1822

TOPIX先物手口に異変 海外長期資金出動か【日本証券新聞 3月2日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月2日

・ソニー5連騰 「4000円目標」の声
・国内機関投資家の買い余力に関心 出遅れ内需株に活躍期待
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.78 タクシー呼出
・ネクソン 戻りに弾み 新作ゲーム過去最多に

続きを読む>>

証券株「復活への道」 みずほ、GSが判断引き上げ【日本証券新聞 2月25日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月25日

・NASDAQ98%戻し 出でよ”日本のアップル”
・3月IPO 07年以来の高水準 ハウスドゥ 古田敦也氏が大株主
・富士フイルム 3カ月ぶり高値更新 株主還元策を再評価
・平野憲一の相場表街道/裏街道 オリジン電気 労働力不足を補う

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は続伸、TOPIXは1,500ポイント台乗せ。ただ、過熱警戒やユーロ圏財務相会合を控え上値抑制

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,332.30円の67.51円高、TOPIXは1,500.33の5.40ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は994、値下がり銘柄数は721。出来高は24億615万株、売買代金は2兆3,779億円。

続きを読む>>

日銀+公的年金+かんぽ生命 「信託銀行」主導で買われる株は【日本証券新聞 2月17日】

日本証券新聞

日本証券新聞 2月17日

・「自動運転」関連が人気 JVCケンウッド、3年ぶり高値
・筍狩りに行こう 木村化工機 各部門とも受注が急回復
・総合商社株 出遅れ修正高に期待
・ムゲンエステート 新展開入り 首都圏の中古不動産再販事業好調

続きを読む>>

年内終了?買い入れ目標にほぼ到達 「日銀ETF買い」の先を読む【日本証券新聞 12月12日】

日本証券新聞

日本証券新聞 12月12日

・積水ハウス 逆行高 14カ月ぶり一戸建て受注プラス転換
・上場ラッシュ初日 4社そろって好人気 GMO TECH 2.3倍高発進
・ダイナムジャパンホールディングス 4-9月期は営業増益を確保
・トミタ電機 S高 18年ぶり営業利益以下すべて黒字へ

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反発、原油価格の下落が支援。空運と海運が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,459.85円の211.35円高、TOPIXは1,410.34の18.44ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,390、値下がり銘柄数は345。出来高は23億2,909万株、売買代金は2兆2,815億円。

続きを読む>>

業績上方修正が相次ぐ 電鉄株は選別対象に 大きい訪日客増加の効果【日本証券新聞 11月6日】

日本証券新聞

日本証券新聞 11月6日

・週末7日は”下落特異日” 直近35年で勝率1割
・米国株投資「普及への道」 マネックス証券・佐藤歩執行役員に聞く
・「MSCI」3社予想は 実施日は25日引け
・REIT新規上場 日本ヘルスケア投資法人 48%高で好スタート

続きを読む>>

明日の材料 マルハニチロ、ホクト、大豊建設、奥村組、NIPPO、アルフレッサホールディングスなど

個別

■青山商事(8219):通期業績予想を下方修正
■第三銀行(8529):第2四半期業績予想を上方修正
■東京放送ホールディングス(9401):第2四半期及び通期業績予想を修正
■ソフトバンク(9984):第2四半期決算を発表、前年同期比57.9%増収、19.1%営業減益

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は全面安。FOMC議事録による米国株上昇を前場好感も、ドル高警戒による円高が嫌気。建設、金属、電機、機械などが安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,478.93円の117.05円安、TOPIXは1,260.78の14.07ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は165、値下がり銘柄数は1,611。出来高は22億7,056万株、売買代金は2兆1,112億円。

続きを読む>>

概況/前引け 円安進行から、日経平均は年初来高値を更新。機械、金属、保険など広範囲に値上がり

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は16,301.08円の233.51円高、TOPIXは1,330.39の12.48ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,239、値下がり銘柄数は408。出来高は12億1,221万株、売買代金は1兆2,430億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は続伸、104.80円台の円安を好感。証券やその他金融、不動産、電機などが高い。マザーズ指数は1.98%安

