連載

取材の現場から 法人税減税メリットに強弱

取材の現場から 連載

総選挙も終わり、これから年末にかけて税制改正が始まる。早速、選挙翌日の12月15日、自民党税調は非公式の会合を開き、与党の税制改正大綱を30日までに決めることを確認。また、22日の経済財政諮問会議で来年度の「予算編成の基本方針」を協議し、閣議決定する。

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch ones`eyeスペシャル enish 安徳孝平代表取締役社長インタビュー【後編】

インタビュー 竹中三佳の株Catch one's eye 連載

ソーシャルアプリ・ゲーム業界にあって、女性向けユーザーへの強みを活かしつつ、ネイティブゲーム開発に大きく舵を切ったenish(3667)。株式市場でもそのリリースの前に話題となった新RPG「千年の巨神」も好スタートを切った。安徳孝平社長に竹中三佳さんがenishの今後の開発動向や企業コラボ―レーションなどを単独インタビューした模様を紹介する。

続きを読む>>

日本アクア(1429) 機関投資家が“株の争奪戦”

平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

平野 憲一氏

またも買い場が来たとみる。11月14日に1株を5株にする株式分割を発表し、時価4,000円前後の株価は来年の大発会から800円前後でスタートする。

続きを読む>>

特報 虹技の第三者委員会報告書 生真面目な日本の製造業を象徴

特報 連載

虹技(5603) 週足

業績順調、株価は割安? 12月12日はエナリス(6079・東マ)、石山ゲートウェイホールディングス(7708・JQ)、が第三者委員会報告を公表して話題になったが、この2社以外にも、クワザワ(8104・札証)と虹技(560…

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 スイスの国民投票

本間裕 相場の醍醐味 連載

11月30日に、「スイスの国民投票」が実施されたが、「中央銀行が保有する金(ゴールド)に関して国民の審判を仰ぐ」という内容も含まれていた。具体的には、「海外に保有する金を、すべて、自国に移転する」、「中央銀行の総資産の20%を金にする」、そして、「金の売却は行わない」というものだった。そして、結果は、大差の否決だったものの、このような投票が行われたことは「時代の転換点」を表しているようだ。

続きを読む>>

深堀健二の兜町法律放談 退職後の競業禁止義務・秘密保持義務【前編】

兜町法律放談 連載

年末を迎え、退職・転職される方もおられると思います。今月は退職後の従業員の競業禁止義務・秘密保持義務について確認してみたいと思います。

続きを読む>>

取材の現場から エアバッグ問題、全メーカー動きだす 顔が見えないタカタの対応

取材の現場から 連載

タカタ(7312) 週足

くすぶっていたタカタ(7312)のエアバッグ問題は、ここへきて自動車メーカーが動きだし、本格的な原因究明に向けた流れが加速。それなのに、タカタの対応は依然として消極的だ。その姿勢には、どうしてもモヤモヤ感がぬぐえない。

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch ones`eyeスペシャル enish 安徳孝平代表取締役社長インタビュー【前編】

インタビュー 竹中三佳の株Catch one's eye 連載

東証マザーズへの新規上場(2012年12月11日)から2年、東証1部指定(13年12月13日)から1年が経過したenish(3667)。浮沈の激しいソーシャルアプリ・ゲーム業界にあって、安徳孝平社長は事業戦略の再構築に着手している。竹中三佳さんがenishの魅力と特徴、そして今後の展開について安徳孝平社長に単独インタビューした模様を2回に分けて紹介する。

続きを読む>>

「株を枕に」年を越せるか? トレンド判定加えて実績アップ

IPO 夕凪所長のイベント投資100% 連載

年末まで、あとわずかとなった。新年になれば年次の成績はゼロからのスタートである。緊張感を持って始めることになる。できることならスタートダッシュを決めたいところである。年初からいきなり大幅プラスの状態で始めることができれば、その後の取引に対して精神的に余裕を持つことができる。

続きを読む>>

特報 エアバッグで揺れるタカタの懐事情 期末の純資産は1,518億円あるが…

特報 連載

トヨタ向け比率は低下していた タカタ製エアバッグのリコール問題で、ホンダが調査リコールを全世界に広げる意向を表明した。本日は話題のタカタ(7312)の懐具合を見てみよう。 タカタと言えば、エアバッグ世界2位。創業は戦前の…

続きを読む>>