4183

証券株「復活への道」 みずほ、GSが判断引き上げ【日本証券新聞 2月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月25日

・NASDAQ98%戻し 出でよ”日本のアップル”
・3月IPO 07年以来の高水準 ハウスドゥ 古田敦也氏が大株主
・富士フイルム 3カ月ぶり高値更新 株主還元策を再評価
・平野憲一の相場表街道/裏街道 オリジン電気 労働力不足を補う

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) コムシスホールディングス、BEENOS、ネットワークバリューコンポネンツ、じげんなど

個別

■菱電商事(8084) 809円〔-41円、-4.82%〕
 通期業績予想を下方修正
■四国電力(9507) 1,576円〔-118円、-6.97%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を引き下げ
■東映(9605) 755円〔+54円、+7.70%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) アダストリアホールディングス、テックファーム、フリービット、ALBERT、トレンドマイクロなど

個別

■イマジカ・ロボット ホールデ(6879) 628円〔+100円、+18.94%〕
 世界最大の吹替え・字幕付けのSDIを子会社化
■内田洋行(8057) 370円〔-12円、-3.14%〕
 特別損失として826百万円を計上
■イノテック(9880) 467円〔+12円、+2.64%〕
 コーポレート・ベンチャー・キャピタルを設立

続きを読む>>

明日の材料 テンプホールディングス、クエスト、クラレ、データセクション、田辺三菱製薬など

個別

■ピクセラ(6731) 110円〔-13円、-10.57%〕
 東証1部から2部へ指定替え
■西松屋チェーン(7545) 975円〔+37円、+3.94%〕
 12月度の既存店売上高は100.8%
■CYBERDYNE(7779) 3,180円〔+324円、+11.34%〕
 オムロンとロボット事業を含む事業基本合意

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 各社各様、個別材料株にシフト

個別 概況

三井化学(4183) 週足

日経平均は1万7,000円の大台を下回ることなく反発、12日のメジャーSQ(特別清算指数)算出を経て、相場は落ち着きを取り戻してきた。年内も残りあと10営業日余り、ここから恒例の年末高に期待したい。

続きを読む>>

2015年展望レポート続々 日経平均予想 2万3370円VS1万7800円【日本証券新聞 12月15日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月15日

・大成建が高値更新建設株買われる
・SQ後は恒例の年末高へ 直近13年「11勝2敗」
・IPO初値 クラウドワークス 公募比73%高発進 弁護士ドットコムは3.1倍高
・「資産移転」関連に注目 教育資金に続き、結婚・出産・育児、住宅など

続きを読む>>

日経平均 一時578円高 上げ幅今年最大 日米ともに空売り急増【日本証券新聞 10月21日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月21日

・やはり真打ち、GPIF 20%超→20%台半ば
・筍狩りに行こう ラオックス 免税対象品目の拡大の恩恵
・タイガース 日本シリーズ進出決定 関連株が動意
・ミクシィ ガンホーの時価総額抜く

続きを読む>>

“一人勝ち”米国で稼ぐ企業に照準 需要増&円安でダブルメリット【日本証券新聞 10月7日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月7日

・投機筋”暗躍”の収支は? バークレイズ売りで目先底へ
・筍狩りに行こう 三井化学 収益黒字化を先取り
・富士フイルム 再び高値更新 「アビガン」エボラ治療で効果
・ミライト 先高有望 PER12倍、PBR1倍割れ

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 KYB(7242)、三井化学(4183)、日本信号(6741)

テクニカル 個別

三井化学(4183) 月足

基準線と抵抗帯(雲)を再び上回る局面に突入した。07年以降の振れ幅は大きいものの、09年3月安値110円から11年2月高値745円までの上昇幅635円を最大値幅としたもみ合いのパターンといえる。

続きを読む>>

「親子上場」話題相次ぐ 親(資産価値)も子(再編期待)も注目【日本証券新聞 9月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月30日

・三菱電機 7年ぶり最高値 インテルとの協業も刺激に
・筍狩りに行こう 放電精密加工研究所 エアバス向け戦略工場が竣工
・アオキスーパー S高 驚異的な大幅上方修正で見直し余地広がる
・介護関連に見直し余地 職員給与引き上げへ ツクイ、ウチヤマHDなどに注目

続きを読む>>

収益増額の有力候補 「進捗率」改善銘柄に注目【日本証券新聞 8月5日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月5日

・日銀ETF買いに”新法則” 米国株急落が出動のサイン?
・筍狩りに行こう 日特エンジ 第1四半期が相場転機を示唆
・スマホゲーム関連人気 売買代金上位にズラリと勢ぞろい
・京写 上放れに付く LED照明需要拡大、自動車の電装化など追い風