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,668.60円の192.00円高、TOPIXは1,297.00の13.94ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,245、値下がり銘柄数は467。出来高は24億4,232万株、売買代金は1兆9,744億円。

続きを読む>>

「9月相場」諸説渦巻く 16日のアリババ米国上場がポイントに【日本証券新聞 9月2日】

日本証券新聞

・サイバーの次はワイヤレスか 東証1部は「予告付き」
・サン電子がS高 全米パトカーに製品搭載の可能性
・筍狩りに行こう ジャムコ 今期営業益44%増に増額
・トリケミカル研究所 3月高値を更新 上方修正でPER急降下

続きを読む>>

概況/前引け 円安一服で、東京市場は冴えない。不動産や鉄鋼などが安く、建設はまちまち

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,453.75円の81.07円安、TOPIXは1,279.08の6.84ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は498、値下がり銘柄数は1,137。出来高は10億3,024万株、売買代金は7,675億円。

続きを読む>>

海外企業の完全子会社化候補続々 中外薬S高に続くか【日本証券新聞 8月19日】

日本証券新聞

日本証券新聞 8月19日

・クラウドソーシング関連に注目 リアルワールド
・筍狩りに行こう 東洋テック 大阪カジノ関連の惑星
・建設株の人気拡大 リニア着工、品川開発など現実評価へ
・建設周辺株が人気 カナモト、西尾レント、連日の上場来高値

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は6日続伸。ただ、薄商い継続、地政学リスクやFRB議長講演を控え動き難い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,322.60円の4.26円高、TOPIXは1,271.26の0.58ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,026、値下がり銘柄数は636。出来高は15億5,242万株、売買代金は1兆3,612億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は小幅もみ合い。FRB議長講演を控え動きにくい

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,329.56円の11.22円高、TOPIXは1,271.41の0.73ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,167、値上がり銘柄数は521。出来高は8億553万株、売買代金は6,902億円。

続きを読む>>

概況/大引け お盆休みや週末要因で薄商い、日経平均は上下51円程度。建設株が反落で、不動産が上昇

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,318.34円の3.77円高、TOPIXは1,270.68の0.18ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は948、値下がり銘柄数は695。出来高は15億7,937万株、売買代金は1兆3,921億円。

続きを読む>>

概況/大引け 欧米株高で、日経平均は4日続伸。ただ、25日線で上値抑制。建設株が人気

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,314.57円の100.94円高、TOPIXは1,270.50の8.37ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,246、値下がり銘柄数は444。出来高は18億3,783万株、売買代金は1兆5,702億円。

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株高で、東京市場も堅調。ただ、25日線が上値抑制

概況

日経平均 週足

前引けの日経平均は15,304.64円の90.99円高、TOPIXは1,268.25の6.12ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,164、値下がり銘柄数は490。出来高は9億6,519万株、売買代金は7,722億円。

続きを読む>>

明日の材料 ショーボンドホールディングス、大豊建設、第一屋製パン、SFoods、石原産業など

個別

■MUTOHホールディングス(7999)
 第1四半期決算を発表、前年同期比10.2%増収、105.6%営業増益
■上組(9364)
 第1四半期決算を発表、前年同期比2.3%増収、2.8%営業増益
■アサツーディ・ケイ(9747)
 第2四半期業績予想を上方修正

続きを読む>>

10年ぶり首相訪問 「メキシコ」は話題豊富 TPP進展で関連株に出番【日本証券新聞 7月29日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月29日

・カジノ関連が一斉高 次期国会で法案成立濃厚に
・「マザーズ10年ルール」適用結果 「卒業」8銘柄、「残留」6銘柄
・筍狩りに行こう マックス 第1四半期は好調推移、割安感が顕著
・「iPhone6」関連 再チェック ファナックの利益急増に貢献

