2802

決算発表 来週から本格化 30日がピーク

概況

東京製鉄(5423) 日足

2015年3月期の第3四半期(4-12月)決算発表が来週から本格的にスタートする。本紙(11/15付)では東証上場銘柄の発表予定を4、5面に掲載した。ピークは1月30日(金)で400社以上が発表。約3割の企業が1月中に発表する。

続きを読む>>

2014年相場を振り返る(下) 年間上昇率(JPX日経400採用銘柄) ミネベア、洋ゴムなど2倍超に

個別 概況

NYダウ 月足

「2014年相場を振り返る(上)」では、全市場の銘柄を対象にした年間上昇率ランキングを紹介したが、「新興市場の聞いたことのない銘柄ばかりで面白くない」という声が多かった。

続きを読む>>

最強アノマリー「1月効果」で銘柄選別 新春活躍株に共通の傾向【日本証券新聞 12月29日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月29日

・外資系証券「副会長」への道 キャシー・松井氏に続け!!
・IPO初値 MRTは初日値付かず
・日本初「ハラールEXPO」開催 ハラール認証取得で商機
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.70 福袋2015

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 明星工業、エス・エム・エス、ぐるなび、コメ兵、味の素など

個別

■日本エンタープライズ(4829) 560円〔+80円、+16.67%〕 会津ラボを子会社化
■アルプス電気(6770) 2,265円〔+35円、+1.57%〕 ゴールドマン・サックスが目標株価引き上げ
■ヤマハ(7951) 1,681円〔+52円、+3.19%〕 SMBC日興証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

冷凍食品 需要増で新視点 値上げ浸透度トップクラス

セクター 個別

ニチレイ(2871) 週足

「みそ、しょうゆ、マヨネーズ、カレー粉などメジャーな加工食品の消費税抜き価格について、今年1月、3月、9月の定点観測データを取ると、3月が一番高かった。消費増税以降、実売価格は上げってなく、むしろ下がっている」(アナリスト)。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) UBIC、トランスジェニック、味の素、カイオム・バイオサイエンスなど

個別

■チヨダ(8185) 2,036円〔+95円、+4.89%〕
 50万株、10億円を上限に自社株買い
■フジ住宅(8860) 608円〔+30円、+5.19%〕
 上方修正、株主優待制度の導入を公表
■因幡電機産業(9934) 3,670円〔+185円、+5.31%〕
 第2四半期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) ファステップス、日本ライトン、パル、味の素、Jフロントリテイリングなど

個別

■ヤマシンフィルタ(6240) 3,540円
 初値は公開価格2,800円を19.6%上回る3,350円
■ダイハツ工業(7262) 1,585円〔-39円、-2.40%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き下げ
■ヤオコー(8279) 6,820円〔+50円、+0.74%〕
 野村証券が目標株価を引き下げ

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 材料株に人気集中 富士フイルム、CYBERDYNE

概況

アスカネット(2438) 日足

日経平均株価は、2日の急落(420円安)で1万6,000円の大台を割り込み、かつ、25日移動平均線も大きく下回るなど深い亀裂を入れたことで、相場の先行きに一段と不透明感が増してきている。

続きを読む>>

“一人勝ち”米国で稼ぐ企業に照準 需要増&円安でダブルメリット【日本証券新聞 10月7日】

日本証券新聞

日本証券新聞 10月7日

・投機筋”暗躍”の収支は? バークレイズ売りで目先底へ
・筍狩りに行こう 三井化学 収益黒字化を先取り
・富士フイルム 再び高値更新 「アビガン」エボラ治療で効果
・ミライト 先高有望 PER12倍、PBR1倍割れ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) シンクレイヤ、ヤクルト本社、味の素、シュッピン、パイプドビッツなど

個別

■今仙電機製作所(7266) 2,310円〔+394円、+20.56%〕
 歩行支援機「ACSIVE」を発売
■良品計画(7453) 12,240円〔+40円、+0.33%〕
 クレディ・スイスが新規「OUTPERFORM」に設定
■西武ホールディングス(9024) 2,203円〔+8円、+0.36%〕
 バークレイズが新規「イコールウエイト」

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.47 粉末ドレッシング

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

友人宅で食べたサラダがあまりにおいしかったので「デパ地下で買ったの?」と尋ねると「手作りよ」とまさかの返答。おいしさの秘密は味の素(2802)の粉末ドレッシング『Toss Sala(トスサラ)』でした。今年2月、味の素とキユーピー(2809)から相次いで粉末ドレッシングが発売され、「ママ友」の間で話題になっていたそうです。

