3672

証券株「復活への道」 みずほ、GSが判断引き上げ【日本証券新聞 2月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月25日

・NASDAQ98%戻し 出でよ”日本のアップル”
・3月IPO 07年以来の高水準 ハウスドゥ 古田敦也氏が大株主
・富士フイルム 3カ月ぶり高値更新 株主還元策を再評価
・平野憲一の相場表街道/裏街道 オリジン電気 労働力不足を補う

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は高安まちまち。ギリシャ問題で妥協点を探る動きが期待され、大引けにかけて下げ幅を縮小

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,652.68円の59.25円安、TOPIXは1,427.72の2.80ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は906、値下がり銘柄数は819。出来高は20億475万株、売買代金は2兆1,654億円。

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、日本海洋掘削、大本組、高橋カーテンウォール工業、ディー・エヌ・エーなど

概況

■東京放送ホールディングス(9401):第3四半期決算を発表、前年同期比1.3%減収、4.7%営業減益
■日本テレビホールディングス(9404):第3四半期決算を発表、前年同期比3.7%増収、6.6%営業増益
■テレビ東京ホールディングス(9413):第3四半期決算を発表、前年同期比7.0%増収、1.0%営業減益
■ヤマダ電機(9831):第3四半期決算を発表、前年同期比8.1%減収、29.1%営業増益

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は3営業日続落、昨年末の米国株安を警戒。石油関連や金融株が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,408.71円の42.06円安、TOPIXは1,401.09の6.42ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は931、値下がり銘柄数は807。出来高は20億4,896万株、売買代金は1兆9,064億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は一時18,000円台を回復。ただ、7-9月GDP(2次速報)の下方修正で上値抑制

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,935.64円の15.19円高、TOPIXは1,447.58の1.91ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は877、値下がり銘柄数は816。出来高は21億5,310万株、売買代金は2兆4,224億円。

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、協和エクシオ、UBIC、JCLバイオアッセイ、日清オイリオグループ、日本マクドナルドホールディングスなど

個別

■ワイヤレスゲート(9419):第3四半期決算、本則市場への変更申請、ブイキューブと業務提携
■スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684):第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■富士ソフト(9749):第3四半期決算を発表、営業利益は6,262百万円

続きを読む>>

明日の材料 ヒューマンホールディングス、ブロッコリー、グリー、インフォコム、久光製薬、キャンバスなど

個別

■エイベックス・グループ・ホールディングス(7860):ソニー・ミュ-ジックエンタテインメント、LINEと音楽配信サービスにおける新会社
■プレナス(9945):第2四半期決算、通期業績予想を下方修正
■ファーストリテイリング(9983):平成26年8月期決算を発表、今27年8月期は15.7%増収、38.0%営業増益を計画

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は反落。先週末の大幅高に対する警戒やソフトバンクの反落で冴えない

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,189.42円の131.75円安、TOPIXは1,328.77の3.14ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は660、値下がり銘柄数は1,016。出来高は10億484万株、売買代金は1兆420億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 積水ハウス、第一屋製パン、オルトプラス、沢井製薬、THKなど

個別

■群馬銀行(8334) 640円〔+16円、+2.56%〕
 上方修正を発表
■ソフトバンク(9984) 8,347円〔-393円、-4.50%〕
 アリババ上場で持分変動利益 約5,000億円
■ルネサスイーストン(9995) ストップ高買い気配
 9月26日をもって東証1部銘柄に指定、記念配当

続きを読む>>

明日の材料 第一屋製パン、イオン九州、ひらまつ、スター・マイカ、日本オラクルなど

個別

■西尾レントオール(9699):通期業績予想を上方修正、期末配当予想を30円→50円へ修正
■ミスミグループ本社(9962):8月の売上高は前年比114.0%
■ルネサスイーストン(9995):9月26日をもって東証1部銘柄に指定、期末配当予想を10円→12円へ修正

続きを読む>>

TOPIX算出対象の組み入れ 指数イベントは17銘柄が対象

個別 概況

パンチ工業(6165) 週足

指数イベントの1つであるTOPIX算出対象の組み入れが、今月28日終値を基準に実施される。3月は東証1部直接上場が3銘柄、東証2部からの1部指定が12銘柄、マザーズ、JASDAQから各1銘柄の合計17銘柄が東証1部市場にデビューした。これらの銘柄は年金、投信などのパッシブ(指数連動運用)資金の機械的な買い付けが想定され、需給的には好環境が見込まれる。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大東紡織、オルトプラス、アクロディア、ゼリア新薬、クレスコ、日本ガイシ、NECなど