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 新興株と建設株が人気

個別 概況

ラック(3857) 日足

全体の日経平均は、1万5,500円どころを上限としたもちあい相場が継続中だが、個別では、本格化してきた四半期決算やテーマ性などでの選別色が濃くなっている。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大豊建設、メガネスーパー、テックファーム、日立化成など

個別

■PALTEK(7587) 556円〔+19円、+3.54%〕
 上方修正を発表
■りそなホールディングス(8308) 601円〔+23円、+3.96%〕
 公的資金一部返済へ
■NTTドコモ(9437) 1,855円〔+40円、+2.18%〕
 野村証券が投資判断を引き上げ

続きを読む>>

概況/前引け NYダウは最高値更新だが、円高警戒で東証は上げ幅縮小。最近人気の材料株も値下がり

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,409.35円の30.05円高、TOPIXは1,277.14の3.55ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は953、値下がり銘柄数は641。出来高は11億536万株、売買代金は8,270億円。

続きを読む>>

「決算発表の季節」到来 真贋分ける試練の四半期【日本証券新聞 7月14日】

日本証券新聞

日本証券新聞 7月14日

・ついに陥落「25日線」 今度は、いち早い奪回を
・「好業績」「材料内包」の新興市場銘柄に照準
・竹中三佳の株Catch one’s eye Part.49 「ごちクル」
・トライステージ テレビ通販業者支援事業 新サービスを展開

続きを読む>>

概況/大引け 欧米株の下落で、東証も連れ安、5日続落。ただ、下値も限定的。その他金融や電気ガス、証券、鉄鋼などが軟調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,164.04円の52.43円安、TOPIXは1,255.19の4.06ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は550、値下がり銘柄数は1,140。出来高は21億2,738万株、売買代金は1兆8,489億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大豊建設、コシダカホールディングス、ジェイアイエヌ、鳥貴族、レイなど

個別

■三菱自動車工業(7211) 1,118円〔+14円、+1.27%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が新規「Outperform」
■本田技研工業(7267) 3,524円〔-49円、-1.37%〕
 フィットHVなどでリコール。野村証券では格下げ
■ファーストリテイリング(9983) 33,335円〔-170円、-0.51%〕
 第3四半期決算を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米株式下落し、東証もほぼ全面安。その他金融、保険、海運、鉄鋼などが安い

概況

日経平均 週足

9時10分時点の日経平均は15,235.24円の91.23円安、TOPIXは1,249.96の9.29ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが1,280万株、買いは720万株と3日連続の売り越し。

続きを読む>>

明日の材料 日鉄鉱業、奥村組、アサヒグループホールディングス、ゲオホールディングス、コメ兵など

個別

■日立物流(9086)
 通期利益予想を下方修正
■ワイヤレスゲート(9419)
 電通などと共同で「アキバWi-Fiシリンダー」を開発
■ワットマン(9927)
 通期利益予想を下方修正

続きを読む>>

大量保有報告書から 複数の機関投資家から選ばれし銘柄

個別 概況

表は3月27日-4月23日の間に提出された大量保有報告書で機関投資家による新規取得が明らかになった主な銘柄一覧。ここから機関投資家の買い付け動向を探ってみた。

続きを読む>>

会社側予想の”クセ”に着目 「一貫保守派」と「永遠の楽観主義」【日本証券新聞 4月22日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月22日

・時をかける「消費税」 巡り巡って香港危機も!?
・ノンバンク株が軒並み急騰 貸金規制の緩和報道が刺激
・筍狩りに行こう リオン 「増額」で足元好調を確認
・BS11 新展開入り迫る 広告収入が好調

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 トンネル工事銘柄が活躍へ 輸出系の一服場面も要注目

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

日経平均 日足

3月の3連休後から日経平均は、主力系がけん引役となって本格的に戻り、1万5,000円台回復を見通していたように一貫推奨の日立を中心にソニーなどの電機、自動車、金融株、不動産株などといったグループが5連騰、6連騰を見せて相場を押し上げてついに1万5,000円に乗せました。