続きを読む>>

「7-9月期末一括高配当」に注目 利回り3%超・優待付きが2銘柄【日本証券新聞 6月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月30日

・J-REITに死角!? 日銀の支援に終了観測
・北陸の証券会社18社 「投資デビュー応援キャンペーン!」
・関西系電鉄株 ジリ高基調 「ハリー・ポッター」効果期待も
・IPO初値 メドピア2.3倍高発進 レアジョブは初値持ち越し

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) アズジェント、ダイサン、ヤフー、古河電気工業、フォトクリエイトなど

個別

■フォトクリエイト(6075) 1,524円〔+152円、+11.08%〕
 ラボネットワークと業務提携
■ファミリーマート(8028) 4,445円〔+15円、+0.34%〕
 東海東京調査センターが新規「1」
■ウェブクルー(8767) 667円〔+6円、+0.91%〕
 新収納サービス「MONOLESS」の提供を開始

続きを読む>>

大量保有報告書から ブラックロック 「日本代表株」を次々買い付け【日本証券新聞 5月29日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月29日

・FDKがストップ高 超薄型リチウム電池の量産で現実評価へ
・ファイナンス明暗 三井不急落・ヤマダ電急伸 「株主への配慮」も焦点に
・「期日」視野に需給選別 東急の買い残3分の1に 三菱商は信用倍率急降下
・味の素 新展開入り目前 新甘味料「アドバンテーム」欧米で承認

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) リンクアンドモチベーション、イナリサーチ、ディー・エヌ・エー、ゲンキーなど

個別

■ケーヒン(7251) 1,496円〔-51円、-3.30%〕
 野村証券が投資判断を引き下げ
■ダイエー(8263) 313円〔+13円、+4.33%〕
 店舗を一体再編との報道が好感されているもよう
■インテリックス(8940) 850円〔+11円、+1.31%〕
 スター・マイカ(3230)と共同事業を開始

続きを読む>>

今年は久々の3ケタペースへ テーマ性健在!!「1部昇格」【日本証券新聞 4月16日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月16日

・「在宅医療」シフトへ フクダ電子が連日の高値
・フライトHD 注目のスマホ決済関連 著名機関投資家も参戦
・真贋問われる「アベノミクス」 日経平均前年比56%高→3%高
・政権交代期待で脚光 インドネシア関連株 酒井重、ヤマハ発など

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ジーフット、味の素、薬王堂、メディアドゥなど

個別

■IHI(7013) 409円〔+2円、+0.49%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」に引き上げ
■インヴィンシブル投資法人(8963) 17,770円〔-60円、-0.34%〕
 SMBC日興証券が新規「2」に設定
■日本通信(9424) 374円〔-29円、-7.20%〕
 東証が増担保規制

続きを読む>>

「労働力不足」 注目度増す求人広告関連

セクター 個別

キャリアDC(2410) 週足

「少子高齢化(=労働人口の減少)」と「企業収益成長」という2つの要素がぶつかって生じつつある「労働力不足」「人手不足」。
これは人材派遣、人材紹介、求人広告などの人材サービス関連会社に追い風となっており、足元業績は各社とも総じて良好だが、少し長い目でみれば、「人」を「商品」とする人材紹介会社などにとっては「労働力の減少」は「商品数の減少」につながり、先行きは“バラ色”というわけにはいかないようだ。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 鹿島建設、西松建設、味の素、明治機械、共和電業など

個別

■日本航空(9201) 5,150円〔+70円、+1.38%〕
 野村証券が投資判断を引き上げ
■北海道電力(9509) 809円〔-63円、-7.22%〕
 日本政策投資銀行による支援報道
■カプコン(9697) 1,812円〔-146円、-7.46%〕
 通期利益予想を下方修正

続きを読む>>

需要高まる冷凍食品 単身世帯などをターゲットに品ぞろえ強化

セクター 個別

ファミリーマート(8028) 週足

食品スーパーやコンビニ各社が相次ぎ冷凍食品の品ぞろえを強化している。単身世帯が増加し、女性の社会進出が進んでいることが要因で、手間がかかる料理を電子レンジで解凍するだけで食べられることが魅力となっている。関連銘柄をピックアップしてみた。