続きを読む>>

アマダ急騰の真相 「JPX日経400」採用思惑

個別 概況

これも“JPX日経400効果”と呼ぶべきか…。15日午後2時の決算発表を機に急伸したアマダ(6113)は、全面安地合い下の16日も続騰。一両日の上昇率は一時、約27%に達したが、決算内容以上に評価されたのは資本政策の抜本的改革(大幅増配&自社株買い)だ。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ソネック、大成建設、クックパッド、アバント、信越化学工業など

個別

■CEホールディングス(4320) 1,269円〔+121円、+10.54%〕
 第2四半期および通期業績予想の上方修正を発表
■リズム時計工業(7769) 140円〔+8円、+6.06%〕
 岡三証券が新規「強気」
■ケーズホールディングス(8282) 2,946円〔+52円、+1.80%〕
 大和証券が新規「3」に設定

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) イントランス、ホギメディカル、アートスパークホールディングス、石井表記など

概況

■コメリ(8218) 2,778円〔+113円、+4.24%〕
 JPモルガンが投資判断を「Overweight」に引き上げ
■日本通信(9424) 390円〔-10円、-2.50%〕
 新b-mobile X SIMを発表
■日本空港ビルデング(9706) 2,557円〔+69円、+2.77%〕
 立花証券では「強気」の投資判断を継続

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 新日本科学、飯田グループ、三井化学、ラクオリア創薬、ヒューリックリートなど

個別

■インプレスホールディングス(9479) 151円〔+23円、+17.97%〕
 減収減益の第3四半期決算も、通期利益計画を既に上回る着地に
■ファーストエスコ(9514) ストップ高買い気配
 第2四半期決算、通期業績予想の増額を発表
■ヤマダ電機(9831) 363円〔+18円、+5.22%〕
 第3四半期決算を発表、SMBC日興証券では「1」継続

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米市場の上昇で、東証は全面高。三井化学がリストラを好感

概況

日経平均 15分足

朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,530万株、買いは1,980万株でした。
9時16分時点の日経平均は14,428円47銭の273円35銭高、TOPIXは1,183.28の20.91ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,660、値下がり銘柄数は76。

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、メディネット、ダイワボウホールディングス、オークファン、三井化学、ソニーなど

個別

■ニコン(7731)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 4.0%減収、0.2%営業増益
■NTT(9432)
 第3四半期決算、3,800万株の自社株買い
■ファーストエスコ(9514)
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 三井化学、トーセ、サイバーエージェント、住友ゴム工業、安川電機など

個別

■住友ゴム工業(5110) 1,531円〔+34円、+2.27%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を引き上げ
■スーパーツール(5990) 525円〔+12円、+2.34%〕
 太陽光発電事業を開始すると発表
■日本電産リード(6833) 1,401円〔-28円、-1.96%〕
 いちよし経済研究所ではレーティングを「A」→「B」に引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 ジーエヌアイグループ、ソリトンシステムズ、シャープ、京セラ、日本エム・ディ・エムなど

個別

■毎日コムネット(8908) 713円〔+89円、+14.26%〕
 上方修正、増配が好感
■テレビ朝日(9409) 2,346円〔+39円、+1.69%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き上げ
■ソフトバンク(9984) 8,310円〔+340円、+4.27%〕
 米サード・ポイントが1%程度を取得との報道

続きを読む>>

概況/前引け 100円台半ばまで戻した円安が好感され、東京市場は上昇。広範囲に値上がりし、保険や情報通信、機械、証券などが高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,322円46銭の246円38銭高、TOPIXは1,243.87の10.44ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,030、値下がり銘柄数は573。出来高は13億5,272万株、売買代金は1兆1,956億円。

続きを読む>>

概況/前引け ECB理事会をまえに円高となり、日経平均も小幅安に反落。日産が下方修正で安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,179円26銭の22円31銭安、TOPIXは1,178.95の4.08ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は653、値下がり銘柄数は975。出来高は14億1,304万株、売買代金は1兆834億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) コメ兵、TOTO、オークマ、レオン自動機、明和地所など

個別

■大豊工業(6470) 1,168円〔-64円、-5.19%〕
 いちよし経済研究所ではレーティングを「A」→「B」に引き下げ
■エクセディ(7278) 2,918円〔+7円、+0.24%〕
 いちよし経済研究所がレーティングを「B」→「A」へ引き上げ
■兼松(8020) 133円〔0円、0.00%〕
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■ソフトバンク(9984) 7,600円〔+300円、+4.11%〕
 第2四半期決算を発表

続きを読む>>

売買単位の集約で「泣き」「笑い」 リソー教育などにはプラス 【NSJ日本証券新聞 8月28日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月28日

