2131

明日の材料 ショーボンドホールディングス、青木あすなろ建設、アコーディア・ゴルフ、ファンコミュニケーションズなど

概況

■肥後銀行(8394):鹿児島銀行と経営統合で基本合意
■上組(9364):第2四半期決算、500万株を上限に自社株買い
■セコム(9735):第2四半期決算を発表、前年同期比0.3%増収、4.9%営業増益

続きを読む>>

明日の材料 アコーディア・ゴルフ、UBIC、ワイズテーブルコーポレーション、データホライゾンなど

個別

■ジーンズメイト(7448)
 8月度の全店売上高は前年比96.8%、既存店は97.6%
■インヴァスト証券(8709)
 Tradency社と資本業務提携
■エムティーアイ(9438)
 ソーシャルアプリ決済サービスを子会社化

続きを読む>>

特報 PGM「営業利益でアコーディアを逆転」

特報 連載

8月6日、ゴルフ場経営2強の決算が出そろった。アコーディア・ゴルフ(2131)は3月決算、PGMホールディングス(2466)は12月決算。累計数値で比較すると両者の差が分かりにくかったが、PGMが今期は15カ月の変則決算にして3月決算に変更するので、2015年3月期からは比較が容易になる。

続きを読む>>

明日の材料 福田組、アコーディア・ゴルフ、UBIC、コーセーアールイー、KLabなど

個別

■セイコーホールディングス(8050)
 第1四半期決算、固定資産売却益約85億円
■陽光都市開発(8946)
 第2四半期決算を発表、前年同期比95.0%増収、29.2%営業増益
■アサツーディ・ケイ(9747)
 第2四半期決算を発表、前年同期比0.0%増収、17.7%営業増益

続きを読む>>

売られ過ぎの反騰候補 不動産株に昨春急騰前のムード【日本証券新聞 8月13日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月13日

・これが業績上方修正銘柄・前編 ゲーム関連強し
・「美しい国」より経済優先? 8年ぶりの首相寄稿文が話題
・平野憲一の相場表街道/裏街道 ワイエイシイ まずPBR1倍回復を意識
・駅のホームドア 東京五輪までに800駅へ 低コストの昇降タイプに期待

続きを読む>>

明日の材料 三機工業、ネクスト、アコーディア・ゴルフ、シンワアートオークション、アサヒグループホールディングスなど

個別

■西松屋チェーン(7545)
 7月度の全店売上高は前年比96.4%、既存店は94.4%
■日本BS放送(9414)
 買い物優待券を贈呈する株主優待制度を新設
■両毛システムズ(9691)
 第1四半期決算を発表、前年同期比1.2%増収、営業利益は△114百万円

続きを読む>>

特報 アコーディア・ゴルフ株主総会 「アセットライト」実施は可決

特報 連載

アコーディア(2131) 週足

今年の総会注目銘柄の一つ、アコーディア・ゴルフ(2131)の定時株主総会が6月27日に終了した。アコーディア・ゴルフの株主総会といえば、前々回は竹生道巨前社長の私的問題に絡み、上位株主による株主提案の役員選任を巡る委任状争奪戦が展開され、2日間に及んだことを記憶している読者も多いだろう。

続きを読む>>

明日の材料 アコーディア・ゴルフ、アイレップ、EJホールディングス、ジーエヌアイグループ、テラなど

個別

■スギホールディングス(7649)
 第1四半期決算を発表、前年同期比7.2%増収、3.0%営業増益
■東北電力(9506)
 退職給付制度の改定に伴い特別利益、14,268百万円
■ジャステック(9717)
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

どっこい生きてる「OD05」(中国系ファンド) 買い増し銘柄に希少価値も【日本証券新聞 7月2日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月2日

・高額報酬、上位に”異変” 10億円男・ゴーン氏5位に
・ファナック 余剰金積み上がり
・人気拡大 SIMロック解除関連 ワイヤレス 1月高値奪回を指向
・兜町の御意見番・平野憲一の相場表街道/裏街道 第1回

続きを読む>>

明日の材料 大盛工業、フルスピード、学情、アウトソーシング、マクドナルドホールディングスなど

個別

■ワイヤレスゲート(9419)
 Wi-Fi環境イネーブラー事業より派生した新たなサービスを開始
■東北電力(9506)
 東通原子力発電所1号機における新規制基準への適合性審査申請
■スバル興業(9632)
 第1四半期決算を発表、通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

