2362

三菱地所の好決算が火付け役に 復活!!不動産株人気【日本証券新聞 2月9日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月9日

・日経平均 ”魔のSQ週”仕込み場に 昨年来累計▼4032円
・ディスプレー業界に新たな切り口 乃村工藝社 実はインバウンド関連
・GMO 決算好感して急騰 グループ力を評価
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.75 新事業「Holiday」

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、日本海洋掘削、大本組、高橋カーテンウォール工業、ディー・エヌ・エーなど

概況

■東京放送ホールディングス(9401):第3四半期決算を発表、前年同期比1.3%減収、4.7%営業減益
■日本テレビホールディングス(9404):第3四半期決算を発表、前年同期比3.7%増収、6.6%営業増益
■テレビ東京ホールディングス(9413):第3四半期決算を発表、前年同期比7.0%増収、1.0%営業減益
■ヤマダ電機(9831):第3四半期決算を発表、前年同期比8.1%減収、29.1%営業増益

続きを読む>>

明日の材料 クルーズ、夢真ホールディングス、ファンコミュニケーションズ、あじかん、ラクーン、ブロンコビリーなど

個別

■アールシーコア(7837):別荘タイムシェア事業で東急電鉄と業務提携
■高島屋(8233):12月度の営業報告を公表
■クロップス(9428):大明商事を子会社化

続きを読む>>

2014年末 新興2市場時価総額ランキング

個別 概況

竹内製作所(6432)  週足

表は2014年末のJASDAQ、マザーズの新興2市場の時価総額ランキングだ。
マザーズでは時価総額3,000億円クラスのコロプラ(3668)、サイバーエージ(4751)や、同1,000億円規模のユーグレナ(2931)など主要株が相次いで東証1部に移行したこともあり、時価総額1,000億円以上は4銘柄にまで減少。

続きを読む>>

第21回 アルインコ(5933) 事業にフォローの風。相場は若い

個別 平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

アルインコ(5933) 週足

足場などの建設機材を販売・レンタルする事業を主とする業界トップ企業。住宅機器や電子機器も拡充。2015年3月期上半期の売上高比率は、建設機材関連事業32.8%、レンタル関連事業33.7%、住宅機器関連事業25.6%、電子機器関連事業7.9%となっており、各種建設機材の販売・レンタル事業の合計売上比率が66.5%に及ぶ。

続きを読む>>

第20回 夢真HD(2362) 東京五輪は“通過点” インフラ工事が山積

個別 平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

夢真HD(2362) 週足

建設現場の施工管理技術者派遣を専門にするトップ企業。建設現場の人手不足は深刻の度合いを増し、インフラ整備や復興事業に大きな影を落としているのは、読者周知の事実。

続きを読む>>

「11月最終週」日経平均14連勝中!! ファンド決算、年末商戦、NISAも【日本証券新聞 11月19日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月19日

・鬼も笑うか 3証券そろって「来年展望」 視線は1万9000円台へ
・セイコーHD 業績上ブレの期待
・日本通運 6年半ぶり高値
・平野憲一の相場表街道/裏街道 夢真HD 東京五輪は”通過点”

続きを読む>>

概況/寄り付き 日銀のサプライズ緩和から、連休明けも急騰。その他金融、保険、証券、海運、不動産などが高い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,098.38円の684.62円高、TOPIXは1,392.36の58.72ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,270万株、買いは3,360万株と大幅買い越し。

続きを読む>>

明日の材料 ミライト・ホールディングス、飛島建設、積水ハウス、アサヒグループホールディングス、ネットイヤーグループなど

個別

■東京電力(9501):第2四半期決算を発表、前年同期比3.7%増収、69.4%営業増益
■電源開発(9513):第2四半期決算を発表、前年同期比0.5%増収、1.1%営業増益
■日本空港ビルデング(9706):第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■ニチイ学館(9792):第2四半期利益予想を上方修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大成建設、ライト工業、ミクシィ、DMP、ゼリア新薬工業など

個別

■ハピネット(7552) 2,212円〔+179円、+8.80%〕
 バンナムHD(7832)の上方修正で
■バンダイナムコホールディングス(7832) 2,971円〔+295円、+11.02%〕
 第1四半期決算、第2四半期業績予想を上方修正
■ソフトバンク(9984) 6,945円〔-280円、-3.88%〕
 TモバイルUS買収断念との報道

