2370

個別銘柄動向(午前) 中部飼料、メディネット、DMP、メディア工房、日本ガイシなど

個別

■ドンキホーテホールディングス(7532) 8,680円〔+210円、+2.48%〕
 クレディ・スイスが新規「OUTPERFORM」
■魚力(7596) 1,736円〔+128円、+7.96%〕
 東証1部銘柄に指定
■みずほフィナンシャルグループ(8411) 215円〔+5円、+2.28%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、青木あすなろ建設、NIPPO、伊藤ハム、ツクイ、キャリアデザインセンターなど

個別

■スカパーJSATホールディングス(9412):第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684):第3四半期決算を発表、前年同期比16.0%増収、89.6%営業増益
■日本空港ビルデング(9706):第3四半期決算を発表、前年同期比15.7%増収、55.1%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 明治ホールディングス、メディネット、ブイキューブ、アクロディアなど

個別

■東光(6801) 338円〔-8円、-2.31%〕
 通期営業利益予想を22.9%引き下げ
■アイシン精機(7259) 4,225円〔+10円、+0.24%〕
 ドイツ証券では投資判断を引き上げ
■マクニカ(7631) 3,340円〔-5円、-0.15%〕
 第3四半期決算、通期利益予想を下方修正

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反落。ただ、22日のECB理事会への期待も。金融関連と鉄鋼が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,280.48円の85.82円安、TOPIXは1,390.61の7.02ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は466、値下がり銘柄数は1,312。出来高は21億8,730万株、売買代金は2兆3,029億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は5営業日続伸、NYダウの18,000ドル台乗せや円安を好感。自動車株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,854.23円の219.09円高、TOPIXは1,426.02の12.97ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,172、値下がり銘柄数は560。出来高は21億3,937万株、売買代金は2兆403億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) マルハニチロ、メディネット、綿半ホールディングス、日本フエルトなど

個別

■セイノーホールディングス(9076) 1,230円〔+74円、+6.40%〕
 野村証券が目標株価を引き上げ
■東京ドーム(9681) 533円〔+41円、+8.33%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き上げ
■ニトリホールディングス(9843) 6,540円〔-260円、-3.82%〕
 第3四半期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 マルハニチロ、ネクスト、日本駐車場開発、メディネット、マルサンアイなど

個別

■ピープル(7865):11月度の売上高は前年比103.8%
■三井倉庫ホールディングス(9302):ロジスティクス事業に関する合弁事業開始
■ニトリホールディングス(9843):第3四半期決算を発表、前年同期比9.5%増収、12.9%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) メディネット、DNAチップ研究所、健康コーポレーション、東レなど

個別

■アイシン精機(7259) 4,055円〔-50円、-1.22%〕 バークレイズが投資判断を引き下げ
■アルデプロ(8925) 176円〔+9円、+5.39%〕 今期予想売上高相当の仕入契約完了
■スカイマーク(9204) 245円〔+50円、+25.64%〕 日本航空と提携交渉と伝わる

続きを読む>>

明日の材料 飛島建設、長谷工コーポレーション、鉄建建設、積水ハウス、UBICなど

個別

■アイフル(8515):第2四半期決算を発表、前年同期比7.9%減収、52.0%営業減益
■西武ホールディングス(9024):第2四半期決算を発表、前年同期比3.1%増収、6.8%営業増益
■学研ホールディングス(9470):平成26年9月期決算を発表、今27年9月期は3.2%増収、435.5%営業増益

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 国際石油開発帝石、ネクスト、メディネット、アダストリアホールディングスなど

個別

■SANKYO(6417)
 株主優待制度を導入
■タカショー(7590)
 第2四半期業績予想を下方修正
■サマンサタバサジャパンリミテッド(7829)
 グループアパレル会社から新ブランド「RedyAzel by Honey Bunch」がデビュー

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) エービーシー・マート、ジオネクスト、三菱ケミカルホールディングス、日本エンタープライズなど

個別

■北川精機(6327) ストップ高買い気配
 今期大幅増益見通し、「継続企業の前提に関する注記」の記載解消
■エッチ・ケー・エス(7219) 592円〔+23円、+4.04%〕
 自己株式の消却、期末配当予想の引き上げを発表
■スクウェア・エニックス(9684) 2,339円〔+35円、+1.52%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 奥村組、ライト工業、UBIC、テラ、博報堂DYホールディングス、日本マクドナルドホールディングスなど

