2801

明日の材料 国際石油開発帝石、日本海洋掘削、大本組、高橋カーテンウォール工業、ディー・エヌ・エーなど

概況

■東京放送ホールディングス(9401):第3四半期決算を発表、前年同期比1.3%減収、4.7%営業減益
■日本テレビホールディングス(9404):第3四半期決算を発表、前年同期比3.7%増収、6.6%営業増益
■テレビ東京ホールディングス(9413):第3四半期決算を発表、前年同期比7.0%増収、1.0%営業減益
■ヤマダ電機(9831):第3四半期決算を発表、前年同期比8.1%減収、29.1%営業増益

続きを読む>>

2014年相場を振り返る(下) 年間上昇率(JPX日経400採用銘柄) ミネベア、洋ゴムなど2倍超に

個別 概況

NYダウ 月足

「2014年相場を振り返る(上)」では、全市場の銘柄を対象にした年間上昇率ランキングを紹介したが、「新興市場の聞いたことのない銘柄ばかりで面白くない」という声が多かった。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日本水産、植木組、ピーエス三菱、日本ハム、キッコーマンなど

個別

■サン電子(6736) 1,496円〔-170円、-10.20%〕
 UBICのソフト販売報道で
■ネットワンシステムズ(7518) 668円〔+5円、+0.75%〕
 大和証券が投資判断を引き上げ
■日本ユニシス(8056) 1,020円〔+51円、+5.26%〕
 決算を受けて、SMBC日興証券が「1」継続

続きを読む>>

明日の材料 日特建設、キッコーマン、セプテーニ・ホールディングス、ポーラ・オルビスホールディングスなど

個別

■スターゼン(8043) 341円〔+23円、+7.23%〕
 第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■共立メンテナンス(9616) 4,765円〔+225円、+4.96%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が新規「Buy」
■ソフトバンク(9984) 7,740円〔-287円、-3.58%〕
 第2四半期決算を発表、通期営業利益予想を引き下げ

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反落、FOMCや決算発表を控え手控えムード。非鉄や石油、鉱業、建設、機械などが冴えない

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,329.91円の58.81円安、TOPIXは1,252.00の2.28ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は639、値下がり銘柄数は1,033。出来高は18億7,442万株、売買代金は1兆6,956億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は下げ幅拡大。ソフトバンクやキヤノンが安く、下方修正でナカヨが大幅安

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,271.95円の116.77円安、TOPIXは1,247.17の7.11ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は487、値下がり銘柄数は1,183。出来高は9億6,673万株、売買代金は8,398億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) キッコーマン、関東電化工業、昭和システムエンジニアリング、古河電気工業など

個別

■新明和工業(7224) 954円〔+11円、+1.17%〕
 上方修正を発表
■キヤノン(7751) 3,177円〔-99円、-3.01%〕
 第3四半期決算を発表。野村証券では目標株価を引き下げ
■サカイ引越センター(9039) 3,335円〔-65円、-1.91%〕
 いちよし経済研究所がフェアバリューを引き下げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株の騰勢一服で、東京市場は小反落。ドコモやキヤノンが安い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は15,347.64円の41.08円安、TOPIXは1,252.48の1.80ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,780万株、買いは1,160万株。

続きを読む>>

明日の材料 アクシーズ、三井ホーム、テラ、ファンコミュニケーションズ、コカ・コーラウエストなど

個別

■GSIクレオス(8101):第1四半期決算を発表、前年同期比1.9%増収、60.2%営業増益
■東海汽船(9173):第2四半期業績予想を上方修正
■テレビ東京ホールディングス(9413): 第1四半期決算、第2四半期及び通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

株主還元姿勢は業績への自信の表れ 関心高まる「今期増配企業」【日本証券新聞 4月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月30日

・セル・イン・メイは杞憂? 1-4月動向がポイントに
・銘柄一本勝負 筍狩りに行こう プリマハム セブン快進撃の一翼担う
・MSCI入れ替え候補は 5月15日早朝発表へ SMBC日興予想が話題
・新興市場版 好決算+低PER+高配当利回り銘柄がS高 A&T 検体検査装置好調

続きを読む>>

明日の材料 石油資源開発、ミクシィ、クルーズ、エス・エム・エス、テンポスバスターズなど

個別

■東海旅客鉄道(9022)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は1.0%減収、7.2%営業減益を計画
■ANAホールディングス(9202)
 通期業績予想を上方修正
■NTTドコモ(9437)
 平成26年3月期決算、32,000万株(5,000億円)を上限に自社株買い

続きを読む>>

強いものにはワケがある 昨年高値接近銘柄を狙え

個別 概況

大陽日酸(4091) 週足

「上がる時は全面高、下がる時も全面安の無機質な展開」というのは最近よく聞く相場評の1つだが、これはあくまでも目先の話。中期的な値動きを見ると、銘柄ごとの優劣が、かなりはっきりしてきている。

続きを読む>>

自社株買い候補に照準 クレディ・スイスが選定

セクター 個別

DeNA(2432) 週足

これから本格化する決算発表シーズンは、自社株買い発表ラッシュの季節でもある。とりわけ、足元の株価が低迷し、買い手不在の深刻化する現在の地合いだけに、発表企業への注目度合いも高まるところだ。単純な需給好転要因である一方、自社株買いを発表するということは、「自社の株価が割り安」というメッセージを示す“シグナリング効果”も期待されるためだ。

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、ヤクルト、カカクコム、キッコーマン、クリエイト・レストランツなど

個別

■岡村製作所(7994)
期末配当予想を7円→10円へ修正
■パルコ(8251)
仙台駅西口地区への出店を決定
■共成レンテム(9680)
通期業績予想を上方修正、期末配当予想を20円→25円へ修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) キッコーマン、ニッパツ、レオン自動機、不二越、日本シイエムケイなど