続きを読む>>

第3回 夢真HD(2362) 建設技術者集団トップ狙う

平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

平野 憲一氏

日本経済のウイークポイントは人口減少だ。立花証券創業者石井久氏が1997年の日経新聞「私の履歴者」で強く警告して以来、歴代の政権は政策の重点目標とし、少子化担当大臣も数多く代わったが成果は出ていない。

続きを読む>>

東証・大証統合から1年 躍進する「旧大証」単独銘柄【日本証券新聞 7月16日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月16日

・三井不VS菱地所 「時価総額」異常接近中
・NEC、連日の高値更新 主力株シフトの先駆けに
・IPO初値 イグニス 初値持ち越し
・平野憲一の相場表街道/裏街道 夢真HD 建設技術者集団トップ狙う

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) K&Oエナジーグループ、夢真ホールディングス、サポロホールディングス、FDKなど

概況

■ARM(8769) 1,350円〔+155円、+12.97%〕
 キヤノンマーケティングジャパンと業務提携
■オオバ(9765) 338円〔+23円、+7.30%〕
 お昼休み中に平成26年5月期決算を発表
■サンドラッグ(9989) 4,450円〔-55円、-1.22%〕
 JPモルガンが投資判断を「Neutral」に引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 クルーズ、夢真ホールディングス、伊藤園、日本マクドナルドホールディングス、ハブなど

個別

■日本プロセス(9651)
 平成26年5月期決算を発表、今27年5月期は1.4%増収、2.6%営業増益を計画
■オートバックスセブン(9832)
 6月度の国内売上高全店は前年比8.7%減、既存店は10.2%減
■富士エレクトロニクス(9883)
 第1四半期決算を発表、前年同期比20.4%増収、5.8%営業増益

続きを読む>>

GPIF 新比率での運用今秋開始へ JPX400採用銘柄が選別対象【日本証券新聞 6月4日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月4日

・TOPIX9日続伸 狙うは「初の14連騰」
・「親」が「子」を猛追 NTT株高続く
・6月24日IPOフリークアウト 人気化の公算大
・ミクシィ グリーの時価総額を抜く ガンホー相場の再来意識

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 好決算銘柄を見直す余裕も

インタビュー 個別

エクセル(7591) 日足

日経平均株価は今年に入って過去2回、跳ね返されてきた75日移動平均線をようやく突破してきたことから、相場の基調転換を唱える向きが増えている。折りしも、6月には待望の政府の成長戦略が公表されるとあって、その内容への期待感ともども、投資家の物色意欲が戻りつつある。

続きを読む>>

明日の材料 高砂熱学工業、キリンホールディングス、カワチ薬品、きちり、日本調剤、ビリングシステムなど

概況

■KDDI(9433)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は6.1%増収、10.1%営業増益を計画
■東京電力(9501)
 平成26年3月期決算を発表
■電源開発(9513)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は6.7%増収、16.6%営業増益を計画
■ベネッセホールディングス(9783)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は4.2%増収、0.5%営業増益を計画

続きを読む>>

新興市場版 2014年3月期決算発表スケジュール(第1弾) 序盤は盛り上がりに欠ける展開も

個別 概況

サイバエージ(4751) 週足

表は5月7日までに3月期決算の発表を予定している主な新興銘柄一覧。いよいよ2014年3月期決算発表シーズンを迎えるわけだが、新興市場においてはシーズン序盤は決算を手掛かりにした物色が盛り上がりに欠ける可能性も。「シーズン序盤に決算を出すことが多いコロプラ(3668)など有力株が次々に1・2部へ移行。

続きを読む>>

日銀会合の「次のイベント」 本番迫る決算発表の焦点【日本証券新聞 4月9日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月9日

・気をつけよう、裸の空売り フェイル発生事例が表面化
・西武ホールディングス 異例のIPOスケジュール変更 出るわ出るわ「割高」の声
・日本ハム 戻り歩調 GS「買い」継続
・IPO初値 丸和運輸、トレックスとも公募割れスタート