続きを読む>>

概況/大引け 米雇用統計を控え、東証は足踏み。不動産とノンバンクは週明けの日銀金融政策決定会合への期待で続伸

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は15,063.77円の8.11円安、TOPIXは1,215.89の0.88ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は769、値下がり銘柄数は890。出来高は17億44万株、売買代金は1兆5,663億円。

続きを読む>>

地球温暖化で急がれる水害対策 亜熱帯化による降雨量増大への懸念高まる

セクター 個別

大豊建設(1822) 週足

環境省の研究プロジェクトチームが3月17日に地球温暖化による日本国内への中長期的な影響を公表した。

この研究プロジェクトチームがまとめた報告書によれば、世界全体の温室効果ガスの排出量が現状のペースで増加し続けると、国内の平均気温は今世紀末に3.5-6.4度上昇。

続きを読む>>

日銀ETFなど”3つの手掛かり” 今、見直す「JPX日経400」 鬼ゴム、アサヒHDなど【日本証券新聞 3月20日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月20日

・問われるアベノミクス ”TS倍率”危険水域に
・カイオム S高で目先高値払う 待望の「完全ヒトADLibシステム」構築成功 本格評価期に突入へ
・シヤッター関連株 業績視界良好 三和HD、文化シヤッター
・イーグル工業 出直り期待

続きを読む>>

概況/大引け 欧米株の上昇から、東証もほぼ全面高。ただ、プーチン大統領の演説や米FOMCを控え、様子見ムードも強く、薄商い

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は14,411.27円の133.60円高、TOPIXは1,165.94の11.01ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,582、値下がり銘柄数は155。出来高は17億1,862万株、売買代金は1兆6,765億円。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 ウクライナ情勢の一段下げは買い

概況

大豊建設(1822) 週足

日経平均は3分の2戻しを達成後、予想通り調整色を強める動きになりました。筆者は戻り相場のけん引役の値がさ系は敬遠し、低位系銘柄を拾うことをお勧めしました。しかし、低位系は不発に終わり、値がさ系とともに下落歩調を合わせるという状況になっています。上げは別、下げは一緒という最悪のパターンにはまる状況にあります。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) メディビック、帝人、山王、Jストリーム、ノリタケなど

概況

■ハイデイ日高(7611) 2,007円〔+12円、+0.60%〕
 12期連続の最高益との日経報道
■オービス(7827) 342円〔-30円、-8.06%〕
 第1四半期決算を発表
■カプコン(9697) 1,937円〔+33円、+1.73%〕
 ゴールドマン・サックスでは「買い」継続
■スズケン(9987) 3,845円〔+5円、+0.13%〕
 期末配当予想を25円→29円へ引き上げ

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反発スタート。昨日売られた不動産や保険もシッカリ

概況

日経平均 週足

昨日は反落していた不動産株や保険株も反発。インドで販売好調と伝えられたホンダ(7267)や、株式分割でNISAによる買付け期待の日本電産(6594)、公共投資関連の人気が波及した太平洋セメント(5233)などが上昇。

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、大豊建設、学情、MonotaRO、APカンパニー、ケンコーコムなど

個別

■トランザクション(7818)
 3月17日をもって東証2部へ市場変更
■菱洋エレクトロ(8068)
 平成26年1月期決算を発表、今27年1月期は7.3%増収、33.2%営業増益を計画
■大分銀行(8392)
 400万株の自己株式を消却

続きを読む>>

概況/大引け 週明けの東京市場は反落、配当課税強化報道や中国の輸出減少、10-12月期GDPの下方修正も重し。建設株はシッカリ

概況

日経平均 日足

大引けの日経平均は15,120.14円の153.93円安、TOPIXは1,227.61の9.36ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は550、値下がり銘柄数は1,089。出来高は18億7,737万株、売買代金は1兆7,523億円。

