セクター

ヘルスケア関連に注目 「健康経営銘柄」を3月に選定(東証)

セクター 個別

東祥(8920) 週足

今年の相場テーマの一つとして「健康・ヘルスケア」が浮上することになりそうだ。
東証は3月に「健康経営銘柄」を選定する予定。個人投資家に株式投資を考えるきっかけにしてもらうため、東証では特定のテーマや指標をベースに銘柄(テーマ銘柄)を抽出・公表している。

続きを読む>>

日豪EPA発効 メリット株を探せ!  牛肉、ワインなど輸入拡大へ

セクター

ブロンコB(3091) 週足

日本とオーストラリアの経済連携協定(EPA)が15日に発効した。日本が豪州から輸入する牛肉やワインなどに課す関税を削減し、豪州は日本車や自動車部品にかける関税を削減する。

続きを読む>>

活躍期待広がる「水素自動車」関連 「水素・燃料電池展2015」先取りチェック

セクター 個別

トヨタ(7203) 週足

水素で走る燃料電池車(FCV)。新年早々にトヨタ(7203)が特許開放を発表したこともあり、関連株の活躍期待感が広がっている。

続きを読む>>

「インフルエンザ」対策関連マーク強まる

セクター 個別

富士紡HD(3104) 日足

インフルエンザの流行が昨年末にかけて大都市圏で加速したことが判明。国立感染症研究所の8日発表データによると、2014年第52週(12月22-28日)の受診患者数は推定138万人で、前週(72万人)からほぼ倍増した。

続きを読む>>

注目度上昇中の相続対策関連 FPG、青山財産などマーク

セクター 個別

FPG(7148) 週足

2015年1月の相続税改正を背景に贈与・相続対策需要の拡大が読まれる中、税対策サービスを手掛けるFPG(7148)と青山財産ネットワークス(8929・東マ)が株価頑強。両社は相続対策にうってつけとされ、引き合いが増えている「不動産小口運用商品」も扱っている。

続きを読む>>

空き家対策法が成立 新たな不動産流通・再生事業に関心

セクター 個別

リロHD(8876) 日足

11月19日に国会で「空き家対策推進特別措置法」が成立した。
少子高齢化、人口減少などで全国の空き家は増加の一途、2013年10月時点で820万戸に達しており、5年前に比べ63万戸も増加している。

続きを読む>>

冷凍食品 需要増で新視点 値上げ浸透度トップクラス

セクター 個別

ニチレイ(2871) 週足

「みそ、しょうゆ、マヨネーズ、カレー粉などメジャーな加工食品の消費税抜き価格について、今年1月、3月、9月の定点観測データを取ると、3月が一番高かった。消費増税以降、実売価格は上げってなく、むしろ下がっている」(アナリスト)。

続きを読む>>

“勝ち組”消費、実力発揮へ 再増税見送りで活躍期待

セクター 個別

セブン&アイ(3382) 日足

にわかに浮上した「解散・総選挙」。その大義名分として消費再増税の延長が現実味を増している。今年4月の消費増税第一弾の影響も比較的軽微にとどめ、企業努力で順調に利益を拡大してきた“勝ち組”消費の代表格でもある大手小売株にとって、再増税延長は収益向上に向けた絶好のチャンス到来でもある。

続きを読む>>

保有株式価値に着目 ソフトバンクだけじゃない!

セクター 個別

Dガレージ(4819) 週足

子会社株の時価評価にあらためて注目してみたい。
ソフトバンク(9984)の保有する中国・アリババ株(発行済み株式の32.4%)の時価評価が、27日時点で8兆4,000億円を超えてソフトバンク本体の時価総額の95%近くに達してきた

続きを読む>>

太陽光受け入れ問題解決関連 「賢い電線網整備」需要発生も

セクター 個別

富士電機(6504) 週足

複数の電力会社(九州電力、北海道電力、四国電力、東北電力)での、太陽光を中心とする再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づく契約手続きの中断を受け、太陽光関連物色も変調。

続きを読む>>