続きを読む>>

明日の材料 ユアテック、トライステージ、夢真ホールディングス、ツクイ、伊藤園など

個別

■イズミ(8273)
平成26年2月期決算を発表、今27年2月期は4.2%増収、6.9%営業増益を計画
■オートバックスセブン(9832)
3月度の全店売上高は前年同月比26.8%増、既存店は24.9%増
■富士エレクトロニクス(9883)
平成26年2月期決算を発表、今27年2月期は7.6%増収、123.9%営業増益を計画

続きを読む>>

企業研究 アンジェスMG コラテジェンの国際共同試験が最終段階へ

個別

HGF遺伝子治療薬「コラテジェン」(重症虚血肢治療剤)のグローバル第3相臨床試験を今12月期の第2四半期(4-6月)に開始すると発表した。米国から開始し、その後、欧州・南米へ拡大する予定だ。重症虚血肢を対象としたコラテジェンは、同社が設立以来、開発を手掛けてきた主力開発品であり、今後の成長の柱に位置付けられているもの。

続きを読む>>

明日の材料 三井松島産業、クックパッド、日本ハム、テックファーム、ザッパラスなど

個別

■島津製作所(7701)
 固定資産の譲渡に伴い当期純利益予想を40→76億円へ修正
■石山GatewayHoldings(7708)
 株主優待制度を導入
■丹青社(9743)
 通期利益予想を上方修正、期末配当予想を8円→10円に引き上げ
■オートバックスセブン(9832)
 2月度の既存店売上高は前年同月比 17.7%増、全店は19.2%増

続きを読む>>

2014年は「人手不足」顕在化の公算

概況

夢真HD(2362) 週足

アベノミクスによる景気回復、円高是正に伴う製造業の業績回復などを背景に上昇基調にある「有効求人倍率」は、とうとう6年1カ月ぶりに1倍台を回復。求人広告業界関係者は、「これまで人員を抑制してきた企業が多かっただけに、有効求人倍率の上昇傾向は当面続く見通し」としている。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ミクシィ、夢真ホールディングス、DCMホールディングス、日本製紙、TACなど

個別

■DIC(4631) 320円〔+9円、+2.89%〕
 岩井コスモ証券が新規「A」に設定
■ブラザー工業(6448) 1,437円〔+10円、+0.70%〕
 大和証券ではレーティング「3」を継続
■日野自動車(7205) 1,647円〔+18円、+1.10%〕
 シティーグループでは「買い」の投資判断を継続

続きを読む>>

今春高値“寸止め”銘柄に照準 新春相場の投資戦略 【NSJ日本証券新聞 12月30日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月30日

・2014年は「人手不足」顕在化の公算 夢真 高値更新基調
・破竹の21連勝なるか!? 「納会JQ高習性」に注目
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.26 ラクしてキレイ
・酉島製作所 直近高値更新 海水淡水化向けが拡大

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) クックパッド、ハブ、ケイブ、ダイソー、メドレックスなど

個別

■シスウェーブホールディングス(6636) 401円〔+10円、+2.56%〕
 インドネシアでスーパーソルガムによる商用エタノール生産プロジェクトに向けた覚書
■PALTEK(7587) 557円〔+26円、+4.90%〕
 期末配当予想を5円→8円へ引き上げ
■日本梱包運輸倉庫(9072) 1,768円〔+38円、+2.20%〕
 バークレイズが投資判断を「イコールウエイト」へ引き下げ

続きを読む>>

新興市場版 9月期決算スケジュール(第1弾) ガンホー29日、サイバーエージは31日

個別 概況

ネットプライス(3328) 週足

表は新興銘柄の9月期決算発表スケジュール(10月24-31日発表分)。
主力株ではガンホー(3765・JQ)が29日に四半期決算を、サイバーエージ(4751・東マ)は31日に9月本決算を開示する。サイバーエージはスマートフォン市場の拡大を追い風に今期大幅増益転換が予想されている。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 夢真ホールディングス、アスクル、富士電機、高島屋など

個別

■ネポン(7985) ストップ高買い気配
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■松竹(9601) 957円〔+23円、+2.46%〕
 3-8月期営業利益が約2.5倍との日経報道
■王将フードサービス(9936) 3,105円〔+35円、+1.14%〕
 9月度の直営既存店売上高は95.3%

