円、+21.70%〕
 第2四半期決算を発表
■東洋証券(8614) 288円〔+21円、+7.87%〕
 第2四半期決算、200万株の自社株買い
■東京テアトル(9633) 140円〔+3円、+2.19%〕
 11時30分に上方修正を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 三井金属エンジニアリング、鹿島建設、日清製粉グループ本社、菊池製作所など

個別

■ジャパンディスプレイ(6740) 323円〔-3円、-0.92%〕
 SMBC日興証券が目標株価を引き下げ
■三井造船(7003) 225円〔-4円、-1.75%〕
 上方修正を発表。SMBC日興証券では「1」継続
■トラスコ中山(9830) 2,771円〔+6円、+0.22%〕
 上方修正、増配を13時に発表

続きを読む>>

明日の材料 極洋、大気社、オプト、アマナ、カゴメ、コーエーテクモホールディングス、キッセイ薬品工業など

個別

■キヤノン(7751):第3四半期決算を発表、前年同期比1.1%減収、8.7%営業増益
■リコー(7752):第2四半期決算を発表、前年同期比3.2%増収、7.6%営業増益
■タカラレーベン(8897):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■ヤマダ電機(9831):通期業績予想を下方修

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ユアテック、日本ハム、ラクーン、フィックスターズ、日立化成など

個別

■ナガイレーベン(7447) 1,910円〔-6円、-0.31%〕
 東海東京調査センターが新規「2」
■東京エレクトロン(8035) 6,333円〔-425円、-6.29%〕
 米マイクロチップの見通し引き下げが警戒
■三菱地所(8802) 2,185円〔-51円、-2.26%〕
 大和証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

“もう1つの駆け込み需要” NISA口座の投資本格化へ【日本証券新聞 8月14日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月14日

・キーワードは「復配」 ネプロ、関電化に続くか
・人気再燃 建設株 大成建の高値奪回が刺激
・これが業績上方修正銘柄・後編 通期増額の内容に注目
・ロイヤルHD 材料豊富 訪日外国人客を取り込み

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) NIPPO、ミクシィ、明治ホールディングス、コーセーアールイーなど

個別

■プラネックスホールディング(6784) ストップ高買い気配
 MBO、1株600円
■日本トリム(6788) 3,280円〔+205円、+6.67%〕
 いちよし経済研究所がレーティングを引き上げ
■ラオックス(8202) 65円〔+11円、+20.37%〕
 上方修正を発表

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は半年ぶりに15,500円台を回復。米国株に対する出遅れ感や決算発表への期待が支えに

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,529.40円の71.53円高、TOPIXは1,286.07の4.72ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,009、値下がり銘柄数は623。出来高は19億3,115万株、売買代金は1兆5,922億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均は15,500円台を回復。水素関連の材料が出た日本精線がストップ高買い気配

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,530.29円の72.42円高、TOPIXは1,286.74の5.39ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,048、値下がり銘柄数は571。出来高は10億4,462万株、売買代金は7,994億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大豊建設、メガネスーパー、テックファーム、日立化成など

個別

■PALTEK(7587) 556円〔+19円、+3.54%〕
 上方修正を発表
■りそなホールディングス(8308) 601円〔+23円、+3.96%〕
 公的資金一部返済へ
■NTTドコモ(9437) 1,855円〔+40円、+2.18%〕
 野村証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 システム・テクノロジー・アイ、オプト、バリューコマース、カゴメ、片倉工業など

個別

■吉野家ホールディングス(9861)
 公募による自己株式の処分、株式売出し、自己株式の消却。中小企業庁による立入検査
■家族亭(9931)
 第1四半期決算を発表、前年同期比5.6%増収、111.4%営業増益
■アークス(9948)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

東証・大証統合から1年 躍進する「旧大証」単独銘柄【日本証券新聞 7月16日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月16日

・三井不VS菱地所 「時価総額」異常接近中
・NEC、連日の高値更新 主力株シフトの先駆けに
・IPO初値 イグニス 初値持ち越し
・平野憲一の相場表街道/裏街道 夢真HD 建設技術者集団トップ狙う

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ウエストホールディングス、パシフィックネット、クレハ、協和発酵キリンなど

個別

■岩谷産業(8088) 798円〔+67円、+9.17%〕
 日本初の商用水素ステーションがオープン
■三益半導体工業(8155) 895円〔-54円、-5.69%〕
 14時に平成26年5月期決算を発表
■内外トランスライン(9384) 1,426円〔-84円、-5.56%〕
 本日、下方修正を発表

