1963

概況/寄付き 東京市場は反落、全面安スタート。NYダウの5日続落と円高を警戒

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は16,788.49円の320.21円安、TOPIXは1,354.03の22.57ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが850万株、買いは1,340万株。

続きを読む>>

概況/寄付き 欧米株安も、東京市場は反発スタート。石油関連やタイヤメーカー等が高い

概況

9時12分時点の日経平均は16,946.01円の150.05円高、TOPIXは1,368.67の10.69ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,310万株、買いは1,140万株。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日本道路、東芝、日揮

テクニカル 個別

日本道路(1884) 月足

2006年高値440円を上回った後の調整も450円までの揺り戻しにとどまり、上昇トレンドの継続を示唆する動きとみてよい。一目均衡表では転換線上を維持しながら高値トライをうかがう動きだ。

続きを読む>>

原動力はガバナンス改革 2015年「2万円奪回への道」【日本証券新聞 12月30日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月30日

・日経平均、一時293円安 「エボラ疑い」で見送り
・電通 連日の高値 海外展開加速を評価
・筍狩りに行こう 三菱重工 航空宇宙で2大イベント
・ビーロット 2万円到達で公募比10倍高

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日揮、ペッパーフードサービス、大阪工機、エイチームなど

個別

■パナソニック(6752) 1,446円〔-17円、-1.16%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き下げ
■日本航空(9201) 3,775円〔-110円、-2.83%〕
 UBSが投資判断を引き下げ
■加藤産業(9869) 2,163円〔-89円、-3.95%〕
 野村証券が投資判斷を引き下げ

続きを読む>>

2014年の勝ち組&負け組銘柄は 評価の分岐は「海外比率」と「ROE」【日本証券新聞 12月10日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月10日

・JPX日経400 来年6兆円流入も 銘柄入れ替え視野に
・”IPOラッシュ”直前 軽量案件多く堅調予想 2部案件にも目配せ
・平野憲一の相場表街道/裏街道 カナモト 来年も出世株になる背景が
・上組 押し目買い候補 ”港湾”再開発で存在感増す

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株安から東京市場はマイナススタート。鉱業、証券、ガラス土石、機械などが下落率上位

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は17,840.26円の95.38円安、TOPIXは1,438.61の8.97ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが940万株、買いは930万株。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日本海洋掘削、日揮、綜合臨床ホールディングス、日本アコモデーションファンド投資法人など

個別

■ナ・デックス(7435) 733円〔+0円、+0.00%〕
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■東京急行電鉄(9005) 707円〔+6円、+0.86%〕
 SMBC日興証券が投資判断を引き上げ
■キユーソー流通システム(9369) 1,427円〔+101円、+7.62%〕
 東海東京調査センターがレーティングを引き下げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反発スタート、月末のお化粧買いも期待。原油安から空運や海運が高い、不動産も反発

概況

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は17,376.65円の128.15円高、TOPIXは1,402.89の10.99ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが620万株、買いは850万株。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は反落。経済対策期待で建設株が上昇し、水素関連も物色対象に

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,288.75円の55.31円安、TOPIXは1,396.54の1.66ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は689、値下がり銘柄数は1,010。出来高は27億6,657万株、売買代金は2兆5,939億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日揮、プラップジャパン、エスプール、ブリヂストンなど

個別

■損保ジャパン日本興亜ホールデ(8630) 2,953円〔-14円、-0.47%〕
 第2四半期決算、通期利益予想の上方修正を発表
■東京海上ホールディングス(8766) 3,868円〔+164円、+4.41%〕
 13時20分に決算、増配、自社株買いを発表
■テーオー小笠原(9812) 666円〔+39円、+6.22%〕
 株主優待制度の新設を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 戸田建設(、日揮、明治ホールディングス、あいホールディングスなど

個別

■トミタ(8147) 660円〔+100円、+17.86%〕
 場中に上方修正を発表
■中国電力(9504) 1,531円〔+14円、+0.92%〕
 JPモルガンが投資判断を引き下げ
■ソフトバンク(9984) 8,020円〔+131円、+1.66%〕
 野村証券が目標株価を引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) ショーボンドホールディングス、松井建設、日揮、太平電業など

