3687

一時、3週ぶり「1ドル=120円」乗せ 円安メリット株に”選別の視点”【日本証券新聞 3月4日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月4日

・川重 造船でも鉄道でも 実質”青天井”相場へ
・中国全人代開幕へ 「5・8・13日」に注目
・平野憲一の相場表街道/裏街道 Eストアー
・やまびこ、新展開入り「米国比率」は5割

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、大末建設、ピーエス三菱、ミクシィ、ウェルネット、日本パーカライジングなど

概況

■ヤオコー(8279):第3四半期決算、1対2の株式分割、株主優待制度を変更
■日産東京販売ホールディングス(8291):第3四半期決算、株主優待制度を再開
■日本電信電話(9432):第3四半期決算を発表、前年同期比2.0%増収、7.5%営業減益
■ベネッセホールディングス(9783):第3四半期決算を発表、前年同期比0.3%増収、16.0%営業増益

続きを読む>>

IPOカレンダー 2014年

IPO

12月26日にマザーズに新規上場したMRT(6034)が、上場2日目となる本日、公開価格800円の4.1倍となる3,275円で初値を形成した。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は反落、過熱警戒や週末要因。水素関連が物色

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は17,330.39円の62.40円安、TOPIXは1,388.96の0.55ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は806、値下がり銘柄数は863。出来高は15億9,066万株、売買代金は1兆8,489億円。

続きを読む>>

明日の材料 飛島建設、長谷工コーポレーション、鉄建建設、積水ハウス、UBICなど

個別

■アイフル(8515):第2四半期決算を発表、前年同期比7.9%減収、52.0%営業減益
■西武ホールディングス(9024):第2四半期決算を発表、前年同期比3.1%増収、6.8%営業増益
■学研ホールディングス(9470):平成26年9月期決算を発表、今27年9月期は3.2%増収、435.5%営業増益

続きを読む>>

明日の材料 ショーボンドホールディングス、青木あすなろ建設、アコーディア・ゴルフ、ファンコミュニケーションズなど

概況

■肥後銀行(8394):鹿児島銀行と経営統合で基本合意
■上組(9364):第2四半期決算、500万株を上限に自社株買い
■セコム(9735):第2四半期決算を発表、前年同期比0.3%増収、4.9%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日立物流、ジャパンディスプレイ、ソフトバンク、フィックスターズなど

個別

■タダノ(6395) 1,695円〔+110円、+6.94%〕
 上方修正を好感
■ユーグレナ(2931) 1,289円〔+79円、+6.53%〕
 武田との包括提携で
■GMOクラウド(3788) 1,046円〔+99円、+10.45%〕
 東証1部への市場変更を好感

続きを読む>>

明日の材料 ゲンキー、ユーグレナ、小戸物産、フィックスターズ、GMOクラウドなど

個別

■リアルビジョン(6786):広告代理業のDSCと資本業務提携、新規事業開始
■ローム(6963):第2四半期業績予想を上方修正
■関西電力(9503):第2四半期利益予想を上方修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ユアテック、日本ハム、ラクーン、フィックスターズ、日立化成など

個別

■ナガイレーベン(7447) 1,910円〔-6円、-0.31%〕
 東海東京調査センターが新規「2」
■東京エレクトロン(8035) 6,333円〔-425円、-6.29%〕
 米マイクロチップの見通し引き下げが警戒
■三菱地所(8802) 2,185円〔-51円、-2.26%〕
 大和証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

外国人買い復活の「理由」 短期・中期・長期で分析【日本証券新聞 9月10日】

日本証券新聞

日本証券新聞 9月10日

・最弱・小売株に反騰の芽 夜明け前が最も暗いか
・建設株の人気続く 五輪決定から1年 熊谷組は4倍に
・平野憲一の相場表街道/裏街道 メディシノバ
・トレファク 最高値更新 「良い物を安く」買いたいニーズを吸収

続きを読む>>

明日の材料 奥村組、ライト工業、UBIC、テラ、博報堂DYホールディングス、日本マクドナルドホールディングスなど

個別

■大日本スクリーン製造(7735)
 第1四半期決算、第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■バンダイナムコホールディングス(7832)
 第1四半期決算、第2四半期業績予想を上方修正
■ワイヤレスゲート(9419)
 第2四半期決算を発表、前年同期比25.6%増収、11.4%営業増益

続きを読む>>

土地持ち企業徹底チェック もしIFRS適用あらば…【日本証券新聞 7月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月30日

・日産自が高値更新 「好決算」買いが続く マツダは下落
・ウナギ養殖需要拡大へ ヨンキュウ 来夏にも出荷開始
・平野憲一の相場表街道/裏街道 アルインコ 出世株の素地十分
・富士通に「1000円目標」 みずほ証が投資判断上げ

