本間裕 相場の醍醐味

本間宗究 相場の醍醐味 スイスの国民投票

本間裕 相場の醍醐味 連載

11月30日に、「スイスの国民投票」が実施されたが、「中央銀行が保有する金(ゴールド)に関して国民の審判を仰ぐ」という内容も含まれていた。具体的には、「海外に保有する金を、すべて、自国に移転する」、「中央銀行の総資産の20%を金にする」、そして、「金の売却は行わない」というものだった。そして、結果は、大差の否決だったものの、このような投票が行われたことは「時代の転換点」を表しているようだ。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 オランダの金(ゴールド)

本間裕 相場の醍醐味 連載

11月21日(日本時間の11月22日)に、突如として、「オランダの中央銀行が、アメリカに預けている金(ゴールド)の一部を、本国に返還した」というニュースが流れた。具体的には、「約312トンの内、122トンを、既に、本国に移送した」というものだが、この点については、11月30日の「スイスの国民投票」と相まって、世界の金融市場に関する「重大な出来事」とも考えられるようである。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 ミラクルムーン

本間裕 相場の醍醐味 連載

お陰様で、11月5日に、「還暦」の歳を迎えることができたが、驚いたことは、この日が、「ミラクルムーン(奇跡の月)」と呼ばれる日だったことである。具体的には、「閏(うるう)月」の関係で「171年ぶりに、2度目の十三夜が見られた日」だったそうだが、この時に気付かされたことは、「暦のゆがみ」だった。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 GPIFの資産構成変化と消費税

本間裕 相場の醍醐味 連載

10月末に、「GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の資産構成」が変更されたが、この裏側には、大変重要な意味が隠されているようだ。つまり、マスコミでも報道されているように、現在では、「消費税率の再上昇」のために「株価の上昇」や「更なる好景気」が必要とされており、そのために、「年金資金」までも動員することにより、「株価の上昇」がもくろまれたようである。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 黒田日銀総裁のバズーカ砲

本間裕 相場の醍醐味 連載

10月29日の「FOMC(米連邦公開市場委員会)の声明文」に続き、「10月31日」には、「日銀の追加金融緩和」が発表された。そして、このことは、「黒田日銀総裁のバズーカ砲」と呼ばれ、市場からは、好意を持って受け止められたようだが、実際には、大きな注意が必要だと感じている。具体的には、「アメリカの量的緩和終了」が発表された時に、「日銀による、さらなる量的緩和が、本当に可能なのか?」ということである。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 デリバティブのルール変更

本間裕 相場の醍醐味 連載

「10月7日」の「FT(ファイナンシャルタイムズ)」で、「デリバティブのルール変更」についての報道があった。そして、「ISDA(国際スワップ・デリバティブ協会)」が、「10月11日」に正式発表を行い、「11月初めにも、実質的な適用が行われる予定」となっているが、今回のルール変更については、大きな注意が必要だと考えている。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 世界の「失われた20年」

本間裕 相場の醍醐味 連載

日本の「失われた20年」については、誰もが認める事実であり、実際に、実体経済の指標である「GDP(国内総生産)」は、この間、ほとんど伸びなかったことが見て取れるのである。しかも、この期間中は、日本では「ゼロ金利」の状態であり、実際に、「個人」や「企業」などが受け取る金利も、ほとんど「ゼロ」だったのだが、この原因として挙げられるのが、今から20年ほど前に起きた「アメリカのデフォルト(債務不履行)騒動」だったようである。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 シュリンクフレーション

本間裕 相場の醍醐味 連載

最近、海外では、「シュリンクフレーション」という新語が使われ始めたようだが、このことは、「シュリンク(収縮)」と「インフレーション(物価上昇)」とを合わせた言葉である。つまり、「名目的な値上げ」が難しいために、「実質的な値上げ」が行われている状況のことだが、実際には、「お菓子」や「日常生活品」などの「内容量の減少」のことである。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 アインシュタインの警告

本間裕 相場の醍醐味 連載

かつて、アインシュタインは、「第三次世界大戦」に関して、次のようなコメントを述べたそうだ。具体的には、「第三次世界大戦でどのような兵器が使われるのか、私は知らない。だが、第四次世界大戦は石と棒によって戦われるだろう」というものである。そして、私自身としては、今まで、「核兵器」の使用を想定しており、「核兵器が使われた時には、地球全体が、人の住めないような状態になる」と考えていた。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 日銀のマイナス金利

本間裕 相場の醍醐味 連載

「9月9日」に実施された「日銀のマイナス金利」は、「ECB(欧州中央銀行)のマイナス金利」とは、全く意味合いが違っており、今後、世界の金融界に対して、大きな影響を及ぼすことになるものと考えている。

続きを読む>>

2 / 1012345...10...最後 »