続きを読む>>

知的財産が国の勝敗を決める “知財組込みGDP”が話題

セクター

味の素(2802) 週足

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が24日付で発行したマクロ経済分析レポート「知的財産が国の勝敗を決める。“知財組込みGDP(国内総生産)”を推計してみた」が一部市場関係者の間で話題となっている。医療用ロボットで世界最先端を走り、次世代を担うとの期待感が高いサイバーダインの上場も、知財に関心が向かう1つのきっかけ。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) オールアバウト、東京エレクトロンデバイス、味の素、菊池製作所など

個別

■大同メタル工業(7245) 1,012円〔+3円、+0.30%〕
 東海東京調査センターが投資判断を「1」へ2段階引き上げ
■三菱UF(8306) 533円〔-10円、-1.84%〕
 大和証券が投資判断を「2」へ引き下げ
■エムティーアイ(9438) 536円〔+22円、+4.18%〕
 野村証券が投資判断を「Neutral」に引き上げ

続きを読む>>

25日先物発表、27日4本目のETF… 「JPX日経400」連動資金700億円に【日本証券新聞 3月27日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月27日

・米S&P500を強く意識 日本取引所グループ・岩永守幸常務執行役CFO語る
・長寿の秘訣は市場にあり 安倍政権 ベスト10入り
・サイバーダイン 2.3倍高発進 初値形成後1万円大台乗せ DLEは2倍高スタート
・知的財産が国の勝敗を決める ”知財組込みGDP”が話題

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) クルーズ、夢の街創造委員会、JXホールディングス、住友大阪セメント、ローツェなど

個別

■味の素(2802) 1,560円〔+53円、+3.52%〕
 本日、2014-2016中期経営計画を公表
■エリアリンク(8914) 127円〔+4円、+3.25%〕
 いちよし経済研究所がレーティングを「A」に引き上げ
■東海旅客鉄道(9022) 11,895円〔+435円、+3.80%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「2」→「1」に引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場はほぼ全面安、リスクオフからノンバンクや不動産、証券が安い。自社株買い銘柄が物色

概況

日経平均 15分足

大引けの日経平均は14,313.03円の221.71円安、TOPIXは1,183.82の15.92ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は244、値下がり銘柄数は1,490。出来高は28億9,726万株、売買代金は2兆6,504億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 高砂熱学工業、明治ホールディングス、味の素、日産化学工業、セガサミーなど

個別

■堀場製作所(6856) 3,920円〔+345円、+9.65%〕
 平成25年12月期決算を発表
■太陽誘電(6976) 1,251円〔+60円、+5.04%〕
 第3四半期決算を発表、野村証券では目標株価を引き上げ
■アシックス(7936) 1,772円〔-54円、-2.96%〕
 300億円の転換社債の発行が嫌気

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 安藤ハザマ、味の素、石原産業、ファンケル、千代田化工建設など

個別

■ハイデイ日高(7611) 2,471円〔+97円、+4.09%〕
 1対1.2の株式分割を発表
■タカラトミー(7867) 447円〔-14円、-3.04%〕
 第3四半期決算、下方修正を発表
■東京建物(8804) 864円〔-84円、-8.86%〕
 平成25年12月期決算を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 新日本科学、飯田グループ、三井化学、ラクオリア創薬、ヒューリックリートなど

個別

■インプレスホールディングス(9479) 151円〔+23円、+17.97%〕
 減収減益の第3四半期決算も、通期利益計画を既に上回る着地に
■ファーストエスコ(9514) ストップ高買い気配
 第2四半期決算、通期業績予想の増額を発表
■ヤマダ電機(9831) 363円〔+18円、+5.22%〕
 第3四半期決算を発表、SMBC日興証券では「1」継続

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ベクター、ドリコム、三菱製紙、アジュバンコスメジャパンなど

個別

■マクニカ(7631) 3,000円〔+190円、+6.76%〕
 14時に通期業績予想の上方修正を発表
■エフピコ(7947) 6,500円〔-280円、-4.13%〕
 1対2の株式分割、通期業績予想を下方修正
■日本取引所グループ(8697) 2,595円〔-75円、-2.81%〕
 お昼休み中に上方修正、増配を発表

続きを読む>>

“野生の目覚め”銀行株に出番到来 みずほFG高値が号砲に 【NSJ日本証券新聞 1月10日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月10日

・電子材料セクター 半導体ウエハー関連、電池材料関連に注目
・ソニー 逆行高で売買代金首位に 攻めの経営を再評価
・戦後8割高の真価発揮は? 上昇“特異日”1.14
・再生医療分野に新技術 「iPS関連」に味の素が名乗り 渋谷工は連日の大幅高

