2132

立会外分売 その1 割引価格で実施、手数料も無料

JACK流「勝利の方程式」 連載

今回から、こちらでは、新たに「立会外分売投資法」を取り上げたいと思います。
そもそも、「立会外分売」と言われても、なかなかピンと来ないかもしれませんので、あらためて概要を説明したいと思います。

続きを読む>>

明日の材料 ミライト・ホールディングス、飛島建設、積水ハウス、アサヒグループホールディングス、ネットイヤーグループなど

個別

■東京電力(9501):第2四半期決算を発表、前年同期比3.7%増収、69.4%営業増益
■電源開発(9513):第2四半期決算を発表、前年同期比0.5%増収、1.1%営業増益
■日本空港ビルデング(9706):第2四半期及び通期業績予想を上方修正
■ニチイ学館(9792):第2四半期利益予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 ミクシィ、アイレップ、ファンコミュニケーションズ、パレモ、日本管理センターなど

個別

■リズム時計工業(7769):1,500万株の自己株式を消却
■高島屋(8233):8月度の百貨店は前年比横ばい
■GMOインターネット(9449):子会社GMOリサーチが上場承認

続きを読む>>

概況/大引け 欧米株安から、東京市場もほぼ全面安に。ただ、日経平均は15,500円水準では下げ渋りも。好業績銘柄は買われ、エプソンは上場来高値を更新

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,523.11円の97.66円安、TOPIXは1,281.30の8.12ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は334、値下がり銘柄数は1,409。出来高は22億4,582万株、売買代金は2兆1,711億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 明星工業、アイレップ、日本ハム、ヤフー、ダイジェット工業など

個別

■マツダ(7261) 2,565円〔+64円、+2.56%〕
 第1四半期決算を発表。野村証券では目標株価を引き上げ
■宇徳(9358) 412円〔+41円、+11.05%〕
 上方修正を発表
■日本通信(9424) 1,072円〔-114円、-9.61%〕
 大幅減益となる第1四半期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 アコーディア・ゴルフ、アイレップ、EJホールディングス、ジーエヌアイグループ、テラなど

個別

■スギホールディングス(7649)
 第1四半期決算を発表、前年同期比7.2%増収、3.0%営業増益
■東北電力(9506)
 退職給付制度の改定に伴い特別利益、14,268百万円
■ジャステック(9717)
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

医療情報系システム関連が人気 ソフトマックス、PSCなど【日本証券新聞 6月19日】

日本証券新聞

日本証券新聞 6月19日

・「TS倍率」底離れ鮮明 カギを握るは人民元相場
・どうなる!?日銀緩和の行方 黒田総裁「強気発言」の真意とは
・大塚商会 上場来高値を更新 6月末に1対3分割
・IPO初値 ムゲンエステート 堅調スタート

続きを読む>>

明日の材料 アイレップ、オーウイル、サンマルクホールディングス、住友化学、アステラス製薬など

個別

■オリンパス(7733)
 バイオロジクス事業から撤退、特別損失約150~190億円
■大研医器(7775)
 世界初の体温調節装置システム「クーデックアイクール」 製造販売承認取得
■ソニーフィナンシャルホールディングス(8729)
 介護事業を統括する持株会社設立
■情報技術開発(9638)
 10万株の自己株式を消却

続きを読む>>

自社株買い「本格化の兆し」イオンFS急騰も象徴的 【NSJ日本証券新聞 2月24日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月24日

・市場成長急ピッチ 消費増税、人手不足で注目される「クラウドソーシング」
・三井物産に再騰期待 増配、割安に好取組
・昨年の再現、期待したいが… 日米相対株価で日本急降下
・ワークマン 実質上場来高値 「豪雪」で特需発生

続きを読む>>

明日の材料 日本海洋掘削、メディネット、ダイワボウホールディングス、オークファン、三井化学、ソニーなど

個別

■ニコン(7731)
 第3四半期決算を発表、前年同期比 4.0%減収、0.2%営業増益
■NTT(9432)
 第3四半期決算、3,800万株の自社株買い
■ファーストエスコ(9514)
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) アイレップ、明治ホールディングス、神島化学工業、日立金属、ダイヘンなど

個別

■NTT都市開発(8933) 1,129円〔-39円、-3.34%〕
 バークレイズが投資判断を引き下げ
■スカイマーク(9204) 358円〔+19円、+5.60%〕
 モルガン・スタンレーMUFGが投資判断を「Overweight」に引き上げ
■光通信(9435) 8,090円〔+280円、+3.59%〕
 自己株式の取得、消却を発表

