1711

特報 ライツオファリング発行規制の効果てきめん

特報 連載

ライツ・オファリングの実施事例

2月16日からサイバーステップ(3810・東マ)の新株予約権の取引が始まった。最終売買日は4月3日だ。
昨年秋、債務超過会社と2期連続の経常赤字会社はライツオファリングの発行が出来ないという規制が入ったわけだが、その効果はてきめん、発行は激減。今年は1月13日公表のサイバーステップ以降に事例はない。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反落、ギリシャ不安が再燃。原油価格の反落から資源関連が安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,504.62円の174.12円安、TOPIXは1,410.11の6.89ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は570、値下がり銘柄数は1,174。出来高は26億4,540万株、売買代金は2兆8,515億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 省電舎、NIPPO、テクノ菱和、グンゼ、MonotaRO、東レなど

個別

■キヤノン(7751) 3,668円〔-41円、-1.11%〕
 バークレイズが投資判断を引き下げ
■横浜銀行(8332) 673円〔+26円、+4.05%〕
 上方修正、増配、自己株式の取得・消却
■テレビ朝日ホールディングス(9409) 1,692円〔-151円、-8.19%〕
 第3四半期決算、下方修正を発表

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、青木あすなろ建設、NIPPO、伊藤ハム、ツクイ、キャリアデザインセンターなど

個別

■スカパーJSATホールディングス(9412):第3四半期決算、通期業績予想を上方修正
■スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684):第3四半期決算を発表、前年同期比16.0%増収、89.6%営業増益
■日本空港ビルデング(9706):第3四半期決算を発表、前年同期比15.7%増収、55.1%営業増益

続きを読む>>

特報 サイバーステップがライツオファリング 発行規制導入後2件目の事例に

特報 連載

サイバーS(3810) 日足

調達資金はゲームの開発費用など 1月9日の取引終了後、サイバーステップ(3810・東マ)が、ライツオファリングの実施を公表した。 サイバーステップはPCオンラインゲームの大手で、自社開発したゲームをオンラインゲームサイト…

続きを読む>>

明日の材料 日本アクア、省電舎、ミクシィ、日本マニュファクチャリングサービス、ひらまつ、マツモトキヨシホールディングスなど

個別

■CYBERDYNE(7779):第2四半期決算、通期業績予想を下方修正
■三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306):第2四半期決算、増配、1,000億円を上限に自社株買い
■ピー・シー・エー(9629):中小企業の海外進出を支援する新事業を開始

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、UBIC、SJI、ウェルネット、ひらまつ、オープンハウスなど

個別

■ライドオン・エクスプレス(6082):第1四半期決算を発表、前年同期比5.0%増収、0.4%営業増益
■CYBERDYNE(7779):第1四半期決算を発表、営業利益は△319百万円
■ワイヤレスゲート(9419):N・フィールド(6077)と業務提携

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場は小じっかり。証券株や地銀株が買われ、円安を支えにパナソニックも堅調

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は15,039.05円の63.08円高、TOPIXは1,243.44の5.24ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,002、値下がり銘柄数は610。出来高は8億2,365万株、売買代金は7,625億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 省電舎、ミクシィ、東急不動産ホールディングス、ムゲンエステートなど

個別

■東光(6801) 321円〔+28円、+9.56%〕
 スマホ向けに電力損失を抑えた電源回路用インダクターの新製品
■芙蓉総合リース(8424) 4,620円〔+395円、+9.35%〕
 東海東京調査センターが投資判断を2段階引き上げ
■日本アセットマーケティング(8922) 175円〔-68円、-27.98%〕
 約1億円の課徴金納付命令との報道

続きを読む>>

概況/大引け 欧米株安から、日経平均は再び15,000円割れ。不動産やノンバンクが安い。ただ、新興市場は続伸

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は14,973.53円の95.95円安、TOPIXは1,237.75の1.32ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は672、値下がり銘柄数は994。出来高は21億459万株、売買代金は1兆8,596億円。

続きを読む>>

概況/前引け 欧米株安から、東証も調整。不動産や医薬品が安い一方、証券や銀行には押し目買い

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,952.77円の116.71円安、TOPIXは1,235.37の3.70ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は580、値下がり銘柄数は1,065。出来高は10億8,989万株、売買代金は9,238億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 省電舎、JT、エスイー、川田テクノロジーズ、フィックスターズなど

