【深層】を読む

深層を読む 個別選別よりタイミング重視 環境変化への即応問われる

【深層】を読む 連載

昨年11月の衆議院解散をきっかけに始まったいわゆるアベノミクス相場は、かれこれ半年が経過した。ここ数年間、まともな上昇相場を経験していなかった日本株市場だけに、上値の重たさを感じる展開になると、参加者の間で懐疑心が湧き出してくるのはやむを得ないだろう。ただ、この半年の展開を振り返ると、相場の上昇力に疑いを持った方が負けで、「アホになって踊り続ける」気持ちを持ち続けた方が成功しているのが厳然たる事実だ。

続きを読む>>

深層を読む アベノミクス相場の行方

【深層】を読む 連載

昨年11月の衆議院解散をきっかけに始まった通称アベノミクス相場も、かれこれ4カ月近くになってきた。市場関係者のこれからの注目点は、どの水準、どのタイミングで一度上昇相場にお休みが入るのかと、その後、上昇相場が再開されるのがいつになるのだろうか、という点だろう。

続きを読む>>

深層を読む 理想買い一巡後に2つのシナリオ 利益確定売りと押し目買い均衡 カギを握るは、やはり外国人

【深層】を読む 概況 連載

日経平均 週足5年 MA(25/75)

昨年11月の衆議院解散をきっかけにした日本株市場の上昇は、多くの市場関係者の期待を上回るものへと成長している。アベノミクスが相場に久しぶりの活気をもたらしているのは頼もしい限りだ。その点では、安倍政権のもくろみの第1段階は、間違いなく「成功」だったと評価できよう。

続きを読む>>

深層を読む 「理想買い」から、次のステージへ 相場の真贋を見極める時期 景気回復実感にはタイムラグも

【深層】を読む 連載

日経平均 月足 MA(25-75)

昨年11月の衆議院解散からトレンド変化し、自民党大勝によって急上昇した日本株市場は「アベノミクス相場」とまで呼ばれるようになった。相場は往々にして期待感先行で突っ走る傾向があるが、今回も、それが如実に出ている印象がある。

続きを読む>>

深層を読む 選挙後の「方針」提示を注視 最大公約数は金融緩和圧力 資金の流れ、一気に変化も

【深層】を読む 連載

今年もあと残り1カ月を切ってきた。年末が押し迫る中、衆議院の解散をきっかけにして上昇した日本株市場だが、これは素直に現状の閉塞(へいそく)感からの脱却を期待した動きだったと理解できる。先行きが見えない時には、相場は停滞す…

続きを読む>>

3 / 3123