明日の材料 アコーディア・ゴルフ、健康コーポレーション、グローベルス、コネクトホールディングスなど

個別

■名村造船所(7014)
 佐世保重工業(7007)を株式交換により完全子会社化、名村造船所0.128株を割当
■ニッセンホールディングス(8248)
 5月度の単体売上高は前年同期比106.2%、内、インターネット経由は107.4%
■マネースクウェア・ジャパン(8728)
 持株会社体制へ以降、マネースクウェアHDへ

続きを読む>>

特報 アコーディア・ゴルフ 説明会で「レノ」が質問

個別 特報 連載

アコーディア(2131) 日足

5月12日の決算発表当日開催された、アナリスト向け決算説明会で、筆頭株主レノの代表・三浦恵美氏が質問に立ち、経営陣に詰め寄ったのである。

続きを読む>>

「JPX日経400」採用候補はこれだ! カルビー、ミネベアなど新たに浮上【日本証券新聞 5月21日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月21日

・売られ過ぎ反騰候補を探る 間もなく”5・23″1周年
・FIFAワールドカップ関連に着目 メディアGL 4大会連続で伝送装置採用
・ヤフーが一時14%高 イーアクセス買収中止を好感
・パラカ 見直し余地大 2Qは計画超過

続きを読む>>

特報 アコーディア・ゴルフ 配当は今期36円に大幅減 ゴルフ場流動化の影響は

個別 特報 連載

5月9日、アコーディア・ゴルフ(2131)が2014年3月期決算を公表した。結果は売上高が前年比101.1%の919億円で営業利益は前年比8%減の122億円。当期純利益は23%減の46億円だった。

続きを読む>>

野村、日興、みずほ、三菱UFJ 相次ぐ「中間総括レポート」の着眼点【日本証券新聞 5月14日】

日本証券新聞

日本証券新聞 5月14日

・2年前のフェイスブックは… アリババ上場の余波を探る
・追い風強まる資源関連株 住友鉱 ニッケル高の恩恵満喫
・話題 注目度増すエナリス バイオディーゼル発電所を新設
・メディアドゥがS高 日本初の本格的電子図書館サービス開始へ

続きを読む>>

明日の材料 国際石油開発帝石、ディー・エヌ・エー、博報堂DYホールディングス、J-オイルミルズ、日本風力開発など

個別

■福山通運(9075)
 平成26年3月期決算、200万株を上限に自社株買い
■日立物流(9086)
 平成26年3月期決算を発表、今27年3月期は4.9%増収、19.1%営業増益を計画
■スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

巨象動く!GPIF新ベンチマーク選定 「JPX日経」など3指数構成銘柄再チェック【日本証券新聞 4月8日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月8日

・筍狩りに行こう 日東工器 月次販売は過去最高水準
・IMVが逆行高 振動試験の需要拡大
・遠のく「TOB価格」 どうした?アコーディア
・「高額レジャー」ニーズ緩まず? GWはネット経由で”海外”増加

続きを読む>>

増配予想の高利回り銘柄に照準 権利付き最終日は3月26日 【日本証券新聞 3月3日】

日本証券新聞

・サイバーダイン「超弩級」注目度 上場前説明会に市場関係者殺到
・年金改革の流れが伏線? 「信託銀行」姿勢に変化
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.32 公募増資
・好業績「駐車場」で明暗 日駐開発 再び高値指向

続きを読む>>

“セリング・クライマックスの様相”下げ幅今年最大!日経平均610円安 【NSJ日本証券新聞 2月5日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月6日

・高利回り株に3つの選別視点 大東建、グンゼなど狙い目
・ソフトバンク 株価反攻の緒に就く
・日証金が新ルール発表 消え行く?超高額逆日歩
・USEN 自律反発狙いの買い優勢 思惑膨らむ 宇野氏の取締役復帰
・メック 密着向上剤が成長 いちよし経研 目標株価引き上げ