続きを読む>>

取材の現場から 「女性の活躍促進・企業活性化推進営業大作戦」 事業所内保育施設ビジネスに商機

セクター 取材の現場から 連載

JPホールディングス(2749) 週足

安倍首相は、女性の役員や管理職への登用を企業に提唱している。これに合わせて野村証券(野村HD・8604)が「ノムラ女子力30」なる指数を提唱。経済産業省と東証(日本取引所グループ・8697)も「なでしこ銘柄」という女性が活躍する企業をピックアップした。だが、女性を登用するだけで業績が伸びるわけはなく、「女性銘柄」には懐疑的な意見も強い。

続きを読む>>

概況/大引け 2020年東京五輪決定で全面高。老朽化した道路や鉄道などのインフラ整備への期待で大成や鉄建などの建設株が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,205円23銭の344円42銭高、TOPIXは1,173.00の25.18ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,624、値下がり銘柄数は94。出来高は29億3,756万株、売買代金は2兆1,007億円。

続きを読む>>

概況/前引け シリアへの軍事介入が警戒され朝方は売り先行も、その後持ち直す。汚染水対策への国の関与で東電が高い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は13,639円60銭の3円32銭高、TOPIXは1,140.40の0.40ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は693、値下がり銘柄数は860。出来高は8億4,388万株、売買代金は6,589億円。

続きを読む>>

概況/大引け 週明けの東京市場は様子見姿勢が続き、揉み合い。汚染水漏れの東電が安く、旧大証単独上場銘柄の値下がりも目立つ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は13,636円28銭の24円27銭安、TOPIXは1,140.00の1.63ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は699、値下がり銘柄数は907。出来高は15億8,740万株、売買代金は1兆2,759億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 夢真ホールディングス、デリカフーズ、エイティング、エレコムなど

個別

■前田建設工業(1824) 588円〔-15円、-2.49%〕
 いちよし経済研究では中期利益成長を年率10%と予想
■日本和装ホールディングス(2499) 249円〔-12円、-4.60%〕
 子会社がTOKYO PRO Marketに上場準備
■クロスプラス(3320) 868円〔-33円、-3.66%〕
 利益予想の引き下げ、減配を発表
■シナジーマーケティング(3859) 731円〔+11円、+1.53%〕
 岩井コスモ証券が22日付けで投資判断を「A」に引き上げ

続きを読む>>

概況/前引け 今週も米国情勢に右往左往しそうと、東証は揉み合い。旧大証単独上場銘柄の値下がりが目立つ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は13,647円64銭の12円91銭安、TOPIXは1,141.02の0.61ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は768、値下がり銘柄数は787。出来高は8億8,893万株、売買代金は6,745億円。

続きを読む>>

概況/大引け 中国の7月PMIが予想を上回り、日本株の上げ幅も拡大、日経平均は14,000円台を回復。自動車や銀行株が高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,163.39ポイントの31.69ポイント高、日経平均は14,005.77円の337.45円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,389、値下がり銘柄数は291。出来高は26億952万株、売買代金は2兆2,106億円。

続きを読む>>

スーパー業界の再編加速へ 消費増税にらみ 【NSJ日本証券新聞 7月26日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 7月26日

・ブラインドインタビュー 個人の市場復帰は近い? 戻り売りで現金比率アップ
・明暗鮮明 キヤノンと日電産
・オリンピック特需に意外性「警備」「リユース」など要チェック

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 夢真ホールディングス、クリエイトSD、住友ベークライト、パスポートなど

個別

■コメ兵(2780) 1,961円〔+20円、+1.03%〕
 6月の全社売上高は116.2%

■ダイヤモンドダイニング(3073) 152,800円〔+300円、+0.20%〕
 いちよし経済研究所が投資判断を「A」に引き上げ

■クリエイトSD(3148) 3,925円〔+425円、+12.14%〕
 平成25年5月期決算を発表、今期は増配計画

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) マクドナルド、Jグループ、ブロンコビリー、コロプラなど

