取材の現場から

取材の現場から ウェッジHDへの課徴金納付命令問題 著名弁護士が登場で長期戦か

取材の現場から 連載

ウェッジHD(2388) 週足

証券取引等監視委員会(SESC)は、ウェッジHD(2388・JQ)の株価をつり上げたとして、投資会社「アジア・パートナーシップ・ファンド」(APF)の実質的な代表者に対し、約40億円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告。SESCによれば、「8億円に満たない資金をAPFグループ内で循環させるなどして仮装」したのだという。

続きを読む>>

取材の現場から 財務省が埋蔵金を民間企業に融資? 動き出す外貨準備高120兆円

取材の現場から 連載

財務省は今国会に「特別会計改革関連法案」を提出。特別会計のリストラだが、その中で外国為替資金特別会計(外為特会)関連の法改正も行う。外為特会の資金、つまり外貨準備高は約1兆2,000万ドルに及ぶ。この資金の貸し付けは銀行にしか認められていないが、改正により証券会社にも貸付が可能になる。

続きを読む>>

取材の現場から ベア引き上げよりも家計見直し? 生保業界は戦国状態

取材の現場から 連載

ウェブクルー(8767) 週足

安倍政権が企業にベア(賃上げ)を求めていることもあって、来年の春闘の動向が早くも注目されている。連合も10月24日、春闘の基本構想を発表し、ベア実施を求める方針を明らかにした。産別労組も連合の方針に応じ、ベア要求の検討に入った。

続きを読む>>

取材の現場から 安倍首相の原発セールスとリスク メーカーの製造責任に注意

セクター 取材の現場から 連載

三菱重工業(7011) 週足

国会が始まった。野党は、福島原発の汚染水問題ぐらいしか攻撃のすべがないようだ。与党やマスコミは、五輪招致で安倍首相が「アンダーコントロール」(コントロールできている)と演説したことを繰り返し批判するのだろう。

続きを読む>>

取材の現場から 業務改善命令後も揺れるみずほ 問題の本質は「反社」ではない

個別 取材の現場から 連載

みずほFG(8411) 週足

みずほ(8411)は、一体どうなっているのか。金融庁から業務改善命令を受けたが、その後のみずほ側の説明は極めて不十分。「何を隠そうとしているのかとすら見えてくる」との声も聞こえてくる。報道は「暴力団融資」と煽り、反社会的勢力(反社)との関係も示唆。ドラマ「半沢直樹」が描いた、銀行のドロドロとした裏側を想起させる事態であり、世間の耳目も集めている。

続きを読む>>

取材の現場から 迷走する日産のEV戦略 政府の関心は燃料電池車に

個別 取材の現場から 連載

日産(7201) 週足

漠然と報道などを見ていると、日産(7201)のEV(電気自動車)戦略は順調に進んでいるように見える。アメリカでの累計販売台数が3年間で3万5,000台となり、商用EV「e-NV200」の開発も最終段階に進んでいる。10月11日には横浜市と共同で、2人乗りの超小型EV「ニューモビリティコンセプト」を使ったカーシェアリングの実験事業を行う。

続きを読む>>

取材の現場から 「女性の活躍促進・企業活性化推進営業大作戦」 事業所内保育施設ビジネスに商機

セクター 取材の現場から 連載

JPホールディングス(2749) 週足

安倍首相は、女性の役員や管理職への登用を企業に提唱している。これに合わせて野村証券(野村HD・8604)が「ノムラ女子力30」なる指数を提唱。経済産業省と東証(日本取引所グループ・8697)も「なでしこ銘柄」という女性が活躍する企業をピックアップした。だが、女性を登用するだけで業績が伸びるわけはなく、「女性銘柄」には懐疑的な意見も強い。

続きを読む>>

取材の現場から 「バイク・ラブ・フォーラム」経産省が開催 相場テーマに浮上するか

セクター 取材の現場から 連載

ZOA(3375) 週足

経済産業省が8月19日、「第1回バイク・ラブ・フォーラム(BLF)を鈴鹿サーキットで開催します」と発表した。バイク関連企業と業界団体、自治体が集まり、シンポジウムを行うというものだ。仕掛け人は、経産省自動車課の前田泰宏課長だ。既に本欄でも触れたが、前田課長は今春、100名もの自動車関連業界関係者を集めた「戦略会議」なる会合を複数回開催するなど、業界内では話題の人物。

続きを読む>>

取材の現場から 昭和ホールディングスのその後 売り上げを伸ばし利益出て、株価も回復基調だが…

取材の現場から 連載

昭和HD(5103) 週足

上場企業の経営をめぐるゴタゴタは近年、目立たなくなったが、なくなったわけではない。例えば、昭和ホールディングス(5103・2部、旧昭和ゴム)。かつて、経営陣がころころ代わり、大物仕手筋などの関与が取りざたされ、さまざまな情報が飛び交った。同社は今、どうなっているのだろうか。

続きを読む>>

取材の現場から 迷走続く諫早湾干拓事業 推進なら淡水化対策関連にメリット

セクター 取材の現場から 連載

酉島製作所(6363) 週足

自民党は「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉に参加しない」との公約をほごにし、農協や漁協との関係が微妙になっているが、農協、漁協との関係では、もう1つややこしい問題を抱えている。

続きを読む>>