続きを読む>>

「売り残」が切り口に 不二越、ANAなど注目

個別 概況

不二越(6474) 週足

年初から不安定な相場展開が続く中、信用残の動向が関心を集めつつある。
たとえば、先の大幅下方修正ショックを受けた任天堂(7974)の値動き。発表直後の20日寄り後、-2,710円まで売られながら、結局、終値では-900円にとどまり、その後も戻りを試す展開となっているが、意外な抵抗力を発揮した背景に、「売り方の買い戻し」の動きも指摘されている。

続きを読む>>

概況/大引け 米国株の下落で、東証は続落。業種別では値上がりは空運と情報通信、医薬品のみ

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,814円37銭の94円51銭安、TOPIXは1,283.25の8.90ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は451、値下がり銘柄数は1,219。出来高は27億1,017万株、売買代金は2兆2,097億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の下落で東証続落。藤倉ゴムは反落も、古河電池がストップ高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,827円80銭の81円08銭安、TOPIXは1,284.06の8.09ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は486、値下がり銘柄数は1,147。出来高は15億214万株、売買代金は1兆1,401億円。

続きを読む>>

NISA元年 日経平均2万円への扉 大納会112円高の9連騰 【NSJ日本証券新聞 1月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 1月1日

・新春トップインタビュー 日本証券業協会会長 稲野和利氏に聞く
・新春スタートダッシュはエンジニアリング株
・話題の新指数、いよいよ登場 日本株ROE工場の切り札に
・2014年タイムテーブルの注目テーマ NISA・新指数で市場活性化、マイナンバー対応など特需連発
・真価問われる「午年相場」 「尻下がり」返上なるか

続きを読む>>

概況/大引け 2年連続で大納会に年間最高値を形成。日経平均は9営業日続伸でバブル崩壊後では最長タイ記録

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は16,291円31銭の112円37銭高、TOPIXは1,302.29の12.22ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,492、値下がり銘柄数は217。出来高は29億1,016万株、売買代金は2兆2,099億円。

続きを読む>>

概況/前引け 本日も上昇すると9営業日続伸となり、バブル崩壊後では最長タイ記録

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は16,240円39銭の61円45銭高、TOPIXは1,299.48の9.41ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,403、値下がり銘柄数は277。出来高は14億8,181万株、売買代金は1兆394億円。

続きを読む>>

概況/大引け 証券優遇税制廃止に伴う節税売りも本日が最後で、明日からの需給改善が期待。日経平均は6連騰で、16,000円台を回復

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は16,009円99銭の120円66銭高、TOPIXは1,258.18の0.63ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は755、値下がり銘柄数は870。出来高は25億7,068万株、売買代金は2兆869億円。

続きを読む>>

概況/前引け 証券優遇税制廃止による売りも今日までという見方から、日経平均は小幅高に。ソフトバンクは買収資金負担が警戒

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,953円24銭の63円91銭高、TOPIXは1,254.37の3.18ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は577、値下がり銘柄数は1,044。出来高は11億4,478万株、売買代金は9,383億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米株安や円安一服、SQ前を警戒し、東京市場は幅広い業種が値下がり。一方、低位の建設株が値上り

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,529円28銭の82円03銭安、TOPIXは1,251.56の4.77ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は479、値下がり銘柄数は1,119。出来高は11億5,254万株、売買代金は9,884億円。

続きを読む>>

概況/大引け 米雇用統計の改善でNYダウが反発し、円安も好感され、東証は広範囲に値上がり。エイチームは韓国NHNとの資本業務提携でストップ高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,650円21銭の350円35銭高、TOPIXは1,255.32の19.49ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,426、値下がり銘柄数は235。出来高は21億1,425万株、売買代金は1兆9,759億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 大豊建設、エイチーム、ヤフー、CKD、オンキヨーなど

