3349

「日本株投信」設定相次ぐ 運用成績は好転傾向【日本証券新聞 1月15日】

日本証券新聞

日本証券新聞 1月15日

・東エレク「統合への道」 現状は、まだ8分の2
・原油安メリット 物色の範囲拡大 カネカが高値更新
・決算発表 来週から本格化 30日がピーク
・ジャステック 今11月期も大幅増益へ

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は再び17,000円台割れ。原油安に加えて、銅価格の下落が警戒、円高も重石に

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は16,795.96円の291.75円安、TOPIXは1,357.98の16.71ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は365、値下がり銘柄数は1,413。出来高は22億6,019万株、売買代金は2兆2,875億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ヤマダ・エスバイエルホーム、コスモス薬品、ネオス、リソー教育、東洋ゴム工業など

個別

■インターアクション(7725) 509円〔+80円、+18.65%〕
 決算、自社株買い
■コメリ(8218) 2,328円〔-90円、-3.72%〕
 みずほ証券が投資判断を引き下げ
■レオパレス21(8848) 760円〔+27円、+3.68%〕
 みずほ証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は続落スタート、米株安が引き続き重しに。銅市況の下落から非鉄株が安い

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は17,017.31円の70.40円安、TOPIXは1,370.66の4.03ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが720万株、買いは850万株。

続きを読む>>

明日の材料 ヤマダ・エスバイエルホーム、コシダカホールディングス、パソナグループ、エスフーズ、スタジオアリスなど

個別

■東宝(9602):第3四半期決算、増配、100万株の自社株買い
■セントラル警備保障(9740):第3四半期決算を発表、前年同期比2.5%増収、2.4%営業減益
■ニトリホールディングス(9843):株主優待制度を変更

続きを読む>>

2014年相場を振り返る(下) 年間上昇率(JPX日経400採用銘柄) ミネベア、洋ゴムなど2倍超に

個別 概況

NYダウ 月足

「2014年相場を振り返る(上)」では、全市場の銘柄を対象にした年間上昇率ランキングを紹介したが、「新興市場の聞いたことのない銘柄ばかりで面白くない」という声が多かった。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ケアネット、JT、マツモトキヨシ、コスモス薬品など

個別

■カメイ(8037) 717円〔-49円、-6.40%〕
 通期業績予想を下方修正
■学研ホールディングス(9470) 254円〔+12円、+4.96%〕
 来春からオンライン英会話を開始するとの報道
■スーパー大栄(9819) 181円〔+12円、+7.10%〕
 イズミ(8273)が連結子会社化を目的に1株183円でTOB

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 比較.com、サッポロドラッグストアー、ファーマフーズ、コスモス薬品、ツルハホールディングスなど

個別

■TASAKI(7968) 1,665円〔+153円、+10.12%〕
 平成26年10月期決算を発表
■三谷産業(8285) 376円〔+16円、+4.44%〕
 株主優待制度を拡充
■SEH&I(9478) 208円〔+4円、+1.96%〕
 ギミックアクションゲーム「Dokuro」、Steam版の販売開始

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) サカタのタネ、ムゲンエステート、コスモス薬品、フィスコなど

個別

■島忠(8184) 2,623円〔+146円、+5.89%〕
 平成26年8月期決算、自社株買い
■高島屋(8233) 904円〔+19円、+2.15%〕
 第2四半期決算を発表
■トランコム(9058) 4,375円〔-285円、-6.12%〕
 東海東京調査センターがレーティングを引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 サカタのタネ、インターライフホールディングス、銭高組、ユアテック、パソナグループなど

個別

■島忠(8184):平成26年8月期決算を発表、120万株を上限に自社株買い
■高島屋(8233):第2四半期決算を発表、前年同期比1.5%増収、9.5%営業増益
■松竹(9601):第2四半期及び通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 サカタのタネ、パソナグループ、日本駐車場開発、KG情報、ペッパーフードサービスなど

個別

■ピーシーデポコーポレーション(7618)
 音楽サービスの販売を本格開始
■東宝(9602)
 第1四半期決算を発表、前年同期比21.0%増収、40.6%営業増益
■ドミー(9924)
 平成26年5月期決算を発表、今27年5月期は2.4%増収、30.2%営業増益を計画

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) サンワカンパニー、ソースネクスト、ディスコ、THKなど

