3731

話題 3年連続人口増加! 宮城本社銘柄に追い風

セクター 個別

カメイ(8037) 週足

今、「仙台」が熱い。と言っても、来週にオープン戦開幕を控えた東北楽天ゴールデンイーグルスの話ではない。仙台市に主要拠点を置く楽天(4755)もそうだが、同市地盤企業には経済的な恩恵享受が期待されているためだ。

続きを読む>>

特報 京王ズホールディングス 特設市場注意銘柄の指定から満3年

特報 連載

京王ズ(3731) 週足

3年前、創業者佐々木英輔氏の会社私物化が原因で、特設市場注意銘柄に指定された京王ズホールディングス(3731・東マ)が、2度目の決算修正を1月15日に発表した。

続きを読む>>

探せ!日本版「配当貴族」銘柄 花王、リコーリース、SPKなど【日本証券新聞 1月21日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月21日

・訪日客関連が人気 12月の中国人は2倍に
・「健康経営銘柄」を3月に選定(東証) ヘルスケア関連に注目
・平野憲一の相場表街道/裏街道 ワイエイシイ
・エイジス 上値余地大 小売業の人手不足が追い風に

続きを読む>>

明日の材料 日本工営、フルスピード、ルネサンス、ディップ、総医研ホールディングスなど

個別

■スクロール(8005):オムニチャネル・ソリューション事業で丸紅と提携
■ヒガシトゥエンティワン(9029):70周年記念株主優待を実施、1,000円のクオカード
■東京ドーム(9681):第2四半期決算を発表、前年同期比5.1%減収、17.5%営業減益

続きを読む>>

「マザーズ10年ルール」適用結果 「卒業」8銘柄、「残留」6銘柄 次はインターアクション

個別 概況

マザーズ上場後10年を経過した企業に、2部市場に移るか、それともマザーズ市場に残留するか、選択させる「マザーズ10年ルール」。東証は7月25日、このルールに基づき7月に市場選択時期を迎えた15銘柄の選択結果を発表した。

続きを読む>>

特報 光通信の京王ズTOB 買付単価555円は高水準

特報 連載

京王ズは、主力事業が携帯電話のショップ経営。キャリアと直取引ができる一次代理店ではなく、一次代理店から製品を仕入れてエンドユーザーに販売する、いわゆる二次代理店である。東北6件に51カ所のショップを展開しており、このうち35店舗がソフトバンクのショップで、その上位代理店が光通信。

続きを読む>>

日銀会合の「次のイベント」 本番迫る決算発表の焦点【日本証券新聞 4月9日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月9日

・気をつけよう、裸の空売り フェイル発生事例が表面化
・西武ホールディングス 異例のIPOスケジュール変更 出るわ出るわ「割高」の声
・日本ハム 戻り歩調 GS「買い」継続
・IPO初値 丸和運輸、トレックスとも公募割れスタート

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) K&Oエナジーグループ、山崎製パン、寿スピリッツ、ニッポン高度紙工業など

個別

■京阪電気鉄道(9045) 416円〔+12円、+2.97%〕
 上方修正、増配を発表
■エーアイテイー(9381) 757円〔-9円、-1.17%〕
 東海東京調査センターが投資判断を「2」→「3」に引き下げ
■小僧寿し(9973) 161円〔+11円、+7.33%〕
 シカゴピザとの業務提携を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) オールアバウト、東京エレクトロンデバイス、味の素、菊池製作所など

個別

■大同メタル工業(7245) 1,012円〔+3円、+0.30%〕
 東海東京調査センターが投資判断を「1」へ2段階引き上げ
■三菱UF(8306) 533円〔-10円、-1.84%〕
 大和証券が投資判断を「2」へ引き下げ
■エムティーアイ(9438) 536円〔+22円、+4.18%〕
 野村証券が投資判断を「Neutral」に引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、大豊建設、学情、MonotaRO、APカンパニー、ケンコーコムなど

個別

■トランザクション(7818)
 3月17日をもって東証2部へ市場変更
■菱洋エレクトロ(8068)
 平成26年1月期決算を発表、今27年1月期は7.3%増収、33.2%営業増益を計画
■大分銀行(8392)
 400万株の自己株式を消却

