2908

個別銘柄動向(午後) 日本海洋掘削、北弘電社、フジッコ、リアルワールド、参天製薬など

個別

■日野自動車(7205) 1,822円〔+85円、+4.89%〕
 メリルリンチの格上げが刺激材料か
■タカラレーベン(8897) 677円〔+78円、+13.02%〕
 東証のインフラファンド市場の開設で
■スズケン(9987) 3,820円〔+55円、+1.46%〕
 SMBC日興証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

年内終了?買い入れ目標にほぼ到達 「日銀ETF買い」の先を読む【日本証券新聞 12月12日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月12日

・積水ハウス 逆行高 14カ月ぶり一戸建て受注プラス転換
・上場ラッシュ初日 4社そろって好人気 GMO TECH 2.3倍高発進
・ダイナムジャパンホールディングス 4-9月期は営業増益を確保
・トミタ電機 S高 18年ぶり営業利益以下すべて黒字へ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) リニカル、キリンホールディングス、フジッコ、ダイヤモンドダイニング、SHIFTなど

個別

■日本通信(9424) 588円〔+12円、+2.08%〕
 「03 スマホ」の商用サービスを開始すると発表
■NTTドコモ(9437) 1,844円〔-42円、-2.23%〕
 みずほ証券が目標株価を引き上げ
■ニトリホールディングス(9843) 6,690円〔+60円、+0.90%〕
 JPモルガンが投資判断を引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 大林組、大林道路、UBIC、キャンドゥ、エレマテックなど

個別

■NOK(7240):第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■トーメンエレクトロニクス(7558):第2四半期業績予想を下方修正
■東栄リーファーライン(9133):第2四半期及び通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 安定感ある大型株に照準 アルプスが複数支持

個別 概況

アルプス電(6770) 週足

IMF(国際通貨基金)による世界経済見通しの下方修正を受けて、欧州景気の減速懸念などに再び関心が集まっている。日本の経済成長率も下方修正されるなど、先行きへの不透明感が増している。

続きを読む>>

どう読む大型IPO すかいらーく&リクルート【日本証券新聞 10月6日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月6日

・評価損益率に異変発生 信用需給選別が重要に
・労働力不足対策関連に関心 CYBERDYNEが頑強
・平和堂は上値余地大 営業最高益の公算も
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.61 「タイツ」需要拡大

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は4日ぶりの反発。ただ、米雇用統計を控え動きにくい商状。補正予算期待で建設株は堅調も、消費税再引き上げへの警戒で不動産株は安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,708.65円の46.66円高、TOPIXは1,282.54の2.39ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,201、値下がり銘柄数は485。出来高は21億6,029万株、売買代金は2兆1,592億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 米久、エスプール、CVSベイエリア、フジッコなど

個別

■エナリス(6079) 1,218円〔+111円、+10.03%〕
 72万株、8.5億円を上限に自社株買いを発表
■スカイマーク(9204) 223円〔+20円、+9.85%〕
 違約金200億円規模との報道が好感
■ファーストリテイリング(9983) 37,170円〔+800円、+2.20%〕
 9月の既存店動向から野村証券が格上げ

続きを読む>>

特報 見直し余地大きいフジッコ 堅実経営・優良財務、IRもしっかり

概況

8月18日、フジッコ(2908)が、創業者山岸八郎氏の逝去を公表した。亡くなられたのは12日で、近親者だけの密葬だったが、後日お別れの会は実施するという。
煮豆や昆布の佃煮でおなじみのこの企業、どんな財務状態なのかのぞいてみた。

続きを読む>>

ブーム化必至!!「省力化投資」 深刻化する人手不足に対応【日本証券新聞 8月20日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月20日

・画像処理関連に矛先 DMPに続き、モルフォが高値更新
・平野憲一の相場表街道/裏街道 三菱製鋼 業績は順調、水準訂正へ
・築地銘柄が一斉高 カジノ候補地に急浮上
・旭ダイヤモンド 見直し余地 「エコメップ」が再び成長局面へ

続きを読む>>

明日の材料 パナホーム、きんでん、UBIC、サンセイランディック、コーエーテクモホールディングスなど

個別

■アパマンショップホールディングス(8889)
 第1四半期決算を発表、前年同期比0.3%減収、2.4%営業減益
■タカラレーベン(8897)
 第1四半期決算を発表、前年同期比63.3%減収、営業利益は△468百万円
■サガミチェーン(9900)
 インドネシアに初出店

続きを読む>>

信用需給選別が目先の焦点に 追証多発中! 6日前場注意? 【NSJ日本証券新聞 2月6日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月6日

・反発銘柄に2つの視点 ミネベア 早期マド埋め候補、共和レザー 割安好業績で見直す
・決算速報 三菱自、三井物など買い直す 旭化成は反落
・古きを温ねて新しきを… 逆行高は急騰のサイン!?
・日本M&Aセンター視界良好 4期連続最高益へ順調飛行続く 件数、単価とも大幅アップ
・野村不動産HD 出直りへ

続きを読む>>

建設株旋風、市場を席巻 「五輪期待」「増額ラッシュ」「技術力見直し」…【NSJ日本証券新聞 10月31日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 10月31日

・決算で浮上 年前半に付けた高値奪回候補
・野村HD 好決算で商い急増
・“太っ腹”だね、一休さん 株式無償譲渡の損得計算
・ゲーム関連は選別で対処 独自データ活用組 コロプラ、enish

続きを読む>>

健康志向を強めた製品が人気 研究成果が消費者に認知

セクター 個別

フジッコ(2908) 週足

食品や飲料水を含めて、健康志向を強めた製品への関心が高まっている。
機能性食品やサプリメントなどを含めて健康を訴求した製品は多岐にわたるが、その中でも特に評価を高めているのが、大学の研究機関や医療機関などと連携して、その有用性をデータ化しているものだ。

続きを読む>>

建設、不動産など内需株に外国人買い!? 米有力投資雑誌「バロンズ」も激賞 【NSJ日本証券新聞 9月3日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 9月3日

・銘柄一本勝負 リオン 「ピコプランクトンカウンタ」お披露目へ
・そろそろ意識?年末日経平均 各社予想に格差ありあり
・ZOOM UP 夢展望 直近IPOの一角 底値離脱の構え
・ぐるなび 再び高値更新

続きを読む>>

東証・日経“新指数”の行方は… 有力クオンツから意外な不評!? 【NSJ日本証券新聞 8月2日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月2日

・「1Q+α」銘柄に照準 建設系周辺株にも続々
・今後も流行の予感!? トップアナリスト独立劇
・「今日の勝負株」戦績表

続きを読む>>

株式分割候補を探せ! 来春NISA導入が切り口

個別 概況

オークファン(3674) 日足

最近、株式分割を発表する企業が相次いでいる。17日に1対5分割を発表したオークファン(3674・東マ)がストップ高。1対200(実質1対2)分割発表のITbook(3742・東マ)も大幅高と、株価への感応度の高さも目立つ。特に、オークファンの場合、17日終値が1万3,710円で、100株単位のため、これまで最低単位の投資にも100万円を優に超える資金を必要とした。9月末に株式分割の権利を落とせば、一般個人投資家にもぐっと買いやすくなることがポイントだ。

続きを読む>>

キーワードは「営業最高益」 意外性と割安感で選別 【NSJ日本証券新聞 6月3日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 6月3日

・ブラインドインタビュー 実施相次ぐライツ・イシュー 「ノンコミ型」実務上の利点も
・歴史的暴落局面を振り返る 底入れまでに3パターン
・新興Weeklyウォッチャー 「3歩前進・2歩後退」の展開も

続きを読む>>