3258

明日の材料 国際石油開発帝石、ディー・エヌ・エー、博報堂DYホールディングス、J-オイルミルズ、日本風力開発など

個別

■福山通運(9075)
 平成26年3月期決算、200万株を上限に自社株買い
■日立物流(9086)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は4.9%増収、19.1%営業増益を計画
■スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ピックルス、東レ、共和レザー、enish、タカラバイオ、ハピネットなど

個別

■やまねメディカル(2144) 356円〔+66円、+22.76%〕
 上方修正を発表、一時ストップ高
■OKK(6205) 148円〔-19円、-11.38%〕
 第2四半期及び通期業績予想の下方修正を発表
■日本精工(6471) 1,039円〔+38円、+3.80%〕
 上方修正、増配を発表
■ユナイテッドアローズ(7606) 4,245円〔+115円、+2.78%〕
 ドイツ証券が新規「Buy」、4,800円目標

続きを読む>>

「上場ホテル御三家」に続け! 隠れ「ホテル関連」をチェック

概況

常和ホールディングス(3258) 週足

東京オリンピック関連として、あるいは、近年増加傾向にある訪日外国人対策として、足元では「上場ホテル御三家」の伸びが著しい。11日現在、外国人知名度の高い帝国ホテル(9708・2部)、ロイヤルホテル(9713・2部)、京都ホテル(9723・2部)の株価はそろって前週末から50-60%高して、リーマン・ショック前の水準に回復している。

続きを読む>>

銀行株への評価急上昇中 五輪関連の“隠れた本命” 【NSJ日本証券新聞 9月12日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 9月12日

・どうなる東京メトロのIPO 国、メトロは準備OKだが…
・NYダウ3銘柄入れ替え 「暴落説」は杞憂か…
・「上場ホテル御三家」に続け! 隠れ「ホテル関連」をチェック
・8月の世界株式パフォーマンス 日本株は累計3位キープ

続きを読む>>

概況/前引け 岩田副総裁候補は「5年以上の国債を買う必要がある」と述べたが、4月3~4日の決定会合で織り込み済みという反応を警戒し、不動産や倉庫は反落が多い。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

株価上昇により、日銀の大胆な金融緩和策に対する期待も織り込みが進み、4月3日~4日の日銀金融政策決定会合では買入年限の長期化を伴った長期国債を中心とする資産買入基金の10兆円を超える増額が打ち出されたとしてもサプライズがないと受け止められ、失望売りが出てくることも警戒され、不動産株や倉庫株は反落する銘柄が増え、銀行株の値上がりも小幅に留まりました。

続きを読む>>

日銀政策決定会合  新たな貸出制度に注目  ノンバンク、不動産関連に関心

セクター 概況

常和HD(3258) 日足

衆院選通過で次は19―20日開催の日銀金融政策決定会合が焦点に。 事前観測によれば、日銀は10月30日に打ち出した貸出増加を支援するための新たな貸出支援制度の詳細を公表する見通し。 日銀に当座預金を持つ金融機関に対し、国…

続きを読む>>