個別

■百十四銀行(8386) 376円〔+26円、+7.43%〕
 自社株買いを発表
■中部電力(9502) 1,407円〔-3円、-0.21%〕
 野村証券が投資判断を「Reduce」へ引き下げ
■北陸電力(9505) 1,542円〔+12円、+0.78%〕
 JPモルガンが投資判断を引き下げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 米国株高から、東証も反発しほぼ全面高。その他金融や非鉄など幅広く上昇

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,042.09円の263.72円高、TOPIXは1,244.47の16.21ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが520万株、買いは680万株。

続きを読む>>

収益増額の有力候補 「進捗率」改善銘柄に注目【日本証券新聞 8月5日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月5日

・日銀ETF買いに”新法則” 米国株急落が出動のサイン?
・筍狩りに行こう 日特エンジ 第1四半期が相場転機を示唆
・スマホゲーム関連人気 売買代金上位にズラリと勢ぞろい
・京写 上放れに付く LED照明需要拡大、自動車の電装化など追い風

続きを読む>>

概況/前引け 堅調推移も、上値も重い。証券株や銀行株が冴えない

概況

日経平均 日足日経平均 日足

前引けの日経平均は15,405.16円の55.74円高、TOPIXは1,269.74の0.82ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,016、値下がり銘柄数は626。出来高は10億16万株、売買代金は8,606億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日揮、アミタホールディングス、ピーエスシー、エイチームなど

個別

■J-TEC(7774) 1,897円〔+23円、+1.23%〕
 「医療機器・サービス国際化推進事業」プロジェクト採択
■スリー・ディー・マトリックス(7777) 4,670円〔+180円、+4.01%〕
 「心筋組織再生」に関する特許取得
■アーク(7873) 283円〔+78円、+38.05%〕
 オリックスが買収との報道

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日揮、ムゲンエステート、ケー・エフ・シー、日本新薬など

個別

■いすゞ自動車(7202) 689円〔+18円、+2.68%〕
 JPモルガンが新規「Overweight」
■日野自動車(7205) 1,375円〔-26円、-1.86%〕
 JPモルガンが新規「Neutral」
■ジャパン・ホテ・リートト投資法人(8985) 51,000円〔+300円、+0.59%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が新規「Outperform」

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 清水建設、日揮、江崎グリコ、エムアップなど

個別

■日本金銭機械(6418) 1,753円〔-72円、-3.95%〕
 カジノ法案見送り報道が重しに
■ヒーハイスト精工(6433) 273円〔+68円、+33.17%〕
 ロボット関連として物色
■第一生命保険(8750) 1,497円〔-2円、-0.13%〕
 プロテクティブ社の買収で、UBS、シティグループは目標株価引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) マルハニチロ、ミクシィ、フィスコ、UMNファーマなど

個別

■ウエスコホールディングス(6091) 220円〔+21円、+10.55%〕
 上方修正を発表
■長野計器(7715) 684円〔+44円、+6.88%〕
 遅延していた平成26年3月期決算を発表
■アインファーマシーズ(9627) 4,655円〔+5円、+0.11%〕
 野村証券が目標株価を5,600円に引き下げ

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は小幅反落も、TOPIXは小幅ながら続伸。不動産やノンバンクが続伸。経営統合報道でKADOKAWA、ドワンゴが大幅高

概況

TOPIX 日足

大引けの日経平均は14,405.76円の19.68円安、TOPIXは1,183.15の4.80ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,024、値下がり銘柄数は644。出来高は19億2,641万株、売買代金は1兆7,097億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 三機工業、日揮、GCAサヴィアン、グリーなど

個別

■プラネックス(6784) 465円〔-100円、-17.70%〕
 下方修正、無配、株主優待の中止
■ニコン(7731) 1,557円〔-76円、-4.65%〕
 平成26年3月期決算を発表
■NTT(9432) 5,868円〔+117円、+2.03%〕
 決算、自社株買い等を発表。SMBC日興証券では目標株価を引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は後場に入り失速で、小幅反落。ノンバンクが買われたものの、不動産や建設は冴えず

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,512.38円の3.89円安、TOPIXは1,171.40の1.97ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は664、値下がり銘柄数は970。出来高は17億7,902万株、売買代金は1兆3,074億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日記、ヤクルト、ゲンダイエージェンシー、リソー教育、リオンなど

個別

■セイノーホールディングス(9076) 1,034円〔+47円、+4.76%〕
 バークレイズが投資判断を引き上げ
■日本通信(9424) 471円〔-14円、-2.89%〕
 信用規制が強化、5日ぶりに反落
■GMOインターネット(9449) 886円〔-38円、-4.11%〕
 野村証券が「Buy」継続も、目標株価を引き下げ