個別

■光通信(9435) 8,020円〔+90円、+1.13%〕
 大和証券が新規「2」
■丹青社(9743) 695円〔+59円、+9.28%〕
 上方修正、増配を発表
■オートバックスセブン(9832) 1,603円〔+69円、+4.50%〕
 11月度の全店売上高は前年比9.0%増、既存店は7.2%増と久々の前年超え

続きを読む>>

明日の材料 大豊建設、クックパッド、ロック・フィールド、SUMCO、エイチーム、アジュバンコスメジャパンなど

個別

■参天製薬(4536)
 欧州でのドライアイ治療用点眼剤「Ikervis」の承認申請
■日置電機(6866)
 通期業績予想を下方修正
■ミロク(7983)
 通期業績予想を上方修正
■丹青社(9743)
 第3四半期決算、通期利益予想を上方修正、期末配当予想を引き上げ(6円→8円)

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの伸び悩みで東証は反落。ただ、建設が反発、新興市場ではLINE関連が高い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,511円43銭の107円70銭安、TOPIXは1,252.34の7.27ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は516、値下がり銘柄数は1,091。出来高は11億3,845万株、売買代金は1兆43億円。

続きを読む>>

概況/前引け イエレン次期FRB議長の証言原稿が金融緩和継続姿勢で、東証は買い優勢。土木株が高く、自動車株は揉み合い

概況

日経平均 日足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,771円48銭の204円32銭高、TOPIXは1,213.27の9.08ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,211、値下がり銘柄数は409。出来高は12億8,339万株、売買代金は9,742億円。

続きを読む>>

明日の材料 ショーボンドホールディングス、第一屋製パン、日本風力開発、グリムス、電通など

個別

■船井電機(6839)
 第2四半期決算、通期業績予想を上方修正
■浜松ホトニクス(6965)
 平成25年9月期決算を発表、今26年9月期は8.2%増収、7.9%営業増益を計画
■太陽誘電(6976)
 第2四半期決算、通期業績予想を下方修正
■アサツーDK(9747)
 第3四半期決算、通期予想を修正、自己株式消却

続きを読む>>

明日の材料 カルビー、比較.com、コムチュア、日本ケミファ、クボタ、NTN、日産など

個別

■セガサミーホールディングス(6460)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 18.8%増収、57.1%営業増益
■ミネベア(6479)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■スズキ(7269)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 11.7%増収、36.5%営業増益
■キヤノンMJ(8060)
 450万株、50億円を上限に自社株買い

続きを読む>>

概況/大引け NYダウの最高値を受け、自動車が高い。ただ、上値の重さも。ガンホーオンラインは7-9月期決算からストップ安

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,502円35銭の176円37銭高、TOPIXは1,204.50の11.00ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,067、値下がり銘柄数は598。出来高は34億8,076万株、売買代金は2兆7,213億円。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均はマイナス圏で上下動。コマツは下方修正で安く、熊谷組は信用規制から反落で、矢作建設は上方修正が好感

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,325円98銭の70円06銭安、TOPIXは1,193.50の4.86ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は566、値下がり銘柄数は1,071。出来高は29億316万株、売買代金は1兆8,741億円。

続きを読む>>

概況/前引け 朝方は171円安だったが、先物に買い戻しが入り下げ幅縮小。ドル円も持ち直し。フジクラは決算と自社株買いが好感

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,376円01銭の20円03銭安、TOPIXは1,197.64の0.72ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は628、値下がり銘柄数は962。出来高は14億9,270万株、売買代金は8,724億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は反落スタート。昨日賑わった大豊建設や熊谷組などの土木株も軟調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,380万株、買いは1,080万株でした。

9時15分時点の日経平均は14,238円21銭の157円83銭安、TOPIXは1,189.15の9.21ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は308、値下がり銘柄数は1,254。