個別

■日立マクセル(6810) 1,832円〔-238円、-11.50%〕
 初値は1,971円と公開価格2,070円を4.8%下回る
■全国保証(7164) 2,555円〔+141円、+5.84%〕
 上方修正、増配を発表
■日産自動車(7201) 872円〔+22円、+2.59%〕
 UBSが投資判断を引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 アルトナー、ファンコミュニケーションズ、日本調剤、ツルハホールディングスなど

個別

■全国保証(7164)
 通期業績予想を上方修正、期末配当予想を22円→28円へ修正
■ヤマハ(7951)
 米通信・音響機器メーカーRevolabs社を完全子会社化
■タカラレーベン(8897)
 200万株の自己株式を消却、期末配当予想を3.0円→3.5円へ修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ビューティガレージ、テックファーム、オルトプラス、ブイキューブ、サニックスなど

個別

■エスケーエレクトロニクス(6677) 773円〔+35円、+4.74%〕
 14万株、1億円を上限に自社株買い
■ブイ・テクノロジー(7717) 306,000円〔+19,000円、+6.62%〕
 みずほ証券が目標株価を引き上げ
■ヤマダ電機(9831) 333円〔+7円、+2.15%〕
 JPモルガンが投資判断を「Neutral」に引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、大豊建設、学情、MonotaRO、APカンパニー、ケンコーコムなど

個別

■トランザクション(7818)
 3月17日をもって東証2部へ市場変更
■菱洋エレクトロ(8068)
 平成26年1月期決算を発表、今27年1月期は7.3%増収、33.2%営業増益を計画
■大分銀行(8392)
 400万株の自己株式を消却

続きを読む>>

新興市場版 2013年12月期決算発表スケジュール【第2弾】

個別

シッピン(3179) 日足

2月第1週に10-12月期決算の発表を予定する主な新興銘柄一覧。
月次売上高が好調で業績予想の上ブレが予想されているシュッピン(3179・東マ)は5日、FUJIKOH(2405・東マ)は7日に発表予定。

続きを読む>>

2013年IPO総括 初値形成後、二極化 Nフィールド 初値から4.9倍高

IPO 概況

N・フィールド(6077・東マ) 日足

2013年の新規上場社数は前年比10社増の58社と、リーマン・ショック翌年の09年(19社)を底に回復傾向が続いている。
公開価格を基準にした初値騰落も、プロ市場に上場した4社を除いた54社ベースで「52勝1敗1分け」、勝率にして「96%」と好成績。

続きを読む>>

IPOカレンダー 2013年

IPO 個別

2013年 IPOカレンダー 上場日 銘柄 (コード・市場) EPS (円) 主幹事 公開株式数 (万株) ブック価格 [期間] 初値(騰落) [公開価格] 12月24日 (火) ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ…

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) リンクアンドモチベーション、ディー・エヌ・エー、宮地エンジニアリング、ニチイ学館など

個別

■ウォーターダイレクト(2588) ストップ安売り気配
 下方修正を発表
■オルトプラス(3672) 5,220円〔+705円、+15.61%〕
 平成25年9月期決算、1対2の株式分割
■アーク(7873) 311円〔+62円、+24.90%〕
 第2四半期決算、通期上方修正

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、オルトプラス、宮地エンジニアリング、楽天、ブリヂストン、VTホールディングス、ニチイ学館等

個別

■イントランス(3237)
 第2四半期決算、1対200の株式分割、単元株制度を採用(1単元100株)
■加藤製作所(6390)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正、中間・期末配当予想をそれぞれ4.0円→4.5円へ引き上げ
■ケーユーホールディングス(9856)
 第2四半期決算、東証1部指定承認
■鴻池運輸(9025)
 第2四半期決算、期末配当予想を7.5円→15円へ修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 三晃金属工業、日本ハム、オルトプラス、コスモ石油、東洋埠頭など

個別

■ミクシィ(2121) 1,210円〔+14円、+1.17%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を1,200円に引き下げ
■オービック(4684) 3,075円〔+60円、+1.99%〕
 4-9月の経常利益が数億円計画を上回るとの報道
■コスモ石油(5007) 185円〔-6円、-3.14%〕
 JPモルガン証券が投資判断を「Underweight」へ引き下げ
■京都銀行(8369) 886円〔-1円、-0.11%〕
 SMBC日興証券が新規「2」、910円目標に設定