個別

■大日本スクリーン製造(7735)
 第1四半期決算、第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■バンダイナムコホールディングス(7832)
 第1四半期決算、第2四半期業績予想を上方修正
■ワイヤレスゲート(9419)
 第2四半期決算を発表、前年同期比25.6%増収、11.4%営業増益

続きを読む>>

「マザーズ10年ルール」適用結果 「卒業」8銘柄、「残留」6銘柄 次はインターアクション

個別 概況

マザーズ上場後10年を経過した企業に、2部市場に移るか、それともマザーズ市場に残留するか、選択させる「マザーズ10年ルール」。東証は7月25日、このルールに基づき7月に市場選択時期を迎えた15銘柄の選択結果を発表した。

続きを読む>>

土地持ち企業徹底チェック もしIFRS適用あらば…【日本証券新聞 7月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月30日

・日産自が高値更新 「好決算」買いが続く マツダは下落
・ウナギ養殖需要拡大へ ヨンキュウ 来夏にも出荷開始
・平野憲一の相場表街道/裏街道 アルインコ 出世株の素地十分
・富士通に「1000円目標」 みずほ証が投資判断上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) パナホーム、住友電設、日清製粉グループ本社、メディネットなど

個別

■日本取引所グループ(8697) 2,355円〔-38円、-1.59%〕
 大和証券がレーティングを「4」に引き下げ
■タカラレーベン(8897) 370円〔-25円、-6.33%〕
 赤字となる第1四半期決算が嫌気
■ジェコス(9991) 1,410円〔+108円、+8.29%〕
 13時に発表された決算から一転買いに

続きを読む>>

2014年IPO候補を追跡 リアルワールドも年内上場有力

IPO 個別 概況

8日に日本経済新聞が「2016年度までのJR九州上場」、9日は朝日新聞が「USJの来夏上場」、10日にはブルームバーグが「今年12月のgumi上場」を報じるなど、株式市場の“華”IPO(新規上場)の候補企業を巡る報道がここにきて増加。

続きを読む>>

明日の材料 東日本ハウス、メディネット、ビューティガレージ、アールエイジなど

個別

■ユナイテッドアローズ(7606)
 5月度の全社売上高は前期比105.3%、小売+ネット通販既存店は103.8%
■岡本硝子(7746)
 海洋・特機事業部を新設
■アニコムホールディングス(8715)
 6月10日をもって東証1部に市場変更

続きを読む>>

概況/大引け 東証は小幅ながら6連騰。米国株反落で朝方は冴えないもものの、後場持ち直す。自動車株が買われ、三井不動産は続落を回避

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,681.72円の10.77円高、TOPIXは1,200.68の2.51ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は805、値下がり銘柄数は829。出来高は18億9,111万株、売買代金は1兆6,273億円。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXはプラス圏に浮上。ソフトバンクやトヨタ、ケネディクスなどに押し目買い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,663.72円の7.23円安、TOPIXは1,198.99の0.82ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は741、値下がり銘柄数は877。出来高は9億2,139万株、売買代金は7,609億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本水産、メディネット、アルコニックス、GDO、菊池製作所など

個別

■サニックス(4651) 1,523円〔+123円、+8.79%〕
 新・中期経営計画「サンシャインプラン 2016」を策定
■カルソニックカンセイ(7248) 645円〔+51円、+8.59%〕
 モルガン・スタンレーMUFGが投資判断を引き上げ
■日本通信(9424) 682円〔-38円、-5.28%〕
 東証が本日から増担保規制

続きを読む>>

概況/寄り付き 昨日までの5連騰やNYダウの反落で、東京市場もマイナススタート。鉱業や証券、保険などが安い

概況

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は14,587.90円の83.05円安、TOPIXは1,193.77の4.40ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,390万株、買いは1,490万株と2日連続の買い越し。

続きを読む>>

明日の材料 メディネット、ネオス、住友精化、ラクオリア創薬など

個別

■CAC Holdings(4725)
 投資有価証券売却益約632百万円
■太平洋工業(7250)
 プレス加工事業を強化、米国において子会社を設立
■イオン(8267)
 5月度の連結営業収益は5,068億円、前期比109.0%

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) メディネット、ハウス食品、メディアドゥ、ユビキタスなど