個別

■エイチ・アイ・エス(9603) 4,160円〔+625円、+17.68%〕
 UBS証券では決算を受けて「Buy」の投資判断を継続

■カナモト(9678) 2,244円〔+259円、+13.05%〕
 第2四半期決算を発表、UBS証券では「Buy」継続

■丹青社(9743) 427円〔+36円、+9.21%〕
 第1四半期決算を発表

続きを読む>>

深刻化する建設現場の人材難 震災復興や都市部の大規模再開発が背景

セクター 個別

夢真ホールディングス(2362) 週足

建設現場での人手不足が深刻化している。政府による補正予算で東北の被災地では復興に絡む動きが活発化、首都圏や関西でも大規模再開発が相次いで行われており、建設に絡むさまざまなニーズが高まっている。

続きを読む>>

不動産株にストラテジスト熱視線 相場修復の一番槍 【NSJ日本証券新聞 6月5日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 6月5日

・話題 “株高競演”ユーグレナ、神鋼環境ソリューション
・野も山もファンドもみんな NISA(ニーサ)になびく
・ネット選挙関連 現実評価へ 事業者6社で共同企画

続きを読む>>

明日の材料 トクヤマ、トレンドマイクロ、ワコム、村田製作所、FPGなど

個別

■トレンドマイクロ(4704)
 第1四半期売上高予想を247→257億円へ、営業利益予想を56→72億円へ増額修正

■大平洋金属(5541)
 通期売上高予想を56,799→58,488百万円へ、営業利益予想を930→2,168百万円へ増額修正

■ワコム(6727)
 平成25年3月期決算、1対400の株式分割、1単元を100株にすると発表

■FPG(7148)
 第2四半期決算、1対3の株式分割を発表

続きを読む>>

概況/大引け 明日の日銀展望リポートによる円安思惑で、TDKや京セラなど電機株が値上がり。三井倉庫と住友倉庫は野村証券が新規Buy

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

明日の日銀金融政策決定会合後に発表される「展望リポート(経済・物価情勢の展望)」では2015年度の物価見通しを2%とし、目標達成に向けた強い決意を内外に示すという見方もあり、ゴールデンウィーク前に1ドル=100円の大台突破のラストチャンスという見方も意識されています。

続きを読む>>

概況/大引け G20財務省・中銀総裁会議で日本の量的緩和策について反論が出なかったことが安心された。3月首都圏マンション販売好調で大京やゴールドクレストが高い

概況

日経平均 日足

初日討議の終了後に、麻生財務相から日銀が導入した新たな金融緩和策はデフレ脱却に向けた方策で、円安誘導ではないと説明したことについて、反論はなかったと報告されたことが安心され、後場の東京株式市場は堅調となりました。

続きを読む>>

新興銘柄版 決算発表スケジュール(上) 自動車部品関連株に注目 7日のフィールズも要チェック

個別 概況

新興銘柄の3月期決算発表は4月25日に本格始動し、5月10日にピークを迎える見通し。当面の見どころ、チェックポイントは次の通り。

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは879.05ポイントの7.17ポイント高、日経平均は10,578円の70円高。孫への教育資金贈与で非課税枠、学習塾にストップ高が続出。三菱重工は大和証券が3→1。オリンパスはモルガンスタンレーが新規にOverweight。

概況

日経平均 15分足 MA(25-75)

政府は11日に緊急経済対策を閣議決定しますが、祖父母が孫などに将来必要な教育資金をまとめて贈与した場合、1人当たり1,000万円~1,500万円を上限に贈与税を非課税にすると読売新聞が報じたことを受けて、学習塾にストップ高が続出しました。

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは781.60ポイントの2.10ポイント高、日経平均は9,423円の34円高。ユーロ圏財務相会合でギリシャの債務削減と融資再開が合意されたが、持続的なユーロ高を促す決定打とはなりにくいという見方も。安倍自民党総裁が金融政策でインフレ期待を高めるには時間がかかる。必要な財政政策を行っていくと述べ、建設株が値上がり。

概況

日経平均 15分足 MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは781.60ポイントの2.10ポイント高、日経平均は9,423円の34円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,104、値下がり銘柄数は442。出来高は19億8,897万株、売買代金は1兆2,299億円…

続きを読む>>