続きを読む>>

UBIC 連日の上場来高値 大手のツール導入や米国特許など材料浮上

個別

UBIC(2158) 週足

UBIC(2158・東マ)が連日の高値更新と好人気。
同社は16日引け後、アジアの大手スマートフォン(スマホ)製造メーカーが、人工知能を搭載したeメール監査ツールを本格導入すると発表した。eメールの常時監査を可能にし、社内の不正発生の予防や知的財産の漏えい防止に積極活用されるとのこと。

続きを読む>>

「決算発表の季節」到来 真贋分ける試練の四半期【日本証券新聞 7月14日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月14日

・ついに陥落「25日線」 今度は、いち早い奪回を
・「好業績」「材料内包」の新興市場銘柄に照準
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.49 「ごちクル」
・トライステージ テレビ通販業者支援事業 新サービスを展開

続きを読む>>

2014年前半IPO 「初値天井」が激減 初値→高値の上昇率33.9%平均

IPO 概況

今年のIPO(新規上場)マーケットはこれまでとはひと味違う――IPOマーケット関係者からこんな声が聞かれる。これまでは、初値の段階で将来の成長の大部分を織り込み、“初値天井”となる銘柄も多かったが、今年は表の通り、“初値天井”が激減している。

続きを読む>>

外国人と年金「これから買う株」 手持ち少ない割安株が標的【日本証券新聞 6月23日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月23日

・日経平均 騰落日数に”異変” バブル崩壊後勝ち越しも視野に
・新幹線開業で「北陸銘柄」に変身期待
・日立と対照的 富士通好パフォーマンス
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.46 高機能デジカメ

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は4日ぶりに反落。ただ、出来高は30億株目前で、不動産株が物色、ミクシィは引けにかけて強い動き

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,349.42円の11.74円安、TOPIXは1,268.92の0.12ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は636、値下がり銘柄数は1,040。出来高は29億5,091万株、売買代金は2兆5,968億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ユーグレナ、フィックスターズ、豆蔵ホールディングス、タイガースポリマーなど

個別

■テラプローブ(6627) 1,285円〔+235円、+22.38%〕
 モバイル用メモリ向けの効果的なテスティング方法の確立を実現
■武蔵精密工業(7220) 2,652円〔+71円、+2.75%〕
 東海東京調査センターが投資判断を引き上げ
■東海旅客鉄道(9022) 14,665円〔+295円、+2.05%〕
 みずほ証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 週末のポジション調整も意識され、東証は小幅安スタート

概況

日経平均 日足

9時11分時点の日経平均は15,339.18円の21.98円安、TOPIXは1,268.72の0.32ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが510万株、買いは760万株、3日連続の買い越し。

続きを読む>>

明日の材料 アマナ、イオンリート投資法人、コロプラ、フィックスターズ、レンゴーなど

個別

■武田薬品工業(4502)
 前立腺がん治療薬として開発中のTAK-700(orteronel)、日米欧における開発中止
■日本エンタープライズ(4829)
 コミュニティソーシャル・サービス 「コミュカラ」WEB版、「auスマートパス」向けに提供開始
■アルメディオ(7589)
 ティアックからストレージデバイス事業を譲受け

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 省電舎、JT、エスイー、川田テクノロジーズ、フィックスターズなど

個別

■タカタ(7312) 2,080円〔-71円、-3.30%〕
 トヨタのエアバックリコールで
■GSIクレオス(8101) 143円〔+6円、+4.38%〕
 炭化ケイ素(SiC)の加工サービスに乗り出すとの報道
■東京ドーム(9681) 492円〔-17円、-3.34%〕
 二桁減益となる第1四半期決算を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 石油資源開発、ハブ、エイチーム、フィックスターズ、ユビキタスなど

概況

■ヒーハイスト精工(6433) 310円〔+45円、+16.98%〕
 菊池製作所(3444)のストップ高にロボット関連として連れ高か
■オリジン電気(6513) 319円〔+17円、+5.63%〕
 家庭用太陽光発電システム向けのパワーコンディショナーに参入との報道
■スバル興業(9632) 374円〔+17円、+4.76%〕
 第1四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 積水ハウス、日本M&Aセンター、綜合臨床ホールディングス、くらコーポレーションなど

個別

■ミロク(7983) 291円〔+10円、+3.56%〕
 第2四半期利益予想を上方修正
■東武鉄道(9001) 518円〔+6円、+1.17%〕
 シティグループが投資判断を「買い」へ引き上げ
■エイチ・アイ・エス(9603) 3,145円〔+10円、+0.32%〕
 14時に第2四半期決算を発表

続きを読む>>

GPIF 新比率での運用今秋開始へ JPX400採用銘柄が選別対象【日本証券新聞 6月4日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月4日