続きを読む>>

エネルギー関連株を再チェック 米LNGの輸出具体化で再注目

セクター 個別

日揮(1963) 週足

米国における「シェール革命」は、天然ガスの生産量を急増させている。これに伴い、LNG(液化天然ガス)の輸出計画も進展、LNG生産設備や専用タンカーの構造などに携わってきた日本企業にとって、活躍の場が一段と増えることになる。

続きを読む>>

日経平均一時1万5000円台乗せ 円安進展で「リスク・オン」鮮明に【日本証券新聞 4月3日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月3日

・季節外れの日経平均入れ替え 波乱くぐったマルハニチロ
・「労働力不足」 注目度増す求人広告関連 家庭生活支援サービス関連にも追い風
・4月相場で出番! 新興バイオ関連株が動意
・スクリーン 500円台回復 バークレイズが高評価

続きを読む>>

速する医療サービスの海外展開 ライフスタイルの変化で新興国ニーズ高まる

セクター 個別

日揮(1963) 週足

日本の高度な医療サービスを海外で展開する動きが活発化している。東アジアを中心に新興国で経済が急速に発展する中で、ライフスタイルの変化に伴うさまざまな疾病に対する治療ニーズが高まっている。このような中で関連企業のビジネスチャンスも広がりそうだ。

続きを読む>>

不動産株人気に「3つの要因」 流れの先を読めば、金融にも出番【日本証券新聞 3月6日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月6日

・国家戦略特区構想が進展 新潟市、福岡市も有力候補に 土地持ち企業の新潟交通 注目浴びる公算
・新日鉄よ、お前もか… 社外取締役は時代の流れ
・ユーグレナ、ジェット燃料で着火 4ケタ攻防の行方注目
・豪雪特需で「靴」見直し チヨダに上ブレ余地発生 ABCマートは急反発

続きを読む>>

電力小売り全面自由化へ エナリスなど注目度上昇

セクター 個別

政府は28日、「電気の小売業への参入の全面自由化」を実施するために必要な措置を定める電気事業法改正案を閣議決定した。

続きを読む>>

加速するロシア外交 日本企業のビジネス展開に追い風

セクター 個別

日揮(1963) 週足

ロシアのラブロフ外相が21日の記者会見で、プーチン大統領が安倍晋三首相の招待を受け入れ、訪日する意向であると明らかにしたことが伝えられた。2月7日からロシアで開催されるソチ冬季オリンピックには、安倍首相も訪問する予定であり、両国の関係強化で、日本企業の現地での展開にも追い風が吹きそうだ。

続きを読む>>

日経平均1万5,000円攻防(一時458円安) どう読む急落相場 市場関係者に聞く 【NSJ日本証券新聞 1月28日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月28日

・銘柄一本勝負 ネクステージ 意欲的な中期経営計画 出店加速で営業利益2.5倍へ
・“スーパーボール理論”頑張れ!シーホークス
・エムスリー9連合 好決算受け上げ足加速
・カプコン 逆行高 新作「モンハン4G」今秋投入を発表 10周年でイベントも続々

続きを読む>>

2014年は承認申請ラッシュへ いちよし経済研究所 山崎清一主席研究員に聞く 【NSJ日本証券新聞 1月22日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月22日

・躍動目立つ個別材料株 三洋化成、アルプス電気、ドワンゴ
・コロプラ押し目買い 材料豊富で物色人気広がる
・東鉄工業 出遅れ修正高へ
・Dガレージ V字回復鮮明 ベンチャー投資の利益拡大

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は前場一時125円安も、後場は持ち直し。TOPIXはプラスで、値上がり銘柄数は1,300弱。不動産株や倉庫株が高い、商社が堅調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,734円46銭の12円74銭安、TOPIXは1,297.39の3.00ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,281、値下がり銘柄数は404。出来高は27億3,890万株、売買代金は2兆3,274億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日揮、アルフレッサホールディングス、MonotaRO、ドリコム、アグロカネショウなど

個別

■竹内製作所(6432) 2,737円〔+201円、+7.93%〕
 第3四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■NTN(6472) 485円〔+3円、+0.62%〕
 野村証券が目標株価を630円に引き上げ
■マニー(7730) 3,820円〔-65円、-1.67%〕
 いちよし経済研究所がフェアバリューを6,000円に引き上げ