続きを読む>>

概況/前引け 昨日の急回復の反動や週末で手控えムード。東電は安全審査申請で高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,776円18銭の22円94銭安、TOPIXは1,220.05の0.44ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は749、値下がり銘柄数は854。出来高は18億713万株、売買代金は1兆715億円。

続きを読む>>

明日の材料 アドウェイズ、パレモ、ジョルダン、日本ゼオン、MCJ、住友商事など

個別

■大陽日酸(4091)
 三菱ケミカルホールディングスと資本業務提携
■シーシーエス(6669)
 1対200の株式分割、1単元を100株に設定
■東洋埠頭(9351)
 第2四半期売上高予想を17,500→16,700百万円へ、営業利益予想を980→670百万円へ減額修正
■ビジネスブレイン太田昭和(9658)
 第2四半期業績予想の上方修正、中間・期末配当予想をそれぞれ1円増額(年間16円→18円)

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本海洋掘削、亀田製菓、グリー、リアルコム、光通信など

個別

■オルトプラス(3672) 4,550円〔+170円、+3.88%〕
 韓国イメージン社と資本・業務提携
■ゼリア新薬工業(4559) 1,791円〔+74円、+4.31%〕
 丸山ワクチンのアジア展開との報道
■愛知製鋼(5482) 492円〔-24円、-4.65%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」へ引き下げ
■ダイフク(6383) 1,012円〔+30円、+3.05%〕
 同業の米Wynright社を買収

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、トラスト・テック、オルトプラス、スクロールなど

個別

■ファンコミュニケーションズ(2461):7月度の売上高は151.9%
■J.フロントリテイリング(3086):7月度の売上高合計は前年同月比15.8%増
■アステラス製薬(4503):下痢型過敏性腸症候群治療剤 「イリボーOD錠」製造販売承認取得
■パーク24(4666):7月の月次速報値を公表

続きを読む>>

2013年IPO 決算で見直しのタイミング接近

セクター 個別

ウォーターD(2588) 日足

上場直後の過熱期を経て、値ごろ感、割安感が出てきた2013年IPO(新規上場)銘柄が散見される。4-6月期決算発表をきっかけに、再度物色人気を集める可能性があり、そろそろ目を配ってみたい。

続きを読む>>

新興市場版 決算発表スケジュール(7月最終週) コロプラなど注目銘柄が続々開示 楽天は8月2日発表

個別 概況

コロプラ(3668) 日足

新興市場では23日に第1四半期(4-6月)業績を発表したカービュー(2155・東マ)、沖縄セルラー(9436・JQ)がそろって決算好感の動き。

続きを読む>>

大手ゼネコンに上放れの機 「東京五輪」「受注急増」「判断上げ」… 【NSJ日本証券新聞 7月2日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月2日

・銘柄一本勝負 ABCマート 10日に第1四半期決算発表
・指標のクセがサプライズ生む… 来週「鉱工業生産」は期待度大?
・IPO社長会見 ICDAホールディングス 5年後経常利益20-25億円目指す
・低成長続く米国経済の見通し HSBC米国経済セミナー

続きを読む>>

直近IPO 希少価値高まる 決算発表で訂正高期待

セクター 個別

ウチヤマHD(6059) 日足

25日上場のオークファン(3674・東マ)にも事前予想通り、買い注文殺到。また、ユーグレナ(2931・東マ)、UMNファーマ(4585・東マ)などが高値を連続更新するなど、直近IPO(新規上場)への物色意欲は引き続き旺盛だ。

続きを読む>>

IPO社長会見 オルトプラス(3672) 「逆張り的」独自戦略で成長

IPO 個別 社長会見

石井武・代表取締役CEO

オルトプラス(3672)が3月14日、マザーズに新規上場した。上場2日目に公募価格比2.6倍の4015円で初値を形成した。上場当日の記者会見で石井武・代表取締役CEO=写真=は次のように語った。同社は、ブラウザベースのソーシャルゲームが主力。「オリジナルタイトル」と、アニメや漫画などのユーザー認知度の高いキャラクターのIP(知的財産権)を持つ他社と協業した「他社IP利用タイトル」の2本立てで、ソーシャルゲームの企画、開発、運営を手掛ける。

続きを読む>>

次の流れはPBR「格差是正」 ソニー人気化で意外な視点 【NSJ日本証券新聞(3月18日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 3月18日付け