個別

■タカタ(7312) 2,080円〔-71円、-3.30%〕
 トヨタのエアバックリコールで
■GSIクレオス(8101) 143円〔+6円、+4.38%〕
 炭化ケイ素(SiC)の加工サービスに乗り出すとの報道
■東京ドーム(9681) 492円〔-17円、-3.34%〕
 二桁減益となる第1四半期決算を発表

続きを読む>>

概況/寄り付き 欧米市場が下落し、東証もほば全面安。省エネ関連は本日も高い

概況

日経平均 週足

9時9分時点の日経平均は14,939.32円の130.16円安、TOPIXは1,230.42の8.65ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが740万株、買いは800万株と買い越し。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は15,000円台乗せ、マザーズ指数は3%近い上昇。省エネ関連、ロボット関連、セキュリティ関連が物色

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は15,069.48円の74.68円高、TOPIXは1,239.07の10.34ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,267、値下がり銘柄数は400。出来高は17億8,724万株、売買代金は1兆6,308億円。

続きを読む>>

特報 ライツオファリング メガネスーパー「背水の陣」

特報 連載

2週間前のこの欄で、省電舎のライツオファリングを取り上げ、昨年末のセーラー万年筆以来3カ月公表がなかった、などと書いてしまったが、後からもう一度調べ直してみたら、2月に3件、3月にも1件出ていたことが分かった。読者の皆さまには深くおわび申し上げたい。

続きを読む>>

概況/大引け 後場は一時上げ幅拡大も、14,000円台を維持できず。通信株は高いが、ノンバンクや不動産は下落

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は13,996.81円の86.65円高、TOPIXは1,136.09の3.33ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は946、値下がり銘柄数は676。出来高は17億4,982万株、売買代金は1兆5,682億円。

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、鉄人化計画、ファーマライズホールディングス、ウエルシアホールディングス、日本管理センターなど

個別

■イオン(8267)
 ウエルシアホールディングス(3141)との業務・資本提携を深化
■関西アーバン銀行(8545)
 通期業績予想を上方修正、単元株式数を1,000株→100株に変更
■東宝(9602)
 平成26年2月期決算、100万株(30億円)を上限に自社株買い

続きを読む>>

特報 ライツオファリングが正念場に 「第三者割当増資」増加の理由

特報 連載

省電舎(1711) 日足

3月19日、エネルギー削減保証ビジネスの草分け・省電舎(1711・東マ)が、ライツオファリングの実施を公表した。ノンコミットメント型で、権利行使価格は1,365円。公表当日終値2,000円に対するディスカウント率は31.8%なので、過去最低水準だ。ただ、調達目標額は20億円と、総資産の倍近い。この会社にとってはかなり大型の調達になる。新株予約権1個で1株取得できるので、株主全員が権利行使をすると、発行済み株式総数は一気に倍増する。

続きを読む>>

日銀短観、着工単価、アナリスト評価 建設株が買われる「これだけの理由」【日本証券新聞 4月2日】

日本証券新聞

日本証券新聞 4月2日

・「10%理論」と「即日埋め」 ”吉兆”伴う名実新年度入り
・アキュセラ・インク 窪田良会長・社長兼最高経営責任者に聞く
・パイプドビッツ 出直り態勢 2月期決算+新中計を好感
・小売り業界を巡る2つの焦点 消費増税で食品スーパー再編

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、コムシスホールディングス、日本マニュファクチャリングサービス、オールアバウト、Jフロントリテイリングなど

概況

■松屋(8237)
 期末配当予想を2.5円に修正、5期ぶりに復配
■京阪電気鉄道(9045)
 通期業績予想を上方修正、期末配当予想を2.5円→3.5円へ修正
■北陸電力(9505)
 志賀原子力発電所2号機の安全性向上施策、費用は850億円超

続きを読む>>

概況/前引け 東京市場もマイナス圏に。リスクマネー減退懸念から不動産が安く、景気への悪影響を警戒し鉄鋼や非鉄も値下がり

概況

日経平均 日足

前引けの日経平均は14,386.72円の75.80円安、TOPIXは1,157.90の6.43ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は456、値下がり銘柄数は1,202。出来高は9億3,387万株、売買代金は8,381億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 省電舎、中外炉工業、システム・ロケーション、日医工、ミルボンなど