続きを読む>>

昨年低迷銘柄の復活を読む アナリスト目標株価で選別 【NSJ日本証券新聞 1月14日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月14日

・1月14日から呼値単位縮小! 対象は「TOPIX100採用の株価3,000円超え銘柄」
・「一般口座」「特定口座」の差 納会まで続いた?節税売り
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.27 アクアコラーゲンゲル
・リフォーム関連、高値続々 各種施策で政府も後押し
・OSG 新展開入り鮮明 今期2ケタ増益評価

続きを読む>>

NISA元年 日経平均2万円への扉 大納会112円高の9連騰 【NSJ日本証券新聞 1月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月1日

・新春トップインタビュー 日本証券業協会会長 稲野和利氏に聞く
・新春スタートダッシュはエンジニアリング株
・話題の新指数、いよいよ登場 日本株ROE工場の切り札に
・2014年タイムテーブルの注目テーマ NISA・新指数で市場活性化、マイナンバー対応など特需連発
・真価問われる「午年相場」 「尻下がり」返上なるか

続きを読む>>

話題銘柄をテクニカルで斬る 日揮(1963)、昭和シェル石油(5002)

テクニカル 個別

日揮(1963) 月足

米ゴールドマン・サックス・グループは、11月20日、鉄鉱石や金、大豆、銅の価格が2014年に、少なくとも15%下落する可能性が高いとの予測を示した。今後、米国の経済成長が加速しても商品市場の下落リスクが高まるためとしていた。ジェフリー・カリー氏らゴールドマンのアナリストは、同行の「14年の市場テーマトップ10」と題したリポートで、鉄鉱石価格の下落リスクが最も高く、供給の増加リスクも高いと予想。下押し圧力の大半は14年後半に顕在化すると見通した。

続きを読む>>

モメンタム相場の物色対象を探せ 「年間の相場内容」を反映する12月 【NSJ日本証券新聞 12月3日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 12月3日

・銘柄一本勝負 ダイユーエイト 年末年始高の株価習性
・日産型か、板硝子型か… 「外国人社長」は好材料!?
・NISA関連人気 だいこう証券ビジネス連日の高値
・結婚式関連 株高や賃金上昇が追い風

続きを読む>>

安倍首相訪問でカンボジアと関係強化 日本企業の進出が加速

セクター 個別

日揮(1963) 週足

安倍首相が11月16日からカンボジアを訪問し、フン・セン首相と会談した。安全保障や経済面などでの協力をうたった共同声明を発表しており、両国の関係強化は現地へ進出する企業には追い風となりそうだ。

続きを読む>>

ソニー“2大材料”で評価急上昇 決算ショック後のマド埋め達成 【NSJ日本証券新聞 11月20日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 11月20日

・トップインタビュー テクノスジャパン 戦略子会社「TDSM」発足でビッグデータビジネス加速へ
・こっそり?ひっそり?野村証券 1万8,000円目標は来年末に
・IPO ANAP 初日値付かず
・CSS 連日の高値更新 「景気回復」「旅行需要拡大」「オリンピック」など切り口豊富

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 鹿島、ファンコミュニケーションズ、夢の街創造委員会、コメ兵、太陽誘電など

個別

■第一興商(7458) 2,946円〔+143円、+5.10%〕
 計画を上回り第2四半期決算、期末配当予想を引き上げ
■ニチハ(7943) 1,381円〔+44円、+3.29%〕
 14時に上方修正、増配を発表
■上組(9364) 905円〔+50円、+5.85%〕
 通期業績予想を上方修正

続きを読む>>

概況/前引け 一時持ち直しの動きも、再度マイナス方向に。トヨタは上方修正の発表も冴えず

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,265円34銭の71円97銭安、TOPIXは1,185.68の6.48ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は477、値下がり銘柄数は1,129。出来高は11億3,840万株、売買代金は8,254億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米雇用統計発表延期や米財務省からのデフォルト警告レポートでNYダウが売られ、日経平均も一時14,000円割れ。ただ、その後は下げ幅緩和

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,095円58銭の61円67銭安、TOPIXは1,166.92ポイントの7.07ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は344、値下がり銘柄数は1,307。出来高は12億9,005万株、売買代金は9,335億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 熊谷組、日揮、ネクソン、日本製紙、GSユアサ、イズミなど