・ミネベアに続く銘柄は? アナリスト予想平均で読む
・3Dプリンター関連 経産省開発支援で選別
・ZOOM UP 「ローカルパワー」のある銘柄 PLANT
・新規上場紹介 サンワカンパニー

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) アイレップ、トラスト・テック、ユナイテッド、三井化学、スクエニなど

個別

■三井化学(4183) 267円〔+9円、+3.49%〕
 野村証券が投資判断を「Buy」に引き上げ
■日本ペイント(4612) 1,413円〔+62円、+4.59%〕
 400万株、60億円を上限に自己株式の取得を発表
■澁谷工業(6340) 2,453円〔+133円、+5.73%〕
 肝硬変治療技術の開発報道

続きを読む>>

概況/寄付き 米国株の続伸から、週明けの東京市場も小幅高の始まり。商社株や不動産株が小高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時15分時点の日経平均は13,724円44銭の63円89銭高、TOPIXは1,146.39の4.76ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,010、値下がり銘柄数は462。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) カルビー、フライトシステムコンサルティング、トレンドマイクロ、横浜ゴム、ツガミなど

個別

■エイティング(3785) 1,110円〔-30円、-2.63%〕
 第3四半期決算、通期利益予想を増額、記念配当実施を公表
■三井化学(4183) 273円〔+19円、+7.48%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「1」に引き上げ
■東洋ゴム工業(5105) 578円〔-9円、-1.53%〕
 11時に第2四半期決算、通期上方修正を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ミクシィ、日油、資生堂、パナソニック、村田製作所など

個別

■マツダ(7261) 421円〔+11円、+2.68%〕
 第1四半期決算を発表、ドイツ証券、野村証券では「Buy」継続
■ヤマハ(7951) 1,340円〔+82円、+6.52%〕
 第1四半期決算、上方修正を発表
■任天堂(7974) 12,900円〔+480円、+3.86%〕
 第1四半期決算を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 伊藤園、ヒューリック、パーク24、LIXIL、アマダなど

個別

■東洋水産(2875) 3,270円〔+45円、+1.40%〕
 バークレイズ・キャピタルが新規「オーバーウエイト」

■ヒューリック(3003) 856円〔+35円、+4.26%〕
 JPモルガンが新規「Overweight」

■JIN(3046) 5,200円〔+170円、+3.38%〕
 出店ペースを早め、中国で100店舗体制にするとの報道

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 味の素、GLP投資法人、小野薬品工業、オンコセラピーなど

個別

■ニッセンホールディングス(8248) 346円〔-4円、-1.14%〕
 5月度の単体売上高は前年同期比 80.3%

■日本航空(9201) 5,210円〔+40円、+0.77%〕
 シティグループが投資判断を「買い」に引き上げ

■サンドラッグ(9989) 4,195円〔+45円、+1.08%〕
 野村証券が目標株価を5,400円に引き上げ

続きを読む>>

時代を映す「ノムラ女子力30」  男性不況転じて“女性好況”!?

セクター 個別

アベノミクス成長戦略の要諦は「女性」にあり。日本記者クラブにおける19日の安倍晋三首相会見でも明らかになった通りだ。「2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%以上に」「全上場企業に1人は女性役員を登用すること」などを打ち上げた安倍首相自身、自民党3役に2名の女性(野田聖子総務会長、高市早苗政務調査会長)を起用するなど、率先垂範の構えを示している。

続きを読む>>

概況/大引け 東ソーやJFE、三菱自動車の業績が円安効果で押し上げられ、他の企業に対しても期待感が広がり、住友化学や三井化学などの化学株、新日鉄住金に連想買い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

円安の企業収益に与える好影響が大きいことが期待され、東京株式市場は強張りました。

続きを読む>>

明日の材料 ポイント、ジェイアイエヌ、レナウン、三井化学、新星堂など

個別

■ポイント(2685)
 平成25年2月期決算発表、単元株式数を10→100株へ、TA社、N9社と持株体制へ

■ジェイアイエヌ(3046)
 第2四半期営業利益予想を2,400→3,707百万円へ、通期では4,900→6,700百万円へ増額修正。期末配当予想を20→30円へ

■ブックオフ(3313)
 ブックオフ事業の3月既存店売上高は96.2%、リユース事業は107.0%

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」  鉄鋼、化学の昨年高値未達狙いを 1万1000円は市況系、金融系で実現へ

セクター タカさんの「オレに任せろ!」 連載

日鉄住金(5401) 日足

先週は円安修正からいったん、日経平均株価は調整安に転じるとみて利益確定をお勧めしました。実際1万500円割れまで売られたのですが、中国経済の回復、北朝鮮の米国への挑発発言で一転、円相場は再び90円台に乗せ、日経平均も急伸して高値圏まで戻しました。

続きを読む>>