続きを読む>>

1980年代以降で初 日欧逆転「PER」で銘柄選別【日本証券新聞 5月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月8日

・東証開所来タイ記録(3度目) 年初来続落記録の先
・活発化するオフィス移転関連 大量供給後の空室率低下が追い風に
・日本通信が高値更新 格安スマホの普及促進で脚光
・トヨタが個人向け新たな挑戦 「ニコ生」で説明会を生中継

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 森組、細田工務店、パル、菊池製作所、アエリアなど

個別

■TOA(6809) 1,093円〔+79円、+7.79%〕
 今期も二桁増収益を計画
■マツヤ(7452) 262円〔+58円、+28.43%〕
 アルピコホールディングスと資本業務提携
■ワタミ(7522) 1,339円〔-153円、-10.25%〕
 下方修正から大幅安

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は続落スタート。米国株安や円高警戒でほぼ全面安。ただ、ソフトバンクはアリババのIPO申請で小幅高

概況

日経平均 週足

9時6分時点の日経平均は14,281.71円の175.80円安、TOPIXは1,169.87の12.61ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが2,380万株、買いは1,590万株。

続きを読む>>

明日の材料 東急建設、DNAチップ研究所、エムスリー、ユナイテッド、ブックオフコーポレーションなど

個別

■キヤノン(7751)
 第1四半期決算を発表
■カブドットコム証券(8703)
 平成26年3月期決算を発表、200万株を上限に自社株買い
■KADOKAWA(9477)
 通期業績予想を下方修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 鋭意あ、アスクル、ソケッツ、オウケイウェイヴ、ルネサスなど

個別

■ユーシン(6985) 684円〔+46円、+7.21%〕
 60万株、4.2億円を上限に自社株買い
■日立キャピタル(8586) 2,771円〔+209円、+8.16%〕
 13時30分に第3四半期決算を発表
■ヤマトホールディングス(9064) 2,045円〔+112円、+5.79%〕
 ゴールドマン・サックスが「買い」で調査を再開

続きを読む>>

概況/前引け 東証は小康状態。スクウェアエニックスが一時マイナス圏も持ち直し、キャタピラーの決算でコマツや三菱重工が値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,020円52銭の14円79銭高、TOPIXは1,232.35の3.12ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,228、値下がり銘柄数は426。出来高は13億3,353万株、売買代金は1兆2,440億円。

続きを読む>>

明日の材料 五洋建設、カービュー、パレモ、ユーグレナ、エスイー、ニフティなど

個別

■近鉄百貨店(8244)
 株主優待の利便性向上を目的に、買物優待カードの利用可能上下限額を廃止
■イオン(8267)
 12月度の連結営業収益は6,796億円、前期比125.4%
■ニチイ学館(9792)
 12月の介護サービス利用状況を公表

続きを読む>>

電子材料セクター 半導体ウエハー関連、電池材料関連に注目

セクター 個別

SUMCO(3436) 週足

シクリカル(循環)セクターに分類される電子材料。その中でも、この半年ほど調整局面が続いている「半導体ウエハー関連」に注目する動きが出てきている。

続きを読む>>

“野生の目覚め”銀行株に出番到来 みずほFG高値が号砲に 【NSJ日本証券新聞 1月10日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月10日

・電子材料セクター 半導体ウエハー関連、電池材料関連に注目
・ソニー 逆行高で売買代金首位に 攻めの経営を再評価
・戦後8割高の真価発揮は? 上昇“特異日”1.14
・再生医療分野に新技術 「iPS関連」に味の素が名乗り 渋谷工は連日の大幅高

続きを読む>>

概況/大引け 米国の予算審議や連邦債務上限引き上げ難航で政府機関停止リスクから、東証も広範囲に値下がり。ドル安円高も悪影響。ノーベル賞期待から酸化チタン関連とバイオ関連が物色

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,455円80銭の304円27銭安、TOPIXは1,194.10の23.42ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は302、値下がり銘柄数は1,376。出来高は27億903万株、売買代金は1兆8,942億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国政府機関の閉鎖リスクを警戒し、広範囲に値下がり。ドル安円高で自動車が安い。一方、新興市場ではバイオ関連が堅調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,505円73銭の254円34銭安、TOPIXは1,196.34ポイントの21.18ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は233、値下がり銘柄数は1,436。出来高は13億1,106万株、売買代金は8,239億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) イナリサーチ、ヒビノ、ユーグレナ、コロプラ、神鋼環境ソリューションなど