個別

■エルナー(6972) 130円〔+8円、+6.56%〕
 昨日に続き「コイン形大容量リチウムイオンキャパシタを開発 」とのリリースが材料視
■新家工業(7305) 151円〔+8円、+5.59%〕
 上方修正、増配を発表
■東邦ホールディングス(8129) 2,078円〔+56円、+2.77%〕
 SMBC日興証券が目標株価を2,300円に引き上げ

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、ヤクルト、カカクコム、キッコーマン、クリエイト・レストランツなど

個別

■岡村製作所(7994)
期末配当予想を7円→10円へ修正
■パルコ(8251)
仙台駅西口地区への出店を決定
■共成レンテム(9680)
通期業績予想を上方修正、期末配当予想を20円→25円へ修正

続きを読む>>

今週末SQ後の需給好転に期待 恒例「3月後半高」に3つの理由 機関投資家、配当、貸株【日本証券新聞 3月12日】

日本証券新聞

日本証券新聞 3月12日

・選別の切り口は薬価改定 薬品株に”格差拡大”中
・バイオマス発電の一種「メタン発酵ガス化発電」に注目 買取価格は「風力」などに次ぐ高単価 省電舎、FUJIKOHなど
・日本鋳造 連日のS高 「熱膨張率ゼロ合金」に脚光
・イーグル工業、高値更新 業績好調、増配も好感 東海東京「2680円」目標

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 省電舎、太平洋セメント、愛知製鋼、日本鋳造、オリエンタルチエン工業など

個別

■ウェッズ(7551) ストップ高買い気配
 期末配当予想を10円→50円へ引き上げ
■ユナイテッドアローズ(7606) 3,745円〔+165円、+4.61%〕
 野村証券では「Buy」継続
■菱洋エレクトロ(8068) 1,200円〔+33円、+2.83%〕
 平成26年1月期決算を発表

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、大豊建設、学情、MonotaRO、APカンパニー、ケンコーコムなど

個別

■トランザクション(7818)
 3月17日をもって東証2部へ市場変更
■菱洋エレクトロ(8068)
 平成26年1月期決算を発表、今27年1月期は7.3%増収、33.2%営業増益を計画
■大分銀行(8392)
 400万株の自己株式を消却

続きを読む>>

電力小売り全面自由化へ エナリスなど注目度上昇

セクター 個別

政府は28日、「電気の小売業への参入の全面自由化」を実施するために必要な措置を定める電気事業法改正案を閣議決定した。

続きを読む>>

概況/大引け GDPが予想を下回り、朝方は軟調。ただ、日銀金融政策決定会合への期待から小幅高に。楽天はバイバーメディア買収で安い

概況

日経平均 15分足

大引けの日経平均は14,393.11円の80.08円高、TOPIXは1,192.05の8.23ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,350、値下がり銘柄数は362。出来高は22億2,632万株、売買代金は1兆8,955億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) タムロン、IBJ、高橋カーテンウォール、ヒト・コミュニケーションズ、木村化工機など

個別

■ファナック(6954) 16,550円〔+350円、+2.16%〕
 JPモルガンが投資判断を「Neutral」に引き上げ
■ミクシィ(2121) 6,920円〔+680円、+10.90%〕
 モンスターストライクの利用者が300万人を突破
■JIN(3046) 2,531円〔+20円、+0.80%〕
 クレディ・スイスが投資判断を「NEUTRAL」に引き下げ

続きを読む>>

明日の材料 山崎製パン、ファンコミュニケーションズ、宝ホールディングス、ディーブイエックス、グリー、楽天など

個別

■IBJ(6071)
 平成25年12月期決算、1対3の株式分割
■日本電子(6951)
 ニコン(7731)と資本業務提携
■大塚家具(8186)
 平成25年12月期決算を発表、今26年12月期は4.0%増収、45.2%営業増益
■アサツーディ・ケイ(9747)
 平成25年12月期決算を発表、今26年12月期は1.8%増収、167.5%営業増益を計画