個別

■ビーイング(4734) ストップ高買い気配
 上方修正、増配を発表したことが刺激材料
■住友ゴム工業(5110) 1,365円〔-77円、-5.34%〕
 ゴールドマン・サックスが「買い」→「中立」に引き下げ
■リンナイ(5947) 7,020円〔-320円、-4.36%〕
 ドイツ証券が投資判断を「Hold」へ引き下げ
■三菱地所(8802) 2,745円〔-69円、-2.45%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」に引き下げ

続きを読む>>

概況/寄り付き NYダウが15,000ドル台割れで、東証も広範囲に下落。ソフトバンクも反落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,310万株、買いは1,460万株でした。
9時15分時点の日経平均は14,051円48銭の104円77銭安、TOPIXは1,164.81の9.18ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は257、値下がり銘柄数は1,342。

続きを読む>>

概況/寄付き シリア懸念から米国株とドル下落、東証も全面安。石川製作や東京計器などの防衛関連は値上がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

9時15分時点の日経平均は13,253円53銭の288円84銭安、TOPIXは1,111.10の22.92ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は66、値下がり銘柄数は1,606。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日本海洋掘削、味の素、コロプラ、日本ガイシ、THKなど

個別

■日東工業(6651) 1,561円〔+58円、+3.86%〕
 いちよし経済研究が新規「A」
■スタンレー電気(6923) 1,882円〔+48円、+2.62%〕
 130万株、20億円を上限に自社株買い
■菱洋エレクトロ(8068) 804円〔+21円、+2.68%〕
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表

続きを読む>>

概況/大引け 7月の景気ウォッチャー調査は4ヵ月連続で低下。日経平均の下げ幅拡大で、円高も加速

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けのTOPIXは1,139.59の15.67ポイント安、日経平均は13,605.56円の219.38円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は300、値下がり銘柄数は1,341。出来高は23億3,338万株、売買代金は2兆1,481億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 清水建設、Oakキャピタル、THK、アニコムホールディングスなど

個別

■クレディセゾン(8253) 2,370円〔+16円、+0.68%〕
 第1四半期決算を発表、大和証券では「3」継続
■ゼビオ(8281) 2,368円〔+51円、+2.20%〕
 野村証券が目標株価を2,600円へ引き上げ
■SBIホールディングス(8473) 1,100円〔+2円、+0.18%〕
 13時30分に第1四半期決算を発表

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 日揮、ネクト、バリューコマース、東洋炭素、ネツレン、クボタなど

個別

■ダイキン工業(6367) 4,640円〔+185円、+4.15%〕
 UBS証券が投資判断を「Buy」に引き上げ、目標株価は6,000円
■日本シイエムケイ(6958) 309円〔-21円、-6.36%〕
 第1四半期決算を発表
■タカタ(7312) 2,401円〔+115円、+5.03%〕
 大和証券が投資判断を「3」→「2」に引き上げ

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) シーシーエス、アデランス、ゼビオ、サンドラッグなど

個別

■センコー(9069) 446円〔-10円、-2.19%〕
 バークレイズ・キャピタルが「オーバーウエイト」

■日立物流(9086) 1,527円〔-23円、-1.48%〕
 バークレイズ・キャピタルが目標株価を2,200円へ引き上げ

■サンドラッグ(9989) 3,705円〔-105円、-2.76%〕
 SMBC日興証券が投資判断を「1」に引き上げ

続きを読む>>

シェールガス革命で復活する日本とアメリカ 楽天証券 個人投資家向けセミナー 

セクター 個別

楽天証券は4月13日に東京証券取引所と共催で「シェールガス革命で復活するアメリカと日本」と題したセミナーを開催。シェールガスの概要、日本と米国のシェールガス関連銘柄などが語られた。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 日揮、サイバーエージェント、日本ガイシ、フジシールなど

個別

■フジシールインターナショナル(7864) 3,105円〔+166円、+5.65%〕
 海外事業の営業利益が2018年3月期に13年3月期比4倍近い水準に

■アシックス(7936) 1,662円〔-29円、-1.71%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「Neutral」へ引き下げ

■東北電力(9506) 1,266円〔-76円、-5.66%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を「Underperform」へ引き下げ