個別

■ヒビノ(2469) 1,343円〔+276円、+25.87%〕
 オリンピック関連との思惑か
■日立化成(4217) 1,662円〔+42円、+2.59%〕
 クレディ・スイスでは「OUTPERFORM」を継続
■ソフトバンク(9984) 6,470円〔+170円、+2.70%〕
 大和証券では新規「3」

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) サントリーBF、ドワンゴ、ネクステージ、アサヒホールディングスなど

個別

■ガンホー・オンライン(3765) 94,400円〔-11,600円、-10.94%〕
 第2四半期決算を発表
■日立化成(4217) 1,660円〔+28円、+1.72%〕
 立花証券では「強気」に投資判断を引き上げ
■オンコセラピー・サイエンス(4564) 213,000円〔+9,500円、+4.67%〕
 小型自動エマルション調製機、SEPPIC社へ独占権付

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ジャパンフーズ、パナIS、花王、ゲンキー、ダイハツ工業など

個別

■KOA(6999) 1,042円〔+39円、+3.89%〕
 第1四半期決算を発表、大幅増益となる第2四半期計画を公表
■ダイハツ工業(7262) 2,200円〔+126円、+6.08%〕
 第1四半期決算、単元株式数の変更(1,000株→100株)を発表
■マクニカ(7631) 2,630円〔+330円、+14.35%〕
 14時に発表した上方修正から急騰

続きを読む>>

明日の材料 バリューコマース、ラクオリア創薬、ディスコ、PALTEK、キヤノン、白洋舎など

個別

■日本バルカー工業(7995)
 第1四半期決算、第2四半期業績予想の上方修正を発表
■日立ハイテクノロジーズ(8036)
 第1四半期速報値を公表、前年同期比 13.7%減収、99.9%営業減益
■カブドットコム証券(8703)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 149.4%増収、613.1%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ポイント、ヨコレイ、クラウディア、ネクソンなど

個別

■横浜冷凍(2874) 770円〔-40円、-4.94%〕
 転換社債を発行、潜在株式数の比率は14.78%

■レデイ薬局(3027) 458円〔+16円、+3.62%〕
 大幅増益となる第1四半期決算を発表

■コスモ・バイオ(3386) 3,830円〔+60円、+1.59%〕
 がん幹細胞研究用抗体「CD44v抗体」の販売開始

続きを読む>>

明日の材料 GCAサヴィアン、エムスリー、ヤフー、京セラ、サイバーエージェントなど

個別

■JT(2914)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は11.7%増収、15.7%営業増益を計画

■スタートトゥデイ(3092)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は5.0%増収、21.0%営業増益を計画

■イビデン(4062)
 平成25年3月期決算を発表、今26年3月期は1.4%増収、232.2%営業増益を計画

続きを読む>>

個別銘柄動向 コシダカ、第一稀元素化学、日立化成、第一化成、紀陽ホールディングスなど

個別

■メディアファイブ(3824) ストップ高買い気配
 1対200の株式分割、1単元を100株に

■住友化学(4005) 286円〔+5円、+1.78%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を「買い」に引き上げ

■第一稀元素化学工業(4082) ストップ高買い気配
 赤字幅縮小となる上方修正を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向 セック、さくらインターネット、ドリームインキュベータ、小野測器、信越化学など

個別

■さくらインターネット(3778) 567円〔-52円、-8.40%〕
減益決算を発表したことから軟調
■信越化学工業(4063) 5,470円〔-10円、-0.18%〕
13時に第3四半期決算を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き TOPIXは912.30ポイントの1.48ポイント安、日経平均は10,784円の39円安。ファナックが続落。ソニーも小反落。KDDIは決算と株式分割を好感。ホシザキ電機は野村証券が目標株価を引き上げ。日本カーバイド工業は時々の鐘の音(般若の会)のホームページが更新で値上がり。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

昨日のNYダウは14ドル安の13,881ドルでした。12月の耐久財受注が予想を上回ったものの、12月の中古住宅販売仮契約が予想に反し減少したことで、住宅建設株が下落しました。今朝の東京株式市場も続落となっていて、ファナックが続落となり、昨日はシティグループ証券の格上げで買われたソニーも小反落となっています。

続きを読む>>

「増額」&「減額」で株価好反応銘柄は 四半期決算発表いよいよ本格化 【NSJ日本証券新聞(1月23日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月23日付け

・「増額」&「減額」で株価好反応銘柄は 四半期決算発表いよいよ本格化
・マザーズ指数 500ポイント回復 外国人7週連続買い越し

続きを読む>>