・ブラインドインタビュー TPP参加は“諸刃の剣” 外人ウケ良く、株高要因に
・IPO社長会見 オルトプラス「逆張り的」独自戦略で成長
・北浜流一郎 人気株発掘 好業績のTPP関連株
・タカさんの「オレに任せろ!」押し目狙いの態勢準備を
・フォーカス 外為市場、円は全面安から変化 米悲観シーズン乗り越えないと…
・取材の現場から トヨタ単体業績の黒字化 意外な円安への恨み節
・Mr.009の新興市場 株主還元重視のシーズンに

続きを読む>>

個別銘柄動向 コーセーRE、日本カーボン、エプソン、ウイルコ、M2J、日本エスコンなど

個別

■セルシード(7776) 1,637円〔-262円、-13.80%〕
 欧州角膜再生上皮シート開発・事業化計画の再編成

■ウイルコ(7831) 108円〔+30円、+38.46%〕
 黒字転換となる第1四半期決算を発表

■マネースクウェア・ジャパン(8728) 185,400円〔+14,200円、+8.29%〕
 2月営業収益は過去最高

続きを読む>>

概況/大引け 20日に就任する黒田日銀新総裁が来月3~4日の会合を待たずに臨時会合を開くという期待で不動産株が大幅高。安倍首相が明日TPP交渉参加表明で農業振興策にも期待。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

安倍首相が明日、TPP(環太平洋経済連係協定)の交渉に参加することを表明すると報じられ、安い農産物の輸入品の増加で打撃を受ける国内の農家の振興策を講じることも期待され、株式市場では井関農機(6310)や肥料会社の片倉チッカリンなどが買われました。

続きを読む>>

概況/前引け TPP対策期待で農業関連が値上がり。大京など不動産株が値上がり。GMOインターネットはネット選挙解禁関連で値上がり。

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

安倍首相が明日、TPP(環太平洋経済連係協定)の交渉に参加することを表明すると報じられ、安い農産物の輸入品の増加で打撃を受ける国内の農家の振興策を講じると期待され、株式市場では井関農機や日本配合飼料などが買われました。

続きを読む>>

個別銘柄動向 常磐興産、積水ハウス、JUKI、イオンクレジットサービスなど

個別

■積水ハウス(1928) 1,293円〔+42円、+3.36%〕
 大和証券が投資判断を「2」に引き上げ

■ヤマト(1967) ストップ高買い気配
 上方修正を発表

■ジェイテック(2479) 44,350円〔+4,600円、+11.57%〕
 期末配当予想を100円→200円に

続きを読む>>

3月第2週IPO銘柄の投資戦略 マザーズ案件に好発進期待 オルトプラス、鴻池運輸にも注目

セクター 個別

今週はIPO(新規上場)ラッシュで5銘柄が上場する。鴻池運輸(9025)以外の4銘柄は、個人人気の高いマザーズ案件、かつ、小型案件であることからいずれも需給主導で好発進となる公算が大きい。それでは上場直後の参戦妙味はどうなのか? 今週のIPO銘柄の上場直後の投資戦略を、直近IPO銘柄を参考に探ってみた。

続きを読む>>

個別銘柄動向 関電工、日創プロニティ、鈴茂器工、いちよし証券など

個別

■関電工(1942) 413円〔-22円、-5.06%〕
 地中送電線でも談合の疑いとの報道

■ツルハホールディングス(3391) 8,940円〔+50円、+0.56%〕
 大和証券が目標株価を9,600円に引き上げ

■日創プロニティ(3440) 25,500円〔+3,700円、+16.97%〕
 第2四半期、通期業績予想を売上面のみ増額

続きを読む>>

JTとJPXの「日米指数採用事情」 大型売り出し&自社株買い【NSJ日本証券新聞(2月28日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月28日付け

・日本M&A 年初来高値更新 国内外からの案件急増
・開発へ動き出す「地熱発電」農業育成に間接的貢献
・ブックビル大作戦 ウォーターダイレクト、オルトプラス

続きを読む>>

オルトプラス(3672) 3月14日、マザーズに新規上場 モバイル端末向けソーシャルゲームを企画・開発・運営

IPO 会社紹介 個別

AQインタラクティブで「ブラウザ三国志」などのブラウザゲーム(Webブラウザ上で動作するゲーム)を手掛けた石井武氏によって2010年5月に設立された。SNS(交流サイト)関連ソフトやシステム開発を手掛けるために創業したが、マネタイズ出来ているマーケットは「ゲーム分野」が筆頭ということから、現在までゲーム専業として事業を展開。

続きを読む>>