続きを読む>>

概況/寄り付き 昨日の反動もあり、東証も下落。ただ、浜松ホトニクスはPM2.5計測器で高く、ソニーも値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

昨日の日経平均が307円高となった反動も加わり、売られています。大手不動産株は堅調ですが、その他製品や紙パルプ、小売、金属、石油などが業種別の値下がり率上位に。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 石油資源開発、新日本科学、ダイドードリンコ、味の素、富士フイルムなど

個別

■SEMITEC(6626) 1,091円〔+26円、+2.44%〕
 医療用の超小型触覚センサを開発
■IHI(7013) 419円〔+7円、+1.70%〕
 野村証券が目標株価を490円に引き上げ、「Buy」の投資判断を引き上げ
■エクセディ(7278) 3,160円〔+60円、+1.94%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「OUTPERFORM」に引き上げ
■黒田電気(7517) 1,486円〔+15円、+1.02%〕
 いちよし経済研究所がレーティング「A」を継続

続きを読む>>

安倍首相訪問でカンボジアと関係強化 日本企業の進出が加速

セクター 個別

日揮(1963) 週足

安倍首相が11月16日からカンボジアを訪問し、フン・セン首相と会談した。安全保障や経済面などでの協力をうたった共同声明を発表しており、両国の関係強化は現地へ進出する企業には追い風となりそうだ。

続きを読む>>

ソニー“2大材料”で評価急上昇 決算ショック後のマド埋め達成 【NSJ日本証券新聞 11月20日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月20日

・トップインタビュー テクノスジャパン 戦略子会社「TDSM」発足でビッグデータビジネス加速へ
・こっそり?ひっそり?野村証券 1万8,000円目標は来年末に
・IPO ANAP 初日値付かず
・CSS 連日の高値更新 「景気回復」「旅行需要拡大」「オリンピック」など切り口豊富

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日本海洋掘削、味の素、コロプラ、日本ガイシ、THKなど

個別

■日東工業(6651) 1,561円〔+58円、+3.86%〕
 いちよし経済研究が新規「A」
■スタンレー電気(6923) 1,882円〔+48円、+2.62%〕
 130万株、20億円を上限に自社株買い
■菱洋エレクトロ(8068) 804円〔+21円、+2.68%〕
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

「5月高値更新」急増の兆し 個別物色機運の静かな高まりを反映 【NSJ日本証券新聞 8月9日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月9日

・ブラインドインタビュー IOC総会まで1カ月切る 「東京五輪」決定なら大幅高!?
・国際計測器 見直し余地広がる 1Q受注高 想定以上の高水準
・海外展開に動きだす「ドラッグストアチェーン」 アジアで店舗・商品展開を加速

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る 丸紅(8002) チャンネルのベクトル上向きで押し目待ち

テクニカル 個別

月足は、2006年12月に1,573円の高値を付けた後、09年2月の安値677円まで下落し、大底を入れた。この677円を起点に長期上昇相場がスタートし、13年6月には1,456円の戻り高値をつけた。

続きを読む>>

LINE関連 求心力向上 8月21日注目イベント 【NSJ日本証券新聞 8月6日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月6日

・銘柄一本勝負 東京都競馬 営業利益の94%占める賃貸事業
・政局ゴタゴタ、秋に余波 カジノ法案「また先送り」!?
・任天堂に強弱観対立 3DSに「2つの見方」

続きを読む>>

株式分割候補を探せ! 来春NISA導入が切り口

個別 概況

オークファン(3674) 日足

最近、株式分割を発表する企業が相次いでいる。17日に1対5分割を発表したオークファン(3674・東マ)がストップ高。1対200(実質1対2)分割発表のITbook(3742・東マ)も大幅高と、株価への感応度の高さも目立つ。特に、オークファンの場合、17日終値が1万3,710円で、100株単位のため、これまで最低単位の投資にも100万円を優に超える資金を必要とした。9月末に株式分割の権利を落とせば、一般個人投資家にもぐっと買いやすくなることがポイントだ。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) オークファン、トーセ、セイコーエプソン、ニコン、松竹など