続きを読む>>

明日の材料 アイレップ、オーウイル、サンマルクホールディングス、住友化学、アステラス製薬など

個別

■オリンパス(7733)
 バイオロジクス事業から撤退、特別損失約150~190億円
■大研医器(7775)
 世界初の体温調節装置システム「クーデックアイクール」 製造販売承認取得
■ソニーフィナンシャルホールディングス(8729)
 介護事業を統括する持株会社設立
■情報技術開発(9638)
 10万株の自己株式を消却

続きを読む>>

明日の材料 太洋基礎工業、クルーズ、ディップ、アスクル、北の達人コーポレーション、稲葉製作所など

個別

■インヴァスト証券(8709)
 サイバーエージェントFXの「くりっく 365」事業を承継、20万株の自社株買い
■ファースト住建(8917)
 平成25年10月期決算を発表、今26年10月期は0.7%増収、6.7%営業減益を計画
■北沢産業(9930)
 単元株式数を500株→100株へ変更

続きを読む>>

明日の材料 アスクル、パピレス、エイチーム、エニグモ、ローツェ、ジーンズメイト、ウエスコなど

個別

■ローツェ(6323)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正、増配(期末3円→5円)を発表
■ライフネット生命保険(7157)
 韓国におけるインターネット生命保険会社設立に関する合弁契約の締結
■ジーンズメイト(7448)
 第2四半期及び通期業績予想の下方修正を発表
■松井証券(8628)
 中間配当予想を20円→30円へ引き上げ

続きを読む>>

7月期決算発表スタート アルチザ 本決算9月5日開示 テンポス10日、エニグモ13日

個別

アルチザ(6778) 週足

新興市場ではタカショー(7590・JQ)を皮切りに7月期決算発表が始動した。
今期予想に注目が集まりそうなのが、9月5日に本決算を明らかにするアルチザ(6778・東マ)だ。モバイル高速通信を実現する次世代規格の移行スケジュール変更に伴い先送りされたLTE(次世代高速通信規格)大型基地局向けの機器需要が、今期表面化するとの見方がもっぱら。

続きを読む>>

明日の材料 ベストブライダル、シンプレクスHD、リブセンス、富士機械製造など

個別

■リブセンス(6054)
 1対2の株式分割を発表、基準日は6月30日

■富士機械製造(6134)
 東証1部へ上場承認

■東京ドーム(9681)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 4.0%増収、45.5%営業増益

続きを読む>>

新興市場 決算発表スケジュール 3Dマトリックス 13日、エニグモ 14日に開示

個別 概況

エニグモ(3665) 週足

新興市場でも4月期決算(1月期企業の第1四半期、10月期企業の第2四半期、7月期企業の第3四半期、4月本決算)の発表シーズンを迎えた。
直近IPO(新規上場)では、6月3日にビューティガレージ(3180・東マ)が本決算を、12日にミサワ(3169・東マ)が四半期決算を出す予定。中でも14日のエニグモ(3665・東マ)の四半期決算は要チェックだ。

続きを読む>>

明日の材料 アスクル、スタートトゥデイ、リゾートトラスト、滝澤鉄工所、M2Jなど

概況

■アスクル(2678):第3四半期決算を発表、前年同期比 6.6%増収、2.6%営業減益
■スタートトゥデイ(3092):ソフトバンクとの合弁会社精算
■シュッピン(3179):期末配当予想の修正(5→7円)、株主優待制度を新設
■エイチーム(3662):第2四半期決算を発表、前年同期比 138.2%増収、171.8%営業増益
■エコーTD(7427):国分と資本業務提携
■M2J(8728):2月の営業収益は前年同月比165.0%増、前月比23.0%増
■飯田産業(8880):第3四半期決算を発表、前年同期比 15.3%増収、13.6%営業増益

続きを読む>>

外堀着々と埋める光通信 携帯販売業界再編の主役に?

セクター 個別

光通信(9435) 日足

ベルパーク、エスケーアイなど買い増し 4日付大量保有報告書で光通信(9435)が、ソフトバンク携帯専売大手のベルパーク(9441・JQ)を追加取得して保有比率を19・46%に高めたことが判明した。議決権ベースの保有率は2…

続きを読む>>