個別

■スズキ(7269) 2,924円〔+14円、+0.48%〕
 ゴールドマン・サックスが投資判断を「買い」→「中立」に引き下げ
■光通信(9435) 8,660円〔-260円、-2.91%〕
 大和証券ではモデルポートフォリオに
■協和コンサルタンツ(9647) 204円〔-21円、-9.33%〕
 平成25年11月期決算を発表、今期は二桁の減益を計画

続きを読む>>

北米比率の高い銘柄に勝機 雇用統計の劇的改善が米経済の「今」を象徴 【NSJ日本証券新聞 11月12日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月12日

・銘柄一本勝負 古河電工 世界初の特殊水中ケーブルを敷設
・発表後8カ月余の放置経て… 「なでしこ銘柄」基準公表へ
・ニッパツ 上放れ 通期の営業益増額修正
・JR羽田新線構想で動意 五輪見据え、交通インフラ強化

続きを読む>>

和食「素材」に上値余地  12月上旬「和食」ユネスコ文化遺産登録で世界へ飛躍!

セクター 個別

キッコーマン(2801) 週足

和食に欠かせないしょうゆや日本酒など「素材」。12月上旬に予定されている和食のユネスコ(国連教育科学文化機関)無形文化財登録を契機に、さらなる飛躍が期待される。

続きを読む>>

好決算3銘柄が選別物色対象に 決算発表ピークを通過 【NSJ日本証券新聞 11月5日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月5日

・和食「素材」に上値余地 12月上旬「和食」ユネスコ文化遺産登録で世界へ飛躍!
・セイコーエプソン 収益変化率の大きさに驚く S高でもPERは10倍
・「鯨幕相場」8日間で終了 8月パターンなら急反騰も…
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part21 価格.com

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) あみやき亭、ソケッツ、ネクソン、ウェザーニューズ、大和工業、FJネクストなど

個別

■日本ケミカルリサーチ(4552) 1,894円〔+119円、+6.70%〕
 キッセイ薬品と持続型赤血球造血刺激因子製剤に関する契約締結
■昭和シェル石油(5002) 1,060円〔-38円、-3.46%〕
 JPモルガン証券が投資判断を「Neutral」に引き下げ
■重松製作所(7980) 899円〔+150円、+20.03%〕
 PM2.5絡みで急騰。興研(7963)も物色対象
■日本ビルファンド投資法人(8951) 1,212,000円〔-8,000円、-0.66%〕
 ドイツ証券が投資判断を「Hold」に引き下げ

続きを読む>>

新・健康飲料「アーモンド・ミルク」日本初上陸 豆乳に次ぐヒットの予感?

セクター 個別

マルサンアイ(2551) 週足

健康志向の高まりとともに、近年は豆乳が大いに盛り上がっている。ところが栄枯盛衰しかり、今秋、健康飲料市場に新たな刺客の登場が予感される。火付け役のマルサンアイ(2551・名証2部)、江崎グリコ(2206)に注目しておきたい。

続きを読む>>

株式分割候補を探せ! 来春NISA導入が切り口

個別 概況

オークファン(3674) 日足

最近、株式分割を発表する企業が相次いでいる。17日に1対5分割を発表したオークファン(3674・東マ)がストップ高。1対200(実質1対2)分割発表のITbook(3742・東マ)も大幅高と、株価への感応度の高さも目立つ。特に、オークファンの場合、17日終値が1万3,710円で、100株単位のため、これまで最低単位の投資にも100万円を優に超える資金を必要とした。9月末に株式分割の権利を落とせば、一般個人投資家にもぐっと買いやすくなることがポイントだ。

続きを読む>>

海外で稼ぐ企業 注目度上昇中

セクター 個別

キッコーマン(2801) 週足

貿易赤字ながら、所得収支の黒字幅拡大で経常収支を支える構図。所得収支のほとんどを占めるのは、海外の子会社や支店の営業から得られる収益、株式や債券の投資で受け取る配当金・利子などの「投資収益」で、これが円安効果もあって伸びていることが確認された。

続きを読む>>

今期(2014年3月期)増配候補を狙え!! 経営陣の姿勢を読むシグナル 【NSJ日本証券新聞 4月22日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 4月22日

・トップインタビュー マックスバリュ北海道 今2月期は最高益更新へ
・有能女性ひっぱりだこ 日仏企業で「元閣僚」対決!?
・海外で稼ぐ企業 注目度上昇中
・新興Weeklyウォッチャー テーマ株と割安株の両にらみで

続きを読む>>

個別銘柄動向 タマホーム、パレモ、トレンドマイクロ、シャープ、ダイエー、日本精機など

個別

■タマホーム(1419)
 初値は公開価格980円の1.73倍となる1,700円

■JPホールディングス(2749) 1,882円〔+136円、+7.79%〕
 復興需要への期待か

■ハニーズ(2792) 1,205円〔+73円、+6.45%〕
 第3四半期決算を発表

■キッコーマン(2801) 1,618円〔+17円、+1.06%〕
 JPモルガン証券では目標株価を2,000円に引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向 アンジェスMG、日立造船、メガネトップ、サンフロンティア不動産、学究社など

個別

■住友不動産(8830) 3,460円〔+140円、+4.22%〕
 UBS証券でも投資判断を「Buy」に

■サンフロンティア不動産(8934) 110,200円〔-4,400円、-3.84%〕
 公募増資などを背景に希薄化懸念

■学究社(9769) 1,420円〔+190円、+15.45%〕
 期末配当予想を40円→60円に引き上げ

続きを読む>>