続きを読む>>

明日の材料 大気社、健康コーポレーション、ガンホー・オンライン、ハイデイ日高、光通信など

個別

■山口フィナンシャルグループ(8418)
 3億ドルの転換社債を発行、900万株(100億円)を上限に自社株買い
■スカパーJSATホールディングス(9412)
 ToSTNeT-3にて3,000万株(16,140百万円)を上限に自社株買い
■サガミチェーン(9900)
 味の民芸フードサービスの株式を取得

続きを読む>>

明日の材料 長谷工コーポレーション、アイレップ、北の達人コーポレーション、オークファン、ドワンゴ、ファンケルなど

個別

■三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)
 第2四半期決算、通期純利益目標を7,600→9,100億円へ上方修正
■レーサム(8890)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 66.1%増収、98.3%営業増益
■学研ホールディングス(9470)
 平成25年9月期決算を発表、今26年9月期は7.1%増収、10.5%営業増益
■長大(9624)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 13.5%増収、営業利益は14.8倍

続きを読む>>

新興企業版 9月決算スケジュール(第3弾) オークファン、サンワカンパニーが14日に本決算 Dガレージは12日

個別 概況

11月第2週は、直近IPO(新規上場)銘柄の決算発表が続々。
目玉は、14日に本決算を出すサンワカンパニー(3187・東マ)、オークファン(3674・東マ)、夢展望(3185・東マ)だろう。13日のICDA(3184・JQ)もホンダの小型車リニューアルの恩恵享受が期待されマーク候補。このほか、12日にオイシックス(3182・東マ)、14日にN・フィールド(6077・東マ)が四半期決算を出す。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) アイレップ、トラスト・テック、ユナイテッド、三井化学、スクエニなど

個別

■三井化学(4183) 267円〔+9円、+3.49%〕
 野村証券が投資判断を「Buy」に引き上げ
■日本ペイント(4612) 1,413円〔+62円、+4.59%〕
 400万株、60億円を上限に自己株式の取得を発表
■澁谷工業(6340) 2,453円〔+133円、+5.73%〕
 肝硬変治療技術の開発報道

続きを読む>>

明日の材料 アイレップ、神戸物産、日本ペイント、オカモト、近畿車輛など

個別

■アイレップ(2132)
 1対2の株式分割を発表
■近畿車輛(7122)
 ロサンゼルス郡都市交通局から都市交通電車オプション97編成を受注、3億6千万ドル
■リョーサン(8140)
 300万株の自己株式消却を発表
■大和ハウス・レジデンシャル(8984)
 投資主優待制度導入、優待価格による宿泊利用券

続きを読む>>

新興市場版 決算発表スケジュール

セクター 個別

ファーストエスコ(9514) 日足

4-6月期決算発表もいよいよラッシュ(発表ピークは8月9日)。
主力株では、8月13日に本決算を開示するDガレージ(4819・JQ)をマークしたい。ネット決済、ネット広告、通販事業などいずれも拡大基調にあり、投資事業もIPO(新規上場)市況回復も背景に期待が持てる状況だ。

続きを読む>>

好決算で評価高まる「フェイスブック」 日本の関連企業も再度チェック

セクター 個別

SNS(交流サイト)を展開する米Facebook社(フェイスブック)が第2四半期で好決算を発表したことから、あらためて、世界最大の交流サイトとしての評価を高めている。スマートフォン(スマホ)での利用者も増加しており、日本の関連企業のビジネスチャンスも一段と広がりを見せそうだ。

続きを読む>>

明日の材料 ナカノフドー建設、オプト、MonotaRO、応用技術、岡部、スタンレー電気、リコーなど

個別

■アルゴグラフィックス(7595)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 1.0%減収、27.6%営業増益
■ノーリツ鋼機(7744)
 貸倒引当金繰入額 283百万円
■リコー(7752)
 第1四半期決算を発表、前年同期比 13.6%増収、33.5%営業増益

続きを読む>>

概況/大引け 終値ベースで5月29日以来の14,000円台。東電、木村化工機、KLabがストップ高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,171.84の21.14ポイント高、日経平均は14,098.74円の246.24円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,410、値下がり銘柄数は233。出来高は30億2,085万株、売買代金は2兆3,533億円。

続きを読む>>

大量保有報告書から IT・ネット関連に照準合わせる動きも

個別 概況

ブレインP(3655) 日足

直近2週間(6月7日-21日)に提出された大量保有報告で新規取得が明らかになった主な銘柄一覧。この間、意外にも(?)売却報告よりも取得報告の方が目立ち、かねて目を付けていた銘柄の調整場面を拾ったことがうかがえる。

続きを読む>>

概況/大引け 米国株の反発は好感したが、一時1ドル=94円43銭まで円高で日経平均の反発も小幅

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,056.45ポイントの12.28ポイント高、日経平均は12,686.52円の241.14円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は960、値下がり銘柄数は635。出来高は37億6,851万株、売買代金は3兆3,155億円。

続きを読む>>