続きを読む>>

上昇続く電力・ガス料金 省エネ支援サービスのニーズ高まる

個別

東京電力(9501) 週足

全国の電力10社と都市ガス4社が1月30日に、原燃料費調整制度に基づく3月分の電気・ガス料金を発表した。円安の継続により原油やLNG(液化天然ガス)、石炭の輸入価格が上昇していることから全社が2カ月連続の一斉値上げに踏み…

続きを読む>>

“セリング・クライマックスの様相”下げ幅今年最大!日経平均610円安 【NSJ日本証券新聞 2月5日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 2月6日

・高利回り株に3つの選別視点 大東建、グンゼなど狙い目
・ソフトバンク 株価反攻の緒に就く
・日証金が新ルール発表 消え行く?超高額逆日歩
・USEN 自律反発狙いの買い優勢 思惑膨らむ 宇野氏の取締役復帰
・メック 密着向上剤が成長 いちよし経研 目標株価引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は4日ぶりの反発。安倍首相のダボス会議での演説にも期待。セルロースナノファイバー関連が大幅高

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,795円96銭の154円28銭高、TOPIXは1,295.95の2.09ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は791、値下がり銘柄数は842。出来高は23億7,699万株、売買代金は2兆609億円。

続きを読む>>

概況/前引け 日経平均、TOPIXはマイナス、2部やJASDAQ、マザーズ指数はプラス。任天堂が3期連続赤字で急落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,636円79銭の97円67銭安、TOPIXは1,293.55の3.84ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は960、値下がり銘柄数は678。出来高は12億3,860万株、売買代金は1兆12億円。

続きを読む>>

概況/前引け 米国株の続伸を好感。一方、東和薬品はメリルリンチの格下げで下落

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,879円81銭の71円08銭高、TOPIXは1,305.22の10.70ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,268、値下がり銘柄数は401。出来高は15億6,685万株、売買代金は1兆2,178億円。

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 省電舎、矢作建設工業、エスプール、インフォマートなど

個別

■UMNファーマ(4585) 3,620円〔+305円、+9.20%〕
 季節性インフルエンザワクチンに関する結果サマリーを公表
■ペプチドリーム(4587) 14,480円〔+1,050円、+7.82%〕
 7-12月期の営業利益が2億円程度との報道
■日本信号(6741) 960円〔+30円、+3.23%〕
 みずほ証券が目標株価を1,120円に引き上げ

続きを読む>>

概況/大引け 米国株の反発や円安を好感。世銀が世界経済成長率見通しを上方修正し、後場は上げ幅拡大。脱原発で省エネ関連が物色

概況

日経平均 15分足 MA(25/75)

大引けの日経平均は15,808円73銭の386円33銭高、TOPIXは1,294.52の25.44ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,555、値下がり銘柄数は159。出来高は26億8,817万株、売買代金は2兆4,265億円。

続きを読む>>

IPO再開控え、関連株総点検

セクター 個別

エナリス(6079) 日足

株式市場の“華”、IPO(新規上場)の承認が続々。つい最近も、エナリス(6079・東マ)とバイオガス発電でタッグを組む省電舎(1711・東マ)が大変貌(へんぼう)を遂げ、システム情報(3677・JQ)の経営陣が“目標企業”に挙げたジャステック(9717)が見直し買いされたように、IPO関連物色は旺盛だ。

続きを読む>>

明日の材料 長谷工コーポレーション、アイレップ、北の達人コーポレーション、オークファン、ドワンゴ、ファンケルなど

個別

■三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)
 第2四半期決算、通期純利益目標を7,600→9,100億円へ上方修正
■レーサム(8890)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 66.1%増収、98.3%営業増益
■学研ホールディングス(9470)
 平成25年9月期決算を発表、今26年9月期は7.1%増収、10.5%営業増益
■長大(9624)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 13.5%増収、営業利益は14.8倍

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、ぐるなび、サイバーエージェント、富士通、パナソニック、ソニー、マツダ、ソフトバンクなど

個別

■シャープ(6753)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 21.5%増収、営業利益は33,815百万円
■新日本無線(6911)
 第2四半期決算、「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載解消
■ケーヒン(7251)
 第2四半期決算、通期業績予想の上方修正を発表
■リコー(7752)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 15.1%増収、67.4%営業増益。単元株式数を1,000株→100株へ
■東京電力(9501)
 第2四半期決算を発表、前年同期比 11.8%増収、営業利益は167,223百万円

