セクター

日米首脳会談にらみ「リニア新幹線関連」反発態勢

セクター 個別

日車輌(7012) 日足

24日に予定されている日米首脳会談において「超電導リニア新幹線」の米国への技術導入で合意するとともに、安倍首相はリニア技術の無償提供を表明すると報じられた。対象区間はワシントン―ボルティモア間(66km)だが、首相は首脳会談で新たにワシントン―ニューヨーク間(360km)にもリニア新幹線を採用するよう打診する。

続きを読む>>

自社株買い候補に照準 クレディ・スイスが選定

セクター 個別

DeNA(2432) 週足

これから本格化する決算発表シーズンは、自社株買い発表ラッシュの季節でもある。とりわけ、足元の株価が低迷し、買い手不在の深刻化する現在の地合いだけに、発表企業への注目度合いも高まるところだ。単純な需給好転要因である一方、自社株買いを発表するということは、「自社の株価が割り安」というメッセージを示す“シグナリング効果”も期待されるためだ。

続きを読む>>

エルニーニョ関連を探る 日本農薬、ホクトなど

セクター 個別

日本農薬(4997) 週足

気象庁は10日、今夏、5年ぶりにエルニーニョ現象が発生する可能性が高いと発表した。
エルニーニョ現象が6-8月に発生すると、オーストラリアや北米大陸東部、大豆の主要生産国であるブラジルなど南米大陸北東部などで少雨となりやすく、干ばつに見舞われやすい。

続きを読む>>

「牛肉」関連の活況続く

セクター 個別

ペッパー(3053) 日足

日本マクドナルド(2702・JQ)が10日急伸、3月売上高が2カ月連続マイナスとのさえない月次をものともせず、年初来高値を更新してきた。「高級ハンバーグ店を出店開始」との報道が聞かれたコロワイド(7616)も直近安値から反発している。

続きを読む>>

製薬会社→医療機関・医師への資金提供透明化 注目されるCRO、SMO

セクター

シミック(2309) 日足

新薬の開発や、発売された薬の調査などにあたり、製薬会社と医療機関および医師との連携は必須。両者は切っても切れない関係にあり、さまざまな名目で製薬会社から医療機関などにお金が支払われている。

続きを読む>>

新たな評価軸に急浮上 「ガバナンス」改善への道 社外取締役、女性役員…

セクター 個別

エステー(4951) 週足

銘柄選別の切り口として、「コーポレートガバナンス」に対する市場筋の関心が、これまでになく高まっている。金融庁は2月26日、企業価値向上に向けて機関投資家に受託者責任を問う“日本版スチュワードシップコード”を決定。今国会では、社外取締役を事実上、義務化する会社法改正案が成立する見通し。また自民党政務調査会は5月にも、コーポレートガバナンスコードを取りまとめる予定とされる。

続きを読む>>

「高額レジャー」ニーズ緩まず? GWはネット経由で“海外”増加

セクター 個別

HIS(9603) 週足

増税による消費者の心理的ダメージが懸念されるが、海外旅行など「高額レジャー」については過度な心配は不要かもしれない。

続きを読む>>

「労働力不足」 注目度増す求人広告関連

セクター 個別

キャリアDC(2410) 週足

「少子高齢化(=労働人口の減少)」と「企業収益成長」という2つの要素がぶつかって生じつつある「労働力不足」「人手不足」。
これは人材派遣、人材紹介、求人広告などの人材サービス関連会社に追い風となっており、足元業績は各社とも総じて良好だが、少し長い目でみれば、「人」を「商品」とする人材紹介会社などにとっては「労働力の減少」は「商品数の減少」につながり、先行きは“バラ色”というわけにはいかないようだ。

続きを読む>>

エネルギー関連株を再チェック 米LNGの輸出具体化で再注目

セクター 個別

日揮(1963) 週足

米国における「シェール革命」は、天然ガスの生産量を急増させている。これに伴い、LNG(液化天然ガス)の輸出計画も進展、LNG生産設備や専用タンカーの構造などに携わってきた日本企業にとって、活躍の場が一段と増えることになる。

続きを読む>>

小売り業界を巡る2つの焦点

セクター 個別

アクシアル(8255) 週足

いよいよ消費税率アップ。消費増税は個人消費を直撃し、小売りも思わぬところが倒産したり閉店したりする可能性が指摘されている。前回1997年の消費増税ではマイカルなどの息の根が止まったわけだが、今回は(1)在庫問題を抱える企業、(2)労働条件が厳しい企業、(3)売上高営業利益率が1%を切っている企業――などが頓死候補に挙がる。

続きを読む>>