セクター

免税制度改正で消費刺激 食品、飲料、化粧品も対象に

セクター 個別

ドンキホーテ(7532) 週足

今年10月1日に免税制度が改正される。
今回の主な改正点は、これまで対象外だった食品、飲料、薬品、化粧品などの消防品がすべて免税対象に含まれることになった点だ。

続きを読む>>

取材の現場から 製薬メーカーの「透明性ガイドライン」 9月に公表開始へ

セクター 取材の現場から 連載

小野薬(4528) 週足

製薬メーカー各社が医師や研究者に支払ったギャランティが来月、公表される見通しだ。
これは業界団体の日本製薬工業協会が一昨年に取り決めた、「透明性ガイドライン」に基づくもの。大学や研究機関など団体に拠出した研究費や寄付金、医師ら個人に支払った講演料や原稿料、コンサルフィーを個々に公表する。

続きを読む>>

「自動運転」普及に現実味 取り組み姿勢は各社まちまち

セクター 個別

JVCケンウッド(6632) 週足

日産自動車(7201)は先ごろ、最新の自動運転技術の投入スケジュールを発表した。
内容を簡略に紹介すると、車線内の走行を自動化するシステムや、高速道路での走行を支援するシステムを含む最新の自動運転技術を今後4年間にわたって投入。

続きを読む>>

総合商社の四半期決算注目 資源苦戦も株高、原油高、円安などプラスに

セクター 個別

7月30日の豊田通商(8015)を皮切りに、31日は住友商事(8053)、8月4日は双日(2768)、5日は丸紅(8002)、6日に伊藤忠(8001)、三井物産(8031)と続き、最後は7日の三菱商事(8058)で締めくくりとなる。例年に比べばらけた印象だ。

続きを読む>>

キャッシュレス決済の高度化 訪日外国人や買い物難民対策でも有効

セクター 個別

GMOPG(3769) 日足

政府が6月に発表した成長戦略では、東京五輪に向けて外国人観光客への利便性を図るために、キャッシュレス決済を推進することが盛り込まれた。

続きを読む>>

電鉄株に高値相次ぐ 「観光」が支えに 相鉄HD、富士急に注目

セクター 個別

相鉄HD(9003) 日足

東武鉄道(9001)、東急電鉄(9005)、京成電鉄(9009)が高値を更新。さらに、阪急阪神ホールディングス(9042)、京阪電鉄(9045)といった関西系私鉄が高値を更新するなど、電鉄株が幅広く上昇している。

続きを読む>>

市場関係者座談会 消費増税「3カ月点検」 「一品単価上昇」に支えられる小売り既存店

インタビュー セクター

4月の消費増税(5%→8%)から3カ月が経過した。
市場関係者A「消費関連の企業業績は、3-5月期決算は3月の駆け込み需要の恩恵もあってまあまあだが、4-6月期決算については注視した方がいいように思う」

続きを読む>>

マークしておきたい防衛関連 関係費は8年ぶりの水準に

セクター 個別

北朝鮮は9日午前4時ごろ、複数の弾道ミサイルを日本海に向けて発射した。弾道ミサイルの発射は3月と6月に続くもので、政府は北朝鮮に対して厳重に抗議した。

続きを読む>>

半導体製造装置市場 連続2ケタ成長見込む 15年販売額は史上2位へ

セクター 個別

SUMCO(3436) 日足

米SEMI(半導体製造装置材料協会)はこのほど、2014年年央時点の半導体製造装置市場予測を発表した。14年年間の半導体製造装置(新品)販売額は前年比20.8ドル増の384億ドル、15年は10.8ドル増の426億ドルと、連続2ケタ成長を予想した。

続きを読む>>

「航空機リース」の市場拡大 新興国、LCCの台頭などで需要急増

セクター 個別

住友商事(8053) 日足

航空機リース市場の拡大が注目されている。
新興国の経済成長やLCC(格安航空会社)の台頭に伴い、航空機需要は拡大の一途。その中で、税負担の軽い航空機リースのニーズも拡大する見込みだ。

続きを読む>>