・TOPIX9日続伸 狙うは「初の14連騰」
・「親」が「子」を猛追 NTT株高続く
・6月24日IPOフリークアウト 人気化の公算大
・ミクシィ グリーの時価総額を抜く ガンホー相場の再来意識

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は4月4日以来の15,000円台、NYダウの最高値更新やGPIFの株式比率引き上げ期待。証券や銀行が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,034.25円の98.33円、TOPIXは1,228.59の8.12ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,035、値下がり銘柄数は617。出来高は22億2,657万株、売買代金は2兆30億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ミクシィ、ユナイテッド、ネクステージ、フィックスターズなど

個別

■アルチザネットワークス(6778) 2,014円〔+113円、+5.94%〕
 上方修正、復配が材料視
■ピープル(7865) 584円〔+8円、+1.39%〕
 第1四半期業績予想の上方修正を発表
■ピジョン(7956) 5,140円〔+395円、+8.32%〕
 第1四半期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 大東建託、クルーズ、ACKグループ、伊藤園、コロプラなど

個別

ファースト住建(8917)
 第2四半期決算を発表、前年同期比11.3%減収、17.4%営業減益
■東日本旅客鉄道(9020)
 4月30日発表の自己株式の取得、取得終了
■コネクシオ(9422)
 全国のファミリーマート店舗に新しいPOSAカードの什器を導入

続きを読む>>

IPO社長会見 フィックスターズ(3687) 7年後、1,000億円企業に

IPO 個別 社長会見

三木聡社長

4月23日、マザーズに新規上場した。上場2日目に公開価格比2.6倍にあたる9040円で初値を形成。上場当日の記者会見で同社の三木聡社長=写真=は次のように語った。

続きを読む>>

FTSE採用などイベント続々 西武HD 意外な健闘の背景【日本証券新聞 4月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月25日

・IPO社長会見 サーベラスとは信頼関係 西武HD 後藤高志社長語る
・大量保有報告書から 複数の機関投資家から選ばれし銘柄
・日本郵政 株式上場に向け本格始動
・相場も「黄金週間」!? 連休前後は需給好転か

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 熊谷組、ローソン、日本リート投資法人、フィックスターズ、日本航空電子など

個別

■三陽商会(8011) 251円〔-45円、-15.20%〕
 バーバリーとの契約終了報道
■NTT都市開発(8933) 893円〔-35円、-3.77%〕
 ゴールドマン・サックスではコンビクションリストから削除
■コンセック(9895) 188円〔+15円、+8.67%〕
 上方修正から大幅高

続きを読む>>

概況/大引け 欧米株高から、東京市場は3日ぶりに反発。明日の日米首脳会談へ期待する声も。ノンバンクや不動産が反発し、消費関連も堅調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,546.27円の157.50円高、TOPIXは1,173.81の11.31ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,301、値下がり銘柄数は361。出来高は17億5,026万株、売買代金は1兆5,436億円。

続きを読む>>

会社側予想の”クセ”に着目 「一貫保守派」と「永遠の楽観主義」【日本証券新聞 4月22日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月22日

・時をかける「消費税」 巡り巡って香港危機も!?
・ノンバンク株が軒並み急騰 貸金規制の緩和報道が刺激
・筍狩りに行こう リオン 「増額」で足元好調を確認
・BS11 新展開入り迫る 広告収入が好調

続きを読む>>

巨象動く!GPIF新ベンチマーク選定 「JPX日経」など3指数構成銘柄再チェック【日本証券新聞 4月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月8日

・筍狩りに行こう 日東工器 月次販売は過去最高水準
・IMVが逆行高 振動試験の需要拡大
・遠のく「TOB価格」 どうした?アコーディア
・「高額レジャー」ニーズ緩まず? GWはネット経由で”海外”増加

続きを読む>>

フィックスターズ(3687) 4月23日、マザーズに新規上場。日本最高レベルのスーパープログラマー集団

IPO 会社紹介 個別

4月23日、マザーズに新規上場する。同社は日本最高レベルの“スーパープログラマー集団”。スーパープログラマーを国内で唯一、100人規模で有し、世界的なプログラミングコンテストで昨年2位を獲得した人物も。蓄積してきたノウハウなどはライブラリー化され、社内で利用できるようになっている。顧客の大半が東証1部企業で、直接取引がほとんどを占める。

続きを読む>>

インフレ時代で「いかに使うか」 ネットキャッシュ銘柄の”新視点”日本証券新聞 4月4日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月4日

・「上場翌月のお楽しみ」も JDI”お荷物”脱し、高値更新
・インフォコム 戻り軽快 電子書籍サービスの成長一途
・竹中三佳の株Catch one’s eye 特別編DLE 椎木隆太社長インタビュー
・塩崎議員のブログ「やすひさの独り言」 『金融・経済インフラの改革』に言及

続きを読む>>