個別

■エスケーエレクトロニクス(6677) ストップ高買い気配
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■シャープ(6753) 273円〔+14円、+5.41%〕
 前日、平成26年3月期決算を発表
■いすゞ自動車(7202) 595円〔+30円、+5.31%〕
 今期減益見通しも、自社株買い、投資単位の引き下げが好感

続きを読む>>

明日の材料 日本ハム、アイロムホールディングス、オールアバウト、トリドール、石原産業など

個別

■スリー・ディー・マトリックス(7777)
 ETPLと超短鎖自己組織化ペプチド技術に関するライセンス契約
■タカラレーベン(8897)
 平成26年3月期決算、500万株の自社株買い、オアシスを子会社化
■イヌイ倉庫(9308)
 平成26年3月期決算、乾汽船(9113)と合併契約締結

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) メディネット、DNAチップ研究所、イー・キャッシュ、古河電気工業など

個別

■エフ・ジェー・ネクスト(8935) 543円〔+19円、+3.63%〕
 上方修正を発表
■日本BS放送(9414) 1,840円〔+20円、+1.10%〕
 東証2部に新規上場、初値は1,940円
■日本通信(9424) 18,650円〔+540円、+2.98%〕
 MVNO支援が報じられたことが好感

続きを読む>>

明日の材料 メディネット、DNAチップ研究所、インタートレード、コスモ石油など

個別

■トーセイ(8923)
 年間仕入目標の半分を超える260億円の販売用不動産を現在までに取得
■エフ・ジェー・ネクスト(8935)
 通期業績予想を上方修正
■クロップス(9428)
 3月18日をもって東証1部銘柄に指定

続きを読む>>

概況/大引け 週明けの東京市場は反落、配当課税強化報道や中国の輸出減少、10-12月期GDPの下方修正も重し。建設株はシッカリ

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は15,120.14円の153.93円安、TOPIXは1,227.61の9.36ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は550、値下がり銘柄数は1,089。出来高は18億7,737万株、売買代金は1兆7,523億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 大林組、協和エクシオ、メディネット、日本鋳造、日本デジタル研究所など

個別

■ハイレックスコーポレーション(7279) 2,546円〔+69円、+2.79%〕
 大幅増収・増益となる第1四半期決算を発表
■島津製作所(7701) 890円〔+9円、+1.02%〕
 固定資産の譲渡に伴い特別利益の計上を公表
■インヴァスト証券(8709) 1,358円〔+111円、+8.90%〕
 自社株買い枠の拡大、今期の配当方針を公表
■エイチ・アイ・エス(9603) 5,850円〔-60円、-1.02%〕
 野村証券では目標株価を5,700円に引き上げ、「Neutral」据え置き

続きを読む>>

明日の材料 東建コーポレーション、メディネット、ジェイアイエヌ、エーザイ、アルプス電気など

個別

■シスメックス(6869)
 1対2の株式分割
■ピープル(7865)
 平成26年1月期決算を発表、今27年1月期は6.0%減収、営業利益は29百万円
■リンガーハット(8200)
 2月度の全店売上高は前年比95.8%、純既存店は91.2%

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、メディネット、ダイワボウホールディングス、オークファン、三井化学、ソニーなど

個別

■ニコン(7731)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 4.0%減収、0.2%営業増益
■NTT(9432)
 第3四半期決算、3,800万株の自社株買い
■ファーストエスコ(9514)
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

2014年IPO展望 有望ベンチャーも続々登場へ

IPO 概況

IPO(新規上場)社数は回復顕著。2014年IPO候補として120社程度がリストアップされ、“歩留まり率”を勘案すると「70-80社程度」が上場するといわれている。景気動向、相場環境からすると、15年は100社前後と3ケタをうかがう動きになるとみられている。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) メディネット、ユーグレナ、大日本住友製薬、免疫生物研究所、ソフトブレーンなど

個別

■ユニ・チャーム(8113) 5,800円〔-200円、-3.33%〕
 大和証券が投資判断を「2」→「3」に引き下げ
■インテリックス(8940) 1,002円〔+36円、+3.73%〕
 第2四半期業績予想を上方修正
■ファーストリテイリング(9983) 44,100円〔+1,750円、+4.13%〕
 特段材料は見られないものの、6日続伸

続きを読む>>

明日の材料 インタースペース、メディネット、アヲハタ、オークファン、サイボウズ、横河ブリッジホールディングスなど

個別

■ザインエレクトロニクス(6769)
 通期利益予想を上方修正
■インテリックス(8940)
 第2四半期業績予想を上方修正
■アオキスーパー(9977)
 第3四半期決算、通期上方修正、記念配当、自己株式消却

