セクター

電鉄株 再開発、訪日外国人増が追い風

セクター 個別

東武鉄道(9001)、東急電鉄(9005)、京急電鉄(9006)といった電鉄株が年初来高値圏で堅調な動きとなっている。
2020年の東京オリンピックをにらんだ再開発、訪日外国人観光客の増加などで、中長期的な成長力に期待が高まっており、息の長い上昇相場が見込まれる。

続きを読む>>

リース株 設備投資拡大で恩恵 再生エネへの展開も注目

セクター 個別

芙蓉リース(8424) 週足

リース株への注目度が一段と高まりそうだ。
1日発表の日銀短観(6月調査)では、先行きのDI(業況判断指数)が改善、中でも、鉄鋼や機械といった製造業の設備投資計画が前回の3月調査に比べて大幅に増加したことが話題となった。

続きを読む>>

妖怪ウォッチ関連 再人気化へ 新作ゲームソフト、カードゲームが発売

セクター 個別

シダックス(4837) 日足

子どもたちに大人気の「妖怪ウォッチ」。来週の10日にニンテンドー3DS向けゲームソフト「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」が、再来週の18日はカードゲーム「妖怪ウォッチとりつきカードバトル 第2弾」と関連商品の新発売が続くことから、バンダイナムコHD(7832)、ハピネット(7552)などの関連銘柄が再人気化する可能性があり、注目される。

続きを読む>>

人気拡大 SIMロック解除関連

セクター 個別

材料株循環物色の輪に加わってきた格好の「SIMロック解除関連」。
1日は日本通信(9424・JQ)や日本テレホン(9425・JQ)が高値を更新したほか、SIMロック解除→格安スマートフォン普及→Wi-Fiエリア拡大――との読みから、公衆無線LANサービス首位のワイヤレスゲート(9419・東マ)も上げに拍車。。

続きを読む>>

インドネシア大統領選に関心 5月「インド」の再現狙う

セクター 個別

ダイハツ(7262) 週足

インドもいいけれど、インドネシアも…。9日に迫ったインドネシア大統領選挙が一部で関心を集めている。
5月12日にかけてのインド総選挙に続いて、7月9日はインドネシア、8月10日はトルコ、10月5日はブラジルで各大統領選挙。

続きを読む>>

関西系電鉄株 ジリ高基調 「ハリー・ポッター」効果期待も

セクター 個別

阪急阪神(9042) 週足

JTBは6月26日、2014年の夏休み期間(7月15日-8月31日)の国内宿泊のインターネット予約状況を発表した。消費増税の影響が懸念されていたが、夏のボーナス支給状況の改善に加え、新たなレジャー施設のオープン、LCC(格安航空会社)、世界遺産登録などを追い風に、予約は堅調に推移しているとのこと。

続きを読む>>

建設株に中長期的構造変化 もう3倍?まだ3分の1? 三菱UFJレポートが話題

セクター 個別

清水建(1803) 週足

「既に3倍高」と見なすか、それとも「まだ3分の1足らず」と見るべきなのか…。これは清水建設(1803)の話。26日は大林組(1802)、鹿島(1812)などとともに建設株に高値更新が相次いで、市場の注目を集めたが、中でも近年の上昇率が突出しているのが清水建で、一昨年11月安値から既に「3.2倍高」。

続きを読む>>

「インバウンド観光」関連が堅調

セクター 個別

グリコ(2206) 週足

政府の成長戦略では、「2030年までに3,000万人超」と、訪日外国人増への意気込みが再確認された。「インバウンド(訪日)観光」関連は引き続き要注目。

続きを読む>>

宿泊施設関連に注目 日本ビューホテル上場へ

セクター 個別

共立メンテ(9616) 週足

創業者の箭内源典氏が1950年に開業した旅館「石雲荘」(栃木県那須町)をスタート台に、那須ビューホテル、伊良湖ビューホテル、成田ビューホテル、高崎ビューホテル、秋田ビューホテル、浅草ビューホテルなどを開業し業容を拡大させてきたが、バブル崩壊を契機にそれまでの過大な投資が重荷となり2001年に民事再生手続きを申請。

続きを読む>>

好転鮮明!! 鉄鋼株 「コスト」「需要」「ウォン高」

セクター 個別

日鉄住金(5401) 日足

足元で一服商状となった鉄鋼株だが、アナリスト評価は、むしろ高まる一方だ。前週末、みずほ証券が鉄鋼株のセクター判断をオーバーウエートに引き上げたばかりだが、24日付でモルガン・スタンレー証券が新日鉄住金(5401)の投資判断最上位を継続。目標株価を420円から490円に引き上げてきた。

続きを読む>>