続きを読む>>

特報 アコーディアの「経営戦略に関する検討状況」 レノ保有の株式買い取り資金が焦点

個別 特報 連載

アコーディア(2131) 週足

10月31日、アコーディア・ゴルフ(2131)が2014年3月期の中間決算を発表した。
売上高、営業利益、経常利益までは前年同期を上回ったものの、純益は下回った。福島県内のコースに係る、原発被害に対する受け取り保証金や負ののれんが前期は特別利益に計上されていたのだが、今期はそれがなくなったためだ。

続きを読む>>

自社株買い“積極派”企業に照準 「ROE新指数」も刺激要因に 【NSJ日本証券新聞 11月13日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月13日

・第一興商 エルダー市場向けが拡大中 5月高値射程圏
・アナリストには休みなし IIに「清き一票を!」
・ミマキエンジ 業績復活鮮明 「ファストファッション」向けも拡大中
・ジェネリック関連全面高 使用促進で政策支援も

続きを読む>>

明日の材料 システム・ロケーション、三洋貿易、ADワークス、CTC、京浜急行電鉄など

個別

■アコーディア・ゴルフ(2131)
 不二商事の子会社化を発表
■コロプラ(3668)
 通期売上高予想を15,000→16,700百万円へ、営業利益予想を4,500→5,700百万円へ増額修正
■フジミインコーポレーテッド(5384)
 第2四半期売上高予想を13,000→14,000百万円へ、営業利益予想を300→650百万円へ増額修正
■タツモ(6266)
 液晶カラーフィルター製造装置の大口受注、契約金額11.4億円
■関西電力(9503)
 第2四半期売上高予想を15,800→16,100億円へ、営業利益予想を△200→540億円へ増額修正

続きを読む>>

明日の材料 ダイヤモンドダイニング、ツルハホールディングス、日本ケミカルリサーチ、タカラバイオ、東邦チタニウム、ブイ・テクノロジー、サマンサタバサなど

個別

■ナノキャリア(4571)
 アルビオンと新たに育毛剤、乳液などの化粧品分野で共同開発契約
■日本精工(6471)
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正、中間・期末配当予想をそれぞれ6円→7円へ増額
■しまむら(8227)
 第2四半期決算、期末配当予想の修正(75円→80円)を発表
■FJネクスト(8935)
 10月22日をもって東証1部銘柄に指定、期末に記念配当3円を実施

続きを読む>>

明日の材料 アドウェイズ、パレモ、ジョルダン、日本ゼオン、MCJ、住友商事など

個別

■大陽日酸(4091)
 三菱ケミカルホールディングスと資本業務提携
■シーシーエス(6669)
 1対200の株式分割、1単元を100株に設定
■東洋埠頭(9351)
 第2四半期売上高予想を17,500→16,700百万円へ、営業利益予想を980→670百万円へ減額修正
■ビジネスブレイン太田昭和(9658)
 第2四半期業績予想の上方修正、中間・期末配当予想をそれぞれ1円増額(年間16円→18円)

続きを読む>>

特報 TOB騒動から半年 PGMとアコーディアの業績を徹底比較

個別 特報 連載

アコーディア・ゴルフ(2131) 週足

業界2位が業界1位に買収を仕掛けたTOB(株式公開買い付け)騒動から半年。8月8日、ゴルフ場2位のPGMホールディングス(2466)が、2013年12月期の中間決算を発表した。

続きを読む>>

減税メリット享受株は 首相、法人税減税「検討を指示」 【NSJ日本証券新聞 8月14日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月14日

・綜合社株 仕込み場 「インフラ輸出」で存在感も
・人気沸騰「半沢直樹」 ヤラレもいつかは倍返し!?
・化粧品株 出直り相場に始動
・ファッション性のある生活雑貨が人気「タイガーコペンハーゲン」効果が波及

続きを読む>>

引け際急騰・急落にブルベア投信の影 乱高下相場を読み解く 【NSJ日本証券新聞 8月12日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月12日

・ゴルフ関連の注目度増す 需要回復は用品メーカーにも波及
・NISAの恩恵、まだ先 証券増税で売られる株は!?
・竹中三佳の「株Catch one’s eye」 Part.11 夢のバッテリー材料
・新健康飲料「アーモンド・ミルク」日本初上陸 豆乳に次ぐヒットの予感?