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 中電工、メディネット、東急不動産HD、大幸薬品、日立金属など

個別

■住友ゴム工業(5110) 1,441円〔-21円、-1.44%〕
 野村証券が目標株価を1,600円に引き下げ
■ライドオン・エクスプレス(6082) 2,870円
 本日マザーズに新規上場、初値は3,105円
■テクノホライゾン・ホールディ(6629) 192円〔+19円、+10.98%〕
 子会社が米ナノテック社の4K対応映像関連機器を販売

続きを読む>>

改正薬事法成立で浮上へ メディネット、テラなど動意強める

テクニカル 個別

メディネット(2370) 週足

再生医療の普及を後押しする関連法成立により、「がん免疫細胞療法」に欠かせない細胞培養・加工を行う人材やノウハウ、施設などを医療機関に提供しているメディネット(2370・東マ)、テラ(2191・JQ)に触手を伸ばす動きが出てきそうだ。

続きを読む>>

明日の材料 クレアホールディングス、ミクシィ、メディネット、エムスリー、アスクル、モバイルクリエイトなど

個別

■ピジョン(7956)
 第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■ニッセンホールディングス(8248)
 セブン&アイ・ホールディングス及びセブン&アイ・ネットメディアと資本業務提携
■GMOインターネット(9449)
 インターネットメディア事業のグループ内再編

続きを読む>>

2006-2007年株価の半値足らず 超出遅れ新高値銘柄 日経平均は6年ぶり高値水準 【NSJ日本証券新聞 12月2日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月2日

・竹中三佳の株Catch one’s eye スターバックスコーヒージャパン インタビュー
・9月の再現、株高後押し “フォーラム効果”に期待
・コナミ 5月高値に挑戦 米国ゲームがヒット
・IPO アライドアーキテクツも根付かず 初値持ち越しは「7社連続」
・改正薬事法成立で浮上へ メディネット、テラなど動意強める

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日鉄住金テックスエンジ、メディネット、日医工、アドテック、丸紅など

個別

■丸紅(8002) 743円〔-2円、-0.27%〕
 シティグループが投資判断を「1」に引き上げ
■エヌエスディ(9759) 1,214円〔+4円、+0.33%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を引き上げ
■元気寿司(9828) 1,470円〔+194円、+15.20%〕
 カッパ・クリエイト(7421)と経営統合と報じられたことが材料視

続きを読む>>

明日の材料 メディネット、シダー、パレモ、エア・ウォーター、日立造船、日野自動車など

個別

■平和不動産(8803)
 通期業績予想を上方修正
■インテリックス(8940)
 パナホームリフォームと業務提携
■アインファーマシーズ(9627)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 10.6%増収、19.1%営業増益
■カナモト(9678)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 高砂熱学工業、メディネット、ナトコ、アース製薬、ダイフク、タカキューなど

個別

■アートスパークホールディング(3663) 436円〔+20円、+4.81%〕
 「CLIP STUDIO PAINT」がワコムのタブレットにバンドル
■昭和シェル石油(5002) 1,020円〔+29円、+2.93%〕
 バークレイズが新規「オーバーウエイト」
■オリンパス(7733) 2,815円〔-65円、-2.26%〕
 英国重大不正捜査局(SFO)による訴追を発表
■山九(9065) 303円〔-7円、-2.26%〕
 バークレイズが投資判断を「アンダーウエイト」へ引き下げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) エディオン、アンジェスMG、LIXILグループ、コマツなど

個別

■ホシザキ電機(6465) 3,370円〔+35円、+1.05%〕
 立花証券では「強気」、3,650円目標
■ローランドDG(6789) 2,586円〔+163円、+6.73%〕
 3Dプリンター関連が物色対象に
■きもと(7908) 873円〔-1円、-0.11%〕
 いちよし経済研究がレーティングを「B」→「A」へ引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、夢テクノロジー、ビーマップ、三菱重工業、西松屋チェーンなど

個別

■中電工(1941)
 投資有価証券償還益 550百万円
■ドワンゴ(3715)
 1対200の株式分割、1単元を100株に
■エフ・シー・シー(7296)
 クライスラーからAT用用クラッチのアッセンブリー及び摩擦板を新規に受注