続きを読む>>

個別銘柄動向 日揮、カービュー、そーせい、キヤノン、ジャフコ、三井倉庫、ニチイ学館など

個別

■住友化学(4005) 330円〔+1円、+0.30%〕
 JPモルガン証券が新規「Overweight」

■そーせいグループ(4565) 5,100円〔+415円、+8.86%〕
 導出先のノバルティスが良好な臨床試験結果を公表

■カイオム・バイオサイエンス(4583) 14,700円〔+1,130円、+8.33%〕
 高親和性抗体獲得技術の確立と実用化成功を公表

■日本電産(6594) 6,890円〔+450円、+6.99%〕
 野村証券が目標株価を7,700円に引き上げ

続きを読む>>

指数、売買代金は5年ぶりの大復活 新興市場が強調展開 【NSJ日本証券新聞 4月19日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 4月19日

・ブラインドインタビュー 金、140ドル安の衝撃! インデックスファンドが悪役?
・調整係数解除銘柄に感心 勝負は「向こう1週間」!?
・「今日の勝負株」戦績表
・公共交通機関24時間運行で関心 重要度高まる鉄道の運行システム

続きを読む>>

決算発表シーズンの投資戦略 個別選別、サプライズを探る 【NSJ日本証券新聞 4月17日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 4月17日

・液状化対策関連など再注目 平成25年度予算成立にらみで
・より高く!より強く!! ライバル対決どこまでも…
・動意づくネット選挙関連 無料サービスの収益化狙う

続きを読む>>

個別銘柄動向 ウエストHD、ファンコミュニケーションズ、トヨタ、良品計画など

個別

■良品計画(7453) 9,060円〔+400円、+4.62%〕
 大和証券が目標株価を9,500円へ引き上げ

■テイツー(7610) 7,000円〔+1,000円、+16.67%〕
 平成25年2月期決算を発表

■スター精密(7718) 963円〔-19円、-1.93%〕
 立花証券では「やや強気」

続きを読む>>

物色人気シフトの季節  「PBR」から「PER」へ PER9倍のニッパツなど

セクター 個別

ニッパツ(5991) 日足

今月下旬にかけて本格化する3月期本決算発表を視野に、物色動向の変化を唱える声が生じている。「PBR(株価純資産倍率)からPERへ」の流れだ。

続きを読む>>

概況/寄り付き 日銀金融政策決定会合で失望売りとなるケースも警戒。全面安で、REITも安い。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

今朝の東京株式市場は続落して始まっていて、4月3日~4日の日銀金融政策決定会合を控え、失望売りとなるケースも警戒されているようです。

続きを読む>>

概況/前引け G20を控え、動きにくい。ジャフコやオリコやアコムなどのノンバンクが売られた。新日本科学は京都大学iPS細胞研究所と、動物試験で安全性や効果を確認する方法を検討で、ストップ高。

概況

TOPX 15分足 MA(25/75)

モスクワで15~16日に開催されるG20財務相・中央銀行総裁会議で、各国が通貨安競争に走らないように為替相場を動かす政策を避けることを表明すると報じられ、安倍政権の経済政策の「アベノミクス」の進め方に影響が出る可能性もあることから、本日の東京株式市場は小動きとなっています。

続きを読む>>

概況/前引け TOPIXは890.65ポイントの2.54ポイント高、日経平均は10,619円の19円高。日銀の金融政策期待で円安に戻ったが、株式市場の反発は鈍いことが失望された。ノンバンクや国土強靱化関連も安い。

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

円相場は1月14日の1ドル=89円67銭が円安のピークとなり、1月15日に甘利経済再生担当相が「過度な円安は輸入物価に跳ね返ってくる。国民生活にマイナスの影響も出てくる」と発言し、16日には石破自民党幹事長も「輸出産業は1ドル=100円がいいというところもあるが、例えば農業で燃料や肥料、餌代などが高騰するため、産業によっては円安が好ましくないところもある」と述べたために、1月16日には円高に巻き返し、1ドル=87円79銭まで円高に巻き戻しました。

続きを読む>>

MRJの関心再度高まる スカイウエストが100機追加 ナブテスコ、東レ、住友精密など

セクター 個別

三菱重工(7011) 日足

三菱重工業(7011)が三菱航空機を通じて開発が進められている三菱リージョナルジェット(MRJ)に再び大型受注が舞い込んできた。日本の技術力の高さが評価されている証左であり、再び関連企業をチェックしておきたいところだ。 …

続きを読む>>