特報

特報 今年に入ってのTOB・MBOを振り返る 東宝不動産、オストジャパングループ、グッドマン、マガシーク、ユニパルス

個別 特報 連載

東宝不動産(8833) 週足

今年も早2月。今回は今年に入ってからのキャッシュアウト案件をざっとおさらいしてみることにしよう。下の一覧表のうち、DCFの上限、下限は買収者、会社側双方が取得した第三者評価双方から、上限は高い方、下限は低い方を拾ってある。

続きを読む>>

特報 チャイナボーチー上場廃止の後日談 法廷闘争に横たわるケイマン籍のハードル

特報 連載

昨年11月12日、MBO(経営陣による買収)で上場廃止になったFACTA銘柄のチャイナボーチー。例によってキャッシュアウトを使った少数株主の追い出しだったわけだが、追い出された少数株主4名(うち法人1)による法廷闘争が1月半ばから始まっている。

続きを読む>>

特報 TOB価格以上に買われる東宝不動産 買い取り価格決定の申し立て方法

個別 特報 連載

東宝不動産(8833) 日足

1月21日、親会社東宝による公開買い付け期間中の東宝不動産(8833)の株価がついに800円の大台に乗った。東宝不動産の2カ月前の11月21日終値は461円。自民党の政権復帰が決まった昨年12月半ばから、ほかの不動産銘柄同様株価の上昇が始まり、親会社東宝によるTOB(株式公開買い付け)が発表されたのは1月8日の取引終了後。同日の終値は552円だから、〝アベノミクス効果〟によって1カ月半で約2割上昇していたことになる。

続きを読む>>

特報 2007年上場以来、営業増益が続くコシダカ カラオケに続くフィットネス事業の成長

個別 特報 連載

コシダカ(2157) 日足

1月10日の取引終了直後、ユニクロを展開するファーストリテイリングが、2013年8月期の連結純利益予想を従来予想の845億円から870億円(前期比121%)に引き上げた。この日に発表した第1四半期の実績が、売上高、営業利益が前年比116%、純益が123%という好成績だったことを受けての上方修正である。翌11日終値は前日比1080円高。売買高は前日の3倍に膨れあがった。

続きを読む>>

特報 アコーディアTOB問題 旧村上F系「レノ社」が突如の参戦 エフィッシモも買い付けか

個別 特報 連載

アコーディア(2131) 日足1年 MA(25-75)

新年最初の記事は別のテーマを考えていたのだが、年明け早々TOB(株式公開買い付け)期間中のアコーディア(2131)に、村上系ファンドと言われるレノが株付けしていることが判明したので、新年最初はアコーディアでいくことにする。

続きを読む>>

特報 日東工業がサンテレホン買収 勝者無きMBO?

特報 連載

日東工業(6651) 日足1年

2007年5月にMBO(経営陣による買収)で上場廃止になったサンテレホンが、来年1月21日付で日東工業(6651)に買収されることになった。

続きを読む>>

特報 野田スクリーン(6790)がMBO 36億円の現預金を持つ会社を30億円の資金で買う

個別 特報 連載

野田スクリーン(6790) 月足

11月は21日のカワムラサイクル、27日のセレブリックスと、2件にとどまったキャッシュアウト目的のTOB(株式公開買い付け)。株価も上昇傾向にあり、今月はもう出ないかと思っていたら、17日にプリント配線基板加工の野田スク…

続きを読む>>

特報 チムニーで大儲けのカーライル 2年8カ月での再上場の裏に規則改定

特報 連載

ツバキ・ナカシマに続いて今度はチムニーである。11月9日、居酒屋チェーン経営のチムニーが再上場の承認を東京証券取引所から取得した。再上場の予定日は12月14日。上場承認を取得しながら上場を取りやめたツバキ・ナカシマに続き…

続きを読む>>

特報 日興コーディアル証券(当時)執行役員のインサイダー事件 金融業者尋問12月13日に予定

特報 連載

横浜地裁で続く、執行役員は否認 キャッシュアウト銘柄が使われる 野村証券のインサイダー事件ですっかり忘れ去られている、日興コーディアル証券執行役員のインサイダー事件。今年5月、横浜の金融業者に未公表情報を提供し、この金融…

続きを読む>>

特報 続!アコーディアTOB闘争 効果的な策を打ち出せるかがカギ

個別 特報 連載

11月15日のTOB(株式公開買い付け)開始宣言からちょうど10営業日目にあたる12月3日、アコーディア・ゴルフ(2131)が、PGMホールディングス(2466)によるTOBに対し、反対の意見表明を行った。 同日16時か…

続きを読む>>

11 / 11« 先頭...7891011