セクター

話題集める「コラボ食品」  積極的な日清食品 モスフードもカルビーと連携

セクター 個別

日清食HD(2897) 日足

食品メーカー大手が自社の有名ブランドを他社製品でも活用するというコラボ企画の商品が話題を集めている。 有名ブランド商品は、「定番」として長年にわたり、安定的な売り上げを上げるものの、鋭角的な販売増は見込めないことも多い。…

続きを読む>>

再び低価格化の動き 岐路に立つ「ファストフード業態」 吉野家、ゼンショー、松屋フーズ、マクドナルドなど

セクター 個別

ゼンショーHD(7550) 日足

牛丼チェーン各社を中心に外食チェーン各社が再び低価格競争の動きを強めつつある。低価格競争を避けるべく、他業態を強化する動きもあり、集客増を図りながら利益率を維持すべく、外食業界は再び岐路に立たされている。 価格競争では出…

続きを読む>>

普及に向け動き出した「電気自動車」 低価格化と高性能化で後押し 日産自、マツダなど

セクター 個別

日産自動車(7201) 日足

自動車メーカー各社は、ハイブリッド車や既存のガソリンエンジン車のさらなる低燃費化を推し進めているが、その一方で、電気自動車も目立たぬながら、普及へ向けての動きが出始めてきている。価格面や車種構成の少なさが普及が進まない一…

続きを読む>>

エヴァやワンピースなどでのタイアップ活発化 人気アニメ映画のコラボビジネス 参天製薬、日清食品、東映アニメ、バンダイナムコなど

セクター 個別

バンナムHD(7832) 日足 6カ月

人気テレビアニメシリーズを題材にしたアニメ映画が好調だ。 ひと昔のアニメ映画の火付け役となったのは「宇宙戦艦ヤマト」や「機動戦士ガンダム」だが、昨年から今年にかけての人気タイトルとなっているのが「エヴァンゲリヲン新劇場版…

続きを読む>>

徹底選別!「円安メリット株」 各社が注目株リスト作成

セクター 概況

大和証券 亀岡裕次チーフ為替ストラテジスト

日経平均は4日続伸。上昇幅は一時、3日連続で150円超に達した。野田佳彦首相解散表明以降の相場上昇の原動力となっているのが、足元で進む円高修正の動き。19日は朝方、1ドル=81円台半ばと7カ月ぶりの円安・ドル高水準に達し…

続きを読む>>

注目の「シェールガス」関連株  タダノ、日本コンセプトなど

セクター 個別

タダノ(6395) 日足 1年

IEA(国際エネルギー機関)がこのほど発表した世界のエネルギー需給見通しが話題。今後5年内に米国が世界最大の産油国になる、というもの。 米国は現在、国内エネルギー需要の20%を輸入に依存しているものの、近いうちに中東の原…

続きを読む>>

49 / 49« 先頭...102030...4546474849