2412

明日の材料 富士古河E&C、ユアテック、きんでん、北海道コカ・コーラボトリング、アスクル、ゲオホールディングスなど

個別

■任天堂(7974):第3四半期決算、通期業績予想を修正、期末配当予想を120円→130円へ引き上げ
■青山商事(8219):第3四半期決算、自社株買い、中期経営計画策定
■メタウォーター(9551):第3四半期決算、期末配当予想を29円に設定

続きを読む>>

ヘルスケア関連に注目 「健康経営銘柄」を3月に選定(東証)

セクター 個別

東祥(8920) 週足

今年の相場テーマの一つとして「健康・ヘルスケア」が浮上することになりそうだ。
東証は3月に「健康経営銘柄」を選定する予定。個人投資家に株式投資を考えるきっかけにしてもらうため、東証では特定のテーマや指標をベースに銘柄(テーマ銘柄)を抽出・公表している。

続きを読む>>

明日の材料 NOK、タカラバイオ、イオンファンタジー、メディア工房など

個別

■ベネフィット・ワン(2412):ソフトバンクBB、ソフトバンクモバイルとサービス協業
■阪神内燃機工業(6018):船舶用電子制御機関の初号機完成
■KYCOMホールディングス(9685):GISコンサルティングを子会社化

続きを読む>>

明日の材料 三井住建道路、大末建設、イチケン、関電工、ベネフィット・ワン、MonotaRO、アイスタイルなど

個別

■カプコン(9697):第2四半期決算を発表、前年同期比51.3%減収、41.6%営業減益
■オートバックスセブン(9832):第2四半期及び通期業績予想を下方修正
■ミスミグループ本社(9962):第2四半期決算を発表、前年同期比19.3%増収、28.3%営業増益

続きを読む>>

「JPX日経400」入替の注目点 サプライズ度で銘柄選別【日本証券新聞 8月11日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月11日

・オバマショック! 日経平均1万5000円割れ 一時478円安
・格安スマホ関連に名乗り PCデポ 3月高値更新
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.53 フローズン決戦
・”福井銘柄”が強調 福井コンピュータは新高値

続きを読む>>

明日の材料 パナホーム、大和ハウスリー、コロプラ、ヤフー、日立金属、コマツなど

個別

■任天堂(7974)
 第3四半期決算、1,000万株の自社株買いを発表
■東京ドーム(9681)
 通期業績予想を上方修正
■ミスミグループ本社(9962)
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正、増配を発表

続きを読む>>

取材の現場 歌手「佑多田三斗」メジャーデビュー 時価総額1,048億円の応援団

取材の現場から 連載

佑多田三斗氏

ouTubeを見ていたら、ある動画が見つかった。それは、ある歌手のプロモーション・ビデオ(PV)なのだが、映像を見ていくとさまざまな会社の経営者が登場している。パソナグループ(2168)の南部靖之代表、フルキャストHD(4848)創業者の平野岳史氏、ネクシィーズ(4346)の近藤太香巳社長、エスプール(2471・JQ)の浦上壮平会長兼社長らが、その歌手と2ショットで登場。

続きを読む>>

ソニー「プレステ4」は海外で品薄 日本では来年2月発売予定 【NSJ日本証券新聞 12月16日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月16日

・一気に円安、5年ぶり水準 為替感応度で4銘柄厳選
・SQ通過、その影に機関投資家の大量売りも
・“当り屋”参上!! 岩井コスモ、注目の的に
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.24 WASYOKU

続きを読む>>

ヤフー無料化攻勢 課金モデル→広告ビジネスへ eコマース業界に激震 【NSJ日本証券新聞 10月9日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 10月9日

・決算発表シーズン迫る ガス化など増額候補に
・日産車体、最高値を快走 指数の次は旧村上ファンド!?
・イオンモール 底入れ濃厚 軟調「小売郡」からイチ抜け
・サマンサタバサ 好業績で見直し 15日に2Q決算発表

続きを読む>>

Mr.009の新興市場 リバウンド基調継続へ ベネフィット・ワン、住友精化

個別

ベネフィット・ワン(2412) 週足

中小型株市場は物色意欲の強さを背景に、リバウンド基調が継続する展開となりそうだ。とりわけ、東証マザーズ市場の売買代金が増加傾向にあるなど、東証1部市場と同様、売買に盛り上がりが見られている点も前向きにとらえられる。東証マザーズ指数は、日経平均などと比較して株価位置としても相対的に出遅れ感が残るだろう。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) クロスキャット、ツクイ、ユーグレナ、パラカ、リコーなど

個別

■ジャパンパイル(5288) 821円〔+42円、+5.39%〕
 岩井コスモ証券が投資判断を「A」に引き上げ
■IHI(7013) 395円〔-21円、-5.05%〕
 クレディ・スイスが新規「UNDERPERFORM」
■コメリ(8218) 2,325円〔-126円、-5.14%〕
 メリルリンチが投資判断を「アンダーパフォーム」に引き下げ
■ファーストエスコ(9514) 46,700円〔+2,750円、+6.26%〕
 大分県豊後大野市で新たに木質バイオマス発電事業を推進

続きを読む>>

明日の材料 積水ハウス、ベネフィット・ワン、ジェイアイエヌ、パラカ、小野測器など

個別

■ひらまつ(2764)
 ToSTNeT-3で自社株買い、200万株(1,320百万円)を上限
■サッポロドラッグストアー(2786)
 第2四半期売上高予想を23,650→24,370百万円へ、営業利益予想を450→520百万円へ増額修正
■オイシックス(3182)
 株主優待制度を導入、1単元以上の保有でプレミアム米を贈呈
■アルチザネットワークス(6778)
 平成25年7月期決算を発表、今26年7月期は営業利益で103百万円を計画

続きを読む>>

人材関連の出遅れ! 「福利厚生アウトソーシング」に触手

セクター 個別

ベネフィット・ワン(2412) 週足

「求人広告関連」「人材派遣・紹介関連」に続き、「福利厚生アウトソーシングサービス関連」に触手を伸ばす動きが出てきた。
福利厚生アウトソーシングサービスは、これまで企業が行っていた福利厚生にまつわる作業を引き受けるもの。同サービスはバブル崩壊以降、福利厚生の費用削減や効率化をテーマに台頭。近年は「従業員の囲い込みツール」の1つと認識されるようになってきている。

続きを読む>>

利回り銘柄、仕込みのチャンス 9月中間配当を視野に 【NSJ日本証券新聞 8月5日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月5日

・人材関連の出遅れ! 「福利厚生アウトソーシング」に触手
・割高解消、PER日米逆転 次は株価逆転の再現を…
・竹中三佳の「株Catch one’s eye」Part.10 ウェルカム・ジャパン

続きを読む>>