個別

■ナブテスコ(6268) 2,434円〔-22円、-0.90%〕
 JPモルガンでは目標株価を1,950円→2,600円へ引き上げ
■東陽テクニカ(8151) 1,076円〔-30円、-2.71%〕
 第1四半期決算を発表
■ジャフコ(8595) 5,750円〔+250円、+4.55%〕
 大和証券では最高益の更新を予想

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの179ドル安や円高で、東証は全面安。裁定解消売りに対する不安感も抱かれ、ソフトバンクやファーストリテイリングなどが安い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,585円89銭の326円17銭安、TOPIXは1,277.92の20.56ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は297、値下がり銘柄数は1,387。出来高は15億4,841万株、売買代金は1兆3,592億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ディップ、コスモス薬品、メディシノバ、ローツェなど

個別

■グラファイトデザイン(7847) 999円〔+103円、+11.50%〕
 第3四半期決算、通期上方修正、増配を発表
■日本航空(9201) 5,250円〔+30円、+0.57%〕
 クレディ・スイスが新規「OUTPERFORM」
■ダイセキ(9793) 2,032円〔-103円、-4.82%〕
 大和証証券が「3」に投資判断を引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 パソナ、ディップ、シンワアートオークション、ユーグレナ、カルナバイオサイエンスなど

個別

■イオン(8267)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 11.8%増収、4.1%営業減益
■東宝(9602)
 第3四半期決算、100万株の自社株買いを発表
■応用地質(9755)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

概況/前引け 東証は小幅安での揉み合い。エイチームがストップ高買い気配で、他のゲーム関連も高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,593円12銭の57円09銭安、TOPIXは1,253.63の1.69ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は642、値下がり銘柄数は934。出来高は11億2,155万株、売買代金は9,286億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 清水建設、アスカネット、コスモス薬品、ドクターシーラボ、大分銀行など

概況

■ラック(3857) ストップ高買い気配
 KDDIとの業務・資本提携強化
■日立ハイテクノロジーズ(8036) 2,546円〔+96円、+3.92%〕
 野村証券が目標株価を2,796円に引き上げ
■日本テレホン(9425) 930円〔+130円、+16.25%〕
 上方修正を発表

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反落スタート。ソフトバンクやファーストリテイリングも小幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は、売りが930万株、買いは1,130万株でした。
9時15分時点の日経平均は15,598円47銭の51円74銭安、TOPIXは1,253.90の1.42ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は660、値下がり銘柄数は855。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 省電舎、パナホーム、ツルハホールディングス、ドリームインキュベータなど

個別

■ニッタ(5186) 2,189円〔+86円、+4.09%〕
 場中に上方修正を発表
■東陽テクニカ(8151) 1,124円〔-93円、-7.64%〕
 平成25年9月期決算を発表
■しまむら(8227) 10,570円〔-120円、-1.12%〕
 10月度の既存店売上高は95.6%

続きを読む>>

明日の材料 タマホーム、ビックカメラ、薬王堂、明光ネットワークジャパン、ガリバーインターナショナル、ベスト電器など

個別

■Oakキャピタル(3113)
 アクロディア(3823)の総額6億円のエクイティファイナンスを引受け
■DOWAホールディング(5714)
 第2四半期及び通期利益予想を増額修正を発表
■NSユナイテッド海運(9110)
 第2四半期売上高予想を72,000→76,000百万円へ、営業利益予想を2,400→3,900百万円へ増額修正
■松竹(9601)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 省電舎、夢テクノロジー、KLab、群栄化学など

個別

■森下仁丹(4524) ストップ高買い気配
 カンブリア宮殿で放映
■ナカニシ(7716) 13,700円〔+590円、+4.50%〕
 いちよし経済研究がレーティングを「B」→「A」
■興銀リース(8425) 2,627円〔-276円、-9.51%〕
 公募による新株式の発行や自己株式の処分等から約175億円を調達

続きを読む>>

株式分割候補を探せ! 来春NISA導入が切り口

個別 概況

オークファン(3674) 日足

最近、株式分割を発表する企業が相次いでいる。17日に1対5分割を発表したオークファン(3674・東マ)がストップ高。1対200(実質1対2)分割発表のITbook(3742・東マ)も大幅高と、株価への感応度の高さも目立つ。特に、オークファンの場合、17日終値が1万3,710円で、100株単位のため、これまで最低単位の投資にも100万円を優に超える資金を必要とした。9月末に株式分割の権利を落とせば、一般個人投資家にもぐっと買いやすくなることがポイントだ。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) サカタのタネ、クックパッド、レナウン、東洋炭素、原弘産など