個別

■セイコーエプソン(6724) 1,331円〔-14円、-1.04%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」に引き下げ
■ファナック(6954) 15,240円〔+380円、+2.56%〕
 野村証券では目標株価を15,000円に引き上げ、「Neutral」据え置き
■ニコン(7731) 2,265円〔+37円、+1.66%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「OUTPERFORM」に引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) サントリーBF、ジーフット、神栄、テルモ、クボテックなど

個別

■創通(3711) 3,240円〔-140円、-4.14%〕
 上方修正、増配発表も売り先行

■メディア工房(3815) 111,700円〔+0円、+0.00%〕
 第3四半期決算を発表、前年同期比 6.2%増収、26.6%営業増益

■久光製薬(4530) 5,790円〔-60円、-1.03%〕
 第1四半期決算を発表、大和証券では「4」を継続

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 味の素、GLP投資法人、小野薬品工業、オンコセラピーなど

個別

■ニッセンホールディングス(8248) 346円〔-4円、-1.14%〕
 5月度の単体売上高は前年同期比 80.3%

■日本航空(9201) 5,210円〔+40円、+0.77%〕
 シティグループが投資判断を「買い」に引き上げ

■サンドラッグ(9989) 4,195円〔+45円、+1.08%〕
 野村証券が目標株価を5,400円に引き上げ

続きを読む>>

時代を映す「ノムラ女子力30」  男性不況転じて“女性好況”!?

セクター 個別

アベノミクス成長戦略の要諦は「女性」にあり。日本記者クラブにおける19日の安倍晋三首相会見でも明らかになった通りだ。「2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%以上に」「全上場企業に1人は女性役員を登用すること」などを打ち上げた安倍首相自身、自民党3役に2名の女性(野田聖子総務会長、高市早苗政務調査会長)を起用するなど、率先垂範の構えを示している。

続きを読む>>

ブラジル関連をチェック イベント効果で消費拡大期待 味の素、伊藤忠、新日鉄住金

セクター 個別

味の素(2802) 週足

日本企業の海外展開ではインドネシアやベトナムなど東南アジア諸国への進出が昨年から話題になっているが、今後は南米のブラジルにもあらためて関心が高まりそうだ。

続きを読む>>

個別銘柄動向 アルトナー、味の素、北の達人、イマジニア、イーブックなど

個別

■大東建託(1878) 8,160円〔0円、0.00%〕
 クレディ・スイスでは「OUTPERFORM」継続

■タケエイ(2151) 2,836円〔+63円、+2.27%〕
 太陽光発電、バイオマス発電事業に参入

■アルトナー(2163) 783円〔+44円、+5.95%〕
 期末配当予想の修正(20円→25円)を発表

■味の素(2802) 1,286円〔+9円、+0.70%〕
 東海東京調査センターでは1,410円目標

■北の達人(2930) 1,883円〔+128円、+7.29%〕
 札幌アンビシャスから本則市場へ

続きを読む>>

明日の材料 ケア21、味の素、医学生物学研究所、UMNファーマ、シャープなど

個別

■ケア21(2373):第1四半期決算を発表、前年同期比 25.4%増収、57.8%営業増益
■味の素(2802):米バイオ医薬品のアルテア社を約160億円で取得
■ロック・フィールド(2910):第3四半期決算を発表、前年同期比 0.9%減収、24.1%営業減益
■大和コンピューター(3816):第2四半期決算を発表、前年同期比 8.3%増収、63.5%営業増益
■医学生物学(4557):米IDT社と日本で核酸受託合成サービス、関連商品販売の合弁会社
■UMNファーマ(4585):アピ及びヤクルト本社と抗体バイオ後続品で共同事業

続きを読む>>

明日の材料、日本駐車場開発、JALUX、味の素、JCR、カイオム、穴吹興産など

個別

■日本駐車場開発(2353):第2四半期決算を発表、前年同期比 23.9%増収、19.3%営業増益
■スリープログループ(2375):第1四半期決算、第2四半期業績予想の上方修正
■JALUX(2729):通期業績予想の下方修正を発表、売上高は960→850億円、営業利益は18.5→12億円へ
■味の素(2802):4,397万株の自己株式を消却すると発表

続きを読む>>

自民政権公約2つの新視点 27日 or 28日サイトにUP 政策相場も新ステージに

概況

野村HD(8604) 日足

「安倍ノミクス」は、金融緩和のみにあらず。自民党・安倍晋三総裁の、やや勇み足めいた発言から始まった、円安・株高の“安倍トレード”だが、自民党の政権公約発表を経て、新たな局面に移行しつつある。新たな話題として注…

続きを読む>>