続きを読む>>

概況/大引け ソフトバンクが落ち着きを見せ、円高進行も一服、上方修正への期待で広範囲に反発。土木株が急騰

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,396円04銭の307円85銭高、TOPIXは1,198.36の20.08ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,431、値下がり銘柄数は253。出来高は23億2,104万株、売買代金は1兆7,154億円。

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は広範囲に反発。スマートメーターの導入加速報道で、関連株が大幅高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,239円70銭の151円51銭高、TOPIXは1,189.18の10.90ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,187、値下がり銘柄数は431。出来高は10億3,301万株、 売買代金は7,463億円。

続きを読む>>

概況/大引け 延期されていた米雇用統計の発表を控え、様子見ムード

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,713円25銭の19円68銭高、TOPIXは1,214.44の2.08ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は998、値下がり銘柄数は592。出来高は21億7,247万株、売買代金は1兆4,826億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米雇用統計の発表を前に小動き。ソフトバンクは年初来高値更新

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,698円79銭の5円22銭高、TOPIXは1,213.11の0.75ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は906、値下がり銘柄数は666。出来高は11億7,906万株、売買代金は7,434億円。

続きを読む>>

概況/大引け 米国で債務不履行は回避も、暫定的措置なのでNYダウは2ドル安と評価が薄く、東証も揉み合い。不動産株が堅調

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,561円54銭の24円97銭安、TOPIXは1,205.52の0.73ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は826、値下がり銘柄数は769。出来高は20億5,939万株、売買代金は1兆6,078億円。

続きを読む>>

概況/前引け 朝方は米国株安で売られたが、低位の建設株が買われ、全体も下げ幅縮小。ヤフー、楽天が大幅安

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は13,843円01銭の10円31銭安、TOPIXは1,146.77ポイントの0.81ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は708、値下がり銘柄数は901。出来高は14億4,070万株、売買代金は9,303億円。

続きを読む>>

概況/大引け 米雇用統計発表延期や米財務省からのデフォルト警告レポートでNYダウが15,000ドル台割れ、日経平均も一時14,000円台割れ。ソフトバンクが安く、鉄建建設や大豊建設も下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,024円31銭の132円94銭安、TOPIXは1,163.82の10.17ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は348、値下がり銘柄数は1,336。出来高は23億6,976万株、売買代金は1兆8,592億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米雇用統計発表延期や米財務省からのデフォルト警告レポートでNYダウが売られ、日経平均も一時14,000円割れ。ただ、その後は下げ幅緩和

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,095円58銭の61円67銭安、TOPIXは1,166.92ポイントの7.07ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は344、値下がり銘柄数は1,307。出来高は12億9,005万株、売買代金は9,335億円。

続きを読む>>

概況/大引け 政府が消費増税に向けた経済対策で2015年度以降の法人税率引き下げ検討と報じられ、東京市場は持ち直し

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,799円12銭の178円59銭高、TOPIXは1,220.49の9.34ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,043、値下がり銘柄数は546。出来高は30億4,783万株、売買代金は2兆1,534億円。

続きを読む>>

概況/前引け NYダウの4日続落で東証も軟調。五輪関連の建設や不動産が安く、ノンバンクも値下がり

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,674円65銭の57円96銭安、TOPIXは1,207.98の6.89ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は402、値下がり銘柄数は1,247。出来高は16億8,511万株、売買代金は9,983億円。

続きを読む>>

概況/大引け 3連休を前に上値抑制。ただ、下値も堅く、小幅揉み合い。鉄建と大豊建設は信用規制で安いが、日本コンベヤが高く、空港ビルも堅調

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,742円42銭の23円76銭安、TOPIXは1,218.98の3.50ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は946、値下がり銘柄数は655、出来高は34億4,778万株、売買代金は2兆2,732億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き ここのところの上昇に加え、3連休を控え上値抑制。鉄建と大豊建設は信用規制で安い

概況

TOPIX 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,778円75銭の12円57銭高、TOPIXは1,218.23の2.75ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は857、値下がり銘柄数は740。出来高は19億9,949万株、売買代金は1兆1,345億円。