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) アドウェイズ、カネヨウ、システム・デザイン、SMK、いすゞなど

個別

■東亜ディーケーケー(6848) 528円〔+58円、+12.34%〕
 東証1部銘柄に指定
■村田製作所(6981) 7,860円〔+270円、+3.56%〕
 上方修正からゴールドマン・サックスでは目標株価を引き上げ
■日本ケミコン(6997) 443円〔-22円、-4.73%〕
 モルガン・スタンレーMUFGが投資判断を「Underweight」に
■ソフトバンク(9984) 7,560円〔-210円、-2.70%〕
 目先の上場断念との報道

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、ミクシィ、宝ホールディングス、富士通ゼネラル、村田製作所、三菱自動車など

個別

■国際石油開発帝石(1605):英国第27次探鉱鉱区公開入札における探鉱ライセンスを追加取得
■タカラバイオ(4974):第2四半期売上高予想を10,300→10,277百万円へ、営業利益予想を300→454百万円へ修正
■日本トリム(6788):第2四半期決算、通期上方修正、期末配当予想の増額(35円→50円)を発表
■東亜ディーケーケー(6848):10月31日をもって東証1部銘柄に指定
■新日本無線(6911):第2四半期売上高予想を20,000→20,400百万円へ、営業利益予想を850→920百万円へ増額修正
■キヤノン(7751):第3四半期決算を発表、前年同期比 6.7%増収、1.0%営業減益
■近鉄エクスプレス(9375):パナソニック トレーディングサービス ジャパン株式の一部を取得

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 省電舎、パナホーム、ツルハホールディングス、ドリームインキュベータなど

個別

■ニッタ(5186) 2,189円〔+86円、+4.09%〕
 場中に上方修正を発表
■東陽テクニカ(8151) 1,124円〔-93円、-7.64%〕
 平成25年9月期決算を発表
■しまむら(8227) 10,570円〔-120円、-1.12%〕
 10月度の既存店売上高は95.6%

続きを読む>>

10月の目玉IPO「エナリス」8日上場 省エネ、自然エネルギー関連に矛先 【NSJ日本証券新聞 10月8日】

日本証券新聞

NSJ日本証券新聞 10月8日

・銘柄一本勝負 フロイント産業 夢のある材料が多い成長企業
・ソフトバンク 逆行高続く 日経平均構成比も急上昇中
・米政府閉鎖は買い材料!? 過去17回平均で検証
・飯田産業 押し目買い好機 11月経営統合視野に

続きを読む>>

個別銘柄動向(午後) 省電舎、電気化学工業、バリューHR、エーアイティーなど

個別

■メッセージ(2400) 2,735円〔-1円、-0.04%〕
 UBSが目標株価を3,400円に引き上げ、「Buy」継続
■不二電機工業(6654) 1,045円〔+35円、+3.47%〕
 株主優待制度の導入を発表
■京セラ(6971) 4,855円〔+15円、+0.31%〕
 東海東京調査センターがレーティング「2」、5,400円目標
■ミスミグループ本社(9962) 2,805円〔-48円、-1.68%〕
 総額1億ドルの転換社債を発行、潜在株式数の比率は2.99%

続きを読む>>

個別銘柄動向(午前) 省電舎、夢テクノロジー、KLab、群栄化学など

個別

■森下仁丹(4524) ストップ高買い気配
 カンブリア宮殿で放映
■ナカニシ(7716) 13,700円〔+590円、+4.50%〕
 いちよし経済研究がレーティングを「B」→「A」
■興銀リース(8425) 2,627円〔-276円、-9.51%〕
 公募による新株式の発行や自己株式の処分等から約175億円を調達

続きを読む>>

明日の材料 省電舎、夢テクノロジー、ビーマップ、三菱重工業、西松屋チェーンなど

個別

■中電工(1941)
 投資有価証券償還益 550百万円
■ドワンゴ(3715)
 1対200の株式分割、1単元を100株に
■エフ・シー・シー(7296)
 クライスラーからAT用用クラッチのアッセンブリー及び摩擦板を新規に受注

続きを読む>>