3454

IPO社長会見 ファーストブラザーズ(3454) 顧客との共同投資で利益成長狙う

IPO 個別 社長会見

吉原知紀代表取締役社長

2月18日にマザーズに新規上場した。公募価格を2.4%上回る2,090円で初値を付けた。上場当日の記者会見で吉原知紀代表取締役社長=写真=は次のように語った。

続きを読む>>

IPOカレンダー 2015年

IPO

3月17日(火):コラボス(3908・東マ)
3月17日(火):エムケイシステム(3910・JQ)

続きを読む>>

日経平均1万8500円タッチ ここから買える「出遅れ大型3銘柄」【日本証券新聞 2月24日】

概況

日本証券新聞 2月24日

・「155ドルのカベ」突破 四半世紀来の基調転換も
・筍狩りに行こう 山九 創業100周年迫る
・日立 出遅れ払い修復高へ 来期も増益シナリオは不変
・IPO初値 シリコンスタジオ 2倍高発進

続きを読む>>

知らないと怖い 不動産市場の裏 タワーマンション利用の複合的相続対策―盲目的タワー信仰は痛い目も―

REIT 概況

ちょうど1カ月前の1月20日から、10年物の日本国債の金利は0.2%を切ったところで、底を打ち、この1カ月間上昇傾向にある。もちろん、金利の上昇で、J-REIT(不動産投信)指数は大きな調整をしており、東証REIT指数に連動するREIT-ETF(1343)は、2,134円から1,915円まで約10%下落した。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大幅高、ギリシャ不安後退や円安を好感。リスクオンで銀行株と証券株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,199.17円の212.08円高、TOPIXは1,482.67の20.60ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,319、値下がり銘柄数は426。出来高は27億2,387万株、売買代金は2兆8,050億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ハードオフコーポレーション、ブロッコリー、扶桑化学工業、旭硝子など

個別

■プロルート丸光(8256) 112円〔+30円、+36.59%〕
 訪日外国人向けに免税販売を開始へ
■セイノーホールディングス(9076) 1,310円〔+66円、+5.31%〕
 600万株、50億円を上限に自社株買い
■電源開発(9513) 4,040円〔-450円、-10.02%〕
 約1,331億円の資金調達が嫌気

続きを読む>>

日銀+公的年金+かんぽ生命 「信託銀行」主導で買われる株は【日本証券新聞 2月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月17日

・「自動運転」関連が人気 JVCケンウッド、3年ぶり高値
・筍狩りに行こう 木村化工機 各部門とも受注が急回復
・総合商社株 出遅れ修正高に期待
・ムゲンエステート 新展開入り 首都圏の中古不動産再販事業好調

続きを読む>>

2月IPO事前人気チェック 一番手 シリコンスタジオ、ALBERT

IPO

IPO(新規上場)マーケットの開幕(2月12日)まであと10日。2月IPOの6銘柄の事前人気を探ってみた。

続きを読む>>

「第2の青山商事」を探す 中期計画で読む株主還元強化候補【日本証券新聞 2月2日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月2日

・日銀ETFで”新記録” 官製相場に懸念の向きも
・サイバーエージ S高 好業績確認
・フォスター 高値更新 増額、配当引き上げ好感
・飛島建設 上方修正で反発 建設株人気の復活読む

続きを読む>>

ファーストブラザーズ(3454) 2月18日、マザーズに新規上場。投資運用事業、投資銀行事業を手掛ける

IPO 会社紹介 個別

同社グループの主要事業領域は不動産金融業。J-REIT(不動産投信)の新規上場や公募増資の増加など事業環境は好転しつつある。同社グループはファーストブラザーズと連結子会社7社(ファーストブラザーズ投資顧問、ファーストブラザーズリアルエステート、ユニモマネジメント、エフビー企業投資、エフビーキャピタルインベストメントほか2社)で構成されており、主な事業は(a)投資運用事業、(b)投資銀行事業。

続きを読む>>

決算発表シーズン本格化で注目 復活の象徴「久々の最高益」銘柄【日本証券新聞 1月23日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月23日

・日銀の真意巡って右往左往 SMBC日興は内部対立!?
・特別インタビュー レオス・キャピタルワークス 藤野英人CIO
・レオパレス21 6年ぶり800円台乗せ 相続税対策など材料
・BEENOSに見直しの目 ネット通販購入サポートが外国人に好評

続きを読む>>