続きを読む>>

五輪相場(9-13日)で買われた株 東急建、浅沼組など中小建設株がズラリ上位占める

概況

東急建設(1720) 日足

2020年のオリンピック東京招致成功で活気づいた前週の東京株式市場。建設、不動産、電鉄など幅広い銘柄が物色されたが、実際、個別銘柄ではどうだったのか。前々週末9日終値を起点に、13日終値までの東証1部全銘柄を対象にした上昇率上位30銘柄が左の表だ。

続きを読む>>

概況/前引け サマーズ氏のFRB議長の候補辞退で米国株は買われたが、円高となり東証は揉み合い。FOMCを前に動き難い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,417円68銭の13円01銭高、TOPIXは1,189.88の4.60ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,214、値下がり銘柄数は437。出来高は19億212万株、売買代金は9,902億円。

続きを読む>>

概況/大引け 小幅安での揉み合い。不動産は値下がりしたが、建設株は底堅く、大豊工業はストップ高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,387円27銭の37円80銭安、TOPIXは1,184.36の4.89ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は713、値下がり銘柄数は894。出来高は25億9,539万株、売買代金は1兆7,449億円。

続きを読む>>

概況/大引け 低位の建設株が値上がり率上位を独占、東証1部の売買高は42.3億株

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は14,423円36銭の218円13銭高、TOPIXは1,190.22の17.22ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,310、値下がり銘柄数は352。出来高は42億3,075万株、売買代金は2兆4,412億円。

続きを読む>>

概況/前引け 建設株が値上がり率上位を独占。バルチック海運指数が2009年9月以来の高水準となり海運株も高い

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は14,356円56銭の151円33銭高、TOPIXは1,186.67の13.67ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,167、値下がり銘柄数は467。出来高は21億8,263万株、売買代金は1兆2,006億円。

続きを読む>>

急がれる「水害対策」強化 土砂崩れ防止や河川の整備など

セクター 個別

大豊建設(1822) 日足

大気の状態が不安定となり新潟県を中心に記録的な豪雨を観測。土砂崩れで民家が倒壊するなど甚大な被害をもたらした。この数年、地球温暖化による影響などで、台風や集中豪雨による被害が多発しており、あらためて水害対策の強化が必要となってきそうだ。

続きを読む>>

想定外の好決算銘柄に人気集中 選別物色強まる 【NSJ日本証券新聞 8月1日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 8月1日

・ブラインドインタビュー TPPで集落崩壊が加速? 政府補助金が離農者創出
・足利銀行 再上場へ
・内需高業績株を再チェック グリコ、OLCなど注目
・注目の英中銀・欧州中銀政策会合 景気悪化に一息も

続きを読む>>

深刻化するゲリラ豪雨 水害対策・予報銘柄に照準 ライト工業、大豊建設、ウエザーニューズなど

セクター 個別

ウェザーニューズ(4825) 週足

発達した低気圧が通過した影響で、4月6日から7日にかけて各地で豪雨となり、浸水や河川のはんらんなど被害が多発、北海道や三重県、長崎県では死傷者が出るなど深刻な状況となっている。

続きを読む>>

概況/大引け TOPIXは781.60ポイントの2.10ポイント高、日経平均は9,423円の34円高。ユーロ圏財務相会合でギリシャの債務削減と融資再開が合意されたが、持続的なユーロ高を促す決定打とはなりにくいという見方も。安倍自民党総裁が金融政策でインフレ期待を高めるには時間がかかる。必要な財政政策を行っていくと述べ、建設株が値上がり。

概況

日経平均 15分足 MA(25)、MA(75)

大引けのTOPIXは781.60ポイントの2.10ポイント高、日経平均は9,423円の34円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,104、値下がり銘柄数は442。出来高は19億8,897万株、売買代金は1兆2,299億円…

続きを読む>>