続きを読む>>

明日の材料 大和ハウス、伊藤園、ローソン、ジェイアイエヌ、3Dマトリックス、吉野家など

個別

■共立印刷(7838)
 公募増資等で約17.2億円を調達

■ノダ(7879)
 第2四半期売上高予想を26,000→27,020百万円へ、営業利益予想を1,050→1,350百万円へ増額修正

■三光合成(7888)
 平成25年5月期決算を発表、今26年5月期は2.6%増収、7.2%営業増益を計画

続きを読む>>

景況感好転でゴルフ人口回復 株高効果も追い風に

セクター 個別

ゴルフダイジェスト(3319) 週足

春から夏へ向けて本格的なスポーツシーズンが到来するが、今年は景況感の回復から、高額なスポーツとして敬遠されてきたゴルフが再度人気化の兆しを見せている。ゴルフ人口が増加すれば、プレー料金のみならず、クラブやシューズなど、用品販売への波及効果も大きいだけに関連銘柄は注目できそうだ。

続きを読む>>

「時価総額1,000億円クラブ」候補 沸き立つバイオベンチャー相場 【NSJ日本証券新聞 5月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 5月1日

・トップインタビュー ブレインパッド 「ビッグデータ」分析の先行者利益享受へ
・昔懐かし「トリプルメリット」 為替離れの一段高を示唆!?
・景況感好転でゴルフ人口回復 株高効果も追い風に

続きを読む>>

明日の材料 テクノスジャパン、コロプラ、医学生物学、鈴茂器工、ミロクなど

個別

■一建設(3268):平成25年1月期決算を発表、今26年1月期は24.2%増収、20.7%営業増益を計画
■コロプラ(3668):役員持株会、従業員持株会の設立を発表
■日本化学(4092):特損から通期純利益予想を△1,400→△3,800百万円へ減額
■ファンケル(4921):持株会社体制への移行を検討
■イハラケミカル(4989):第1四半期決算を発表、前年同期比 9.3%増収、7.5%営業増益
■鈴茂器工(6405):1対1.2の株式分割を発表

続きを読む>>

明日の材料 カカクコム、エムスリー、モブキャスト、ソニーなど

個別

■カカクコム(2371):1対2の株式分割を発表
■エムスリー(2413):未定としていた期末配当予想を1,200円(普通1,000円、記念200円)にすると発表
■アステラス製薬(4503):催眠鎮静剤「ドルミカム」適応追加申請を発表
■ソニー(6758):保有するエムスリー株の一部95,000株を譲渡

続きを読む>>

個別銘柄動向 協和エクシオ、アルフレッサ、テクマトリックス、ステラケミファなど

個別

■タムロン(7740) 2,320円〔-276円、-10.63%〕
UBS証券が投資判断を「Neutral」へ引き下げ

■バンダイナムコ(7832) 1,400円〔+94円、+7.20%〕
上方修正、増配を発表

続きを読む>>

特報 アコーディアTOB問題 旧村上F系「レノ社」が突如の参戦 エフィッシモも買い付けか

個別 特報 連載

アコーディア(2131) 日足1年 MA(25-75)

新年最初の記事は別のテーマを考えていたのだが、年明け早々TOB(株式公開買い付け)期間中のアコーディア(2131)に、村上系ファンドと言われるレノが株付けしていることが判明したので、新年最初はアコーディアでいくことにする。

続きを読む>>

「岡三円安メリット株指数」に着目 【NSJ日本証券新聞(1月09日付け)】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月09日付け

・「岡三円安メリット株指数」に着目
・新興指数 リーマン・ショック後のボックス相場から抜け出す

続きを読む>>

特報 続!アコーディアTOB闘争 効果的な策を打ち出せるかがカギ

個別 特報 連載

11月15日のTOB(株式公開買い付け)開始宣言からちょうど10営業日目にあたる12月3日、アコーディア・ゴルフ(2131)が、PGMホールディングス(2466)によるTOBに対し、反対の意見表明を行った。 同日16時か…

続きを読む>>

NSJ日本証券新聞 12月05日付け

日本証券新聞

・「2013年展望」相場の読み方 ”年末の風物詩”続々発行へ ・旅行関連が上昇基調 寿スピリッツ、スカイマークなど ・野村フォーラムが開幕 人選に”新政権シフト”? ・ブックビル大作戦 シュッピン「積極姿勢」 パンチ工業…

続きを読む>>