個別

■住友金属鉱山(5713) 1,232円〔-22円、-1.75%〕
 UBS証券が目標株価を1,350円へ引き下げ
■日立建機(6305) 2,189円〔-3円、-0.14%〕
 UBS証券では「Sell」継続も、目標株価を1,700円に引き上げ
■前澤工業(6489) 403円〔-54円、-11.82%〕
 平成25年5月期決算を発表、今期は二桁減益計画

続きを読む>>

明日の材料 綜合臨床ホールディングス、サッポロドラッグストアー、レナウン、KLabなど

個別

■サマンサタバサ(7829)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 11.4%減収、110.7%営業増益
■ベスト電器(8175)
 第1四半期決算を発表、営業利益は前年同期の△7→192百万円
■ライフコーポレーション(8194)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 1.1%増収、2.0%営業減益

続きを読む>>

概況/前引け FRB議長の講演で量的緩和策の縮小観測が後退し、円高に。3Dプリンター関連、猛暑関連が物色

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,190.02の5.18ポイント安、日経平均は14,392.76円の23.84円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は624、値下がり銘柄数は917。出来高は12億9,429万株、売買代金は1兆151億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) きんでん、大気社、JCLバイオアッセイ、OKIなど

個別

■オリンパス(7733) 3,135円〔+420円、+15.47%〕
平成25年3月期決算を発表

■3Dマトリックス(7777) 9,750円〔+460円、+4.95%〕
1対2の株式分割を発表

■学究社(9769) 1,947円〔+101円、+5.47%〕
決算、自己株式の取得を発表

続きを読む>>

明日の材料 ラクーン、ウエルシア、コスモス薬品、TSIホールディングス、吉野家など

個別

■キャンドゥ(2698)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 2.9%減収、37.2%営業減益

■ラクーン(3031)
 1対300の株式分割、1単元を100株に設定。未定としていた期末配当を1,200円に

■東邦ホールディングス(8129)
 スペシャリティ医薬品における流通課題を総合的に解決することを目的とする新会社を設立

続きを読む>>

アベノミクスは内需主導 2012年度相場を振り返る

概況

日経平均 月足10年

2012年度の商いも終了。日経平均は、甘利明経済再生相の掲げた「1万3,000円」までは、まだ少し距離があるにしても、3月末としては2年連続高で、2008年3月末(1万2,525円)に、ほぼ匹敵する5年ぶりの高水準で着地。

続きを読む>>

春一番到来! アパレル、ドラッグストア、百貨店など上昇気流

セクター

ポイント(2685) 日足

前週末、関東、中国、九州北部で春一番が吹いた。今週前半はまた低気温状態に戻るが、後半から来週にかけて全国的に平年より暖かくなる見通し。春の歩みが一気に進みそうで、春物商戦もようやく盛り上がることが期待される。

続きを読む>>

明日の材料 パソナ、レナウン、イオン、ベスト電器、ユーシンなど

個別

■パソナ(2168):第2四半期決算を発表。前年同期比 13.3%増収、1.4%営業減益
■USEN(4842):第1四半期決算を発表。前年同期比 1.0%減収、20.6%営業減益
■アステラス(4503):過活動膀胱治療剤ベットミガ、欧州で販売承認を取得

続きを読む>>

4月当時と比べ「何が高く、何が安い」のか ランキング検証

セクター 概況

カメイ(8037) 日足

「TOB」「不動産」などが上昇キーワード 下落キーワードは「輸出」「鉄鋼」… 日経平均が4月3日以来(終値ベース)の1万円大台を回復した。心理的な節目の1つとはいえ、日経平均1万円は投資家心理を刺激することは間違いない。…

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは771.39ポイントの10.21ポイント安、日経平均は9,308円の114円安。米上院院内総務が財政の崖を巡る協議がほとんど進んでいないと発言したため、昨日の米国株下落し、日本でもリスク回避の動き。安倍次期政権の政策が外国人に失望されると年金の「代行廃止」売りを吸収できないという解説も。

概況

日経平均 15分足(5日間) MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは771.39ポイントの10.21ポイント安、日経平均は9,308円の114円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は309、値下がり銘柄数は1,279。出来高は17億3,094万株、売買代金は1兆158億円…

続きを読む>>