続きを読む>>

概況/大引け 米国の量的緩和策の縮小で新興国からの資金引き上げが警戒、いすゞやスズキなど新興国関連が軟調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,125.27の23.86ポイント
安、日経平均は13,396.38円の361.75円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は195、値下がり銘柄数は1,489。出来高は20億105万株、売買代金は1兆7,953億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 東鉄工業、メディネット、リスクモンスター、大幸薬品など

個別

■昭和電工(4004) 128円〔-1円、-0.78%〕
 野村証券が目標株価を170円→130円へ減額
■オンコセラピー・サイエンス(4564) 181,000円〔-20,500円、-10.17%〕
 資金調達が嫌気、発行済株式数は最大で34.6%増加
■大幸薬品(4574) 1,624円〔+59円、+3.77%〕
 未定としていた第2四半期業績予想について、大幅増収・増益予想を開示

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) メディネット、ネットイヤーグループ、東京製鐵、岩井コスモなど

個別

■日本電産(6594) 7,160円〔+40円、+0.56%〕
 クレディ・スイスでは目標株価を6,200円→7,800円へ引き上げ、「OUTPERFORM」継続
■パナソニック(6752) 883円〔+4円、+0.46%〕
 クレディ・スイスでは白物家電に注目
■小野測器(6858) 442円〔-14円、-3.07%〕
 業績下方修正を発表

続きを読む>>

業績相場への端境期で狙う銘柄 「Q3縮小」バーナンキ発言を乗り越えて 【NSJ日本証券新聞 6月21日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 6月21日

・ブラインドインタビュー 総会本格化、注目点を探る
・訪日外国人急増で再チェック 今こそスカイツリー関連を見直し
・新規上場紹介 フォトクリエイト インターネット時代の写真屋さん

続きを読む>>

概況/大引け FRBの出口戦略を警戒し先週末のNYダウは208ドル安。海外投資家のアンワイド警戒で、東証の下げきつく、自動車や証券、不動産など大幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,096.95ポイントの38.83ポイント安、日経平均は13,261.82円の512.72円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は107、値下がり銘柄数は1,585。出来高は40億9,044万株、売買代金は3兆286億円。

続きを読む>>

概況/大引け 米雇用統計の改善で5月3日にNYダウが一時15,000ドル乗せ。ゴールデンウィーク明けの東証は全面高で日経平均は2008年6月以来の14,000円台

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,188.57ポイントの35.29ポイント高、日経平均は14,180.24円の486.20円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,630、値下がり銘柄数は62。出来高は31億8,252万株、売買代金は2兆8,084億円。

続きを読む>>

新興銘柄版 決算発表スケジュール(上) 自動車部品関連株に注目 7日のフィールズも要チェック

個別 概況

新興銘柄の3月期決算発表は4月25日に本格始動し、5月10日にピークを迎える見通し。当面の見どころ、チェックポイントは次の通り。

続きを読む>>

マザーズ指数 500ポイント回復  外国人7週連続買い越し

セクター 概況

このほどマザーズ指数が500ポイントの大台を1年10カ月ぶりに回復。リーマン・ショック後から続く、500ポイント近辺を上限としたボックス相場から脱却できるか注目される。

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは889.02ポイントの9.97ポイント高、日経平均は10,652円の74円高。円安関連でメリルリンチはマツダを格上げし、野村証券は日本農薬を格上げ。年明け以降タンカー市況活況で海運株高い。安倍政権の成長戦略への期待で新興市場ではバイオ関連にストップ高続出。日本航空は自民税調会長の会社更生法適用企業の法人税減税の特例措置の見直し検討で下落。

概況

日経平均 15分足 MA(25-75)

安倍首相が昨日の経済財政諮問会議で、日銀の白川総裁に「物価目標2%」の設定を改め要求したことから、金融緩和期待で円相場は再び1ドル=88円台と円安方向に向かい、東京株式市場も続伸となりました。

続きを読む>>

4月当時と比べ「何が高く、何が安い」のか ランキング検証

セクター 概況

カメイ(8037) 日足

「TOB」「不動産」などが上昇キーワード 下落キーワードは「輸出」「鉄鋼」… 日経平均が4月3日以来(終値ベース)の1万円大台を回復した。心理的な節目の1つとはいえ、日経平均1万円は投資家心理を刺激することは間違いない。…

続きを読む>>