連載

タカさんの「オレに任せろ!」 日銀の判断に相場は失望 全体の戻り相場に水を差す

タカさんの「オレに任せろ!」 概況 連載

安藤ハザマ(1719) 週足

10月最終週の相場は、反騰に転じると予想したように、1万4,500円台まで戻しました。いったん、そこでヤレヤレの売りを消化するために、もみ合い状態に入り、その後は、あらためて1万5,000円台に向かうと予想したのですが、先週も指摘したように、内外の懸念材料が意識され始めたために、その場面に向かうのは難しくなりそうです。

続きを読む>>

竹中三佳の「株Catch one’s eye」 Part.21 価格.com

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳

最近、家電など高額商品の購入を検討する際、必ずカカクコム(2371)が運営している価格比較サイト「価格.com」を利用するようにしています。

続きを読む>>

【深層】を読む 荒れる10月”見極めポイントは?! 増額修正の多寡、好循環保つカギ

【深層】を読む 連載

日経平均 週足2年

昨年秋の衆議院の解散・選挙を境にして、アベノミクスと日本株市場の上昇が始まってから、もうすぐ1年になる。総理大臣の交代が年中行事のように行われてきた日本の政治がようやく安定し、長いデフレから脱却する兆しが見えてきたことが、日本株市場にも好影響を与えてきたことは間違いない。

続きを読む>>

特報 石井食品 業績低迷でも「無添加」「品質保証」

個別 特報 連載

チキンハンバーグやミートボールでおなじみの石井食品(2894)が、10月28日、2014年3月期中間期の業績を発表した。結果は売上高が前期比2%減の46億7,200万円で営業損益は2億7,500万円の赤字。当期純損益も2億8,600万円の赤字となった。上期の期初予想が48億円の売上高で4,500万円の営業黒字だったので、売上高、営業損益ともに大幅な未達になった。

続きを読む>>

深堀健二の兜町法律放談 株主優待制度 2

兜町法律放談 連載

本日は株主優待制度の第2回目ということで、「株主平等原則」「利益供与」に関連する裁判例をご紹介したいと思います。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 異次元の超低金利

本間裕 相場の醍醐味 連載

現在、世界の「10年国債金利」において、日本だけが、「異次元の超低金利状態」となっている。具体的には、「アメリカが2.5%台」、「ドイツが1.8%台」という状況でありながら、「日本は0.6%台」というように、依然として、「1%を、はるかに下回る状態」となっているのである。そして、この理由としては、「日銀による大量の国債買い付け」が指摘できるようだが、現在では、「約172兆円」にまで、「日銀が保有する国債残高」が増えているのである。

続きを読む>>

オークファン 武永修一代表取締役社長インタビュー 竹中三佳の株Catch one’s eye【特別編・後編】

インタビュー 竹中三佳の株Catch one's eye 連載

オークファン(3674)の武永修一代表取締役社長と竹中三佳さん

毎週月曜日付で連載の竹中三佳さんのコラムの特別編。国内最大級のネットオークション価格比較・相場検索サイトを展開するオークファン(3674・東マ)の武永修一社長へのインタビューの後編です。

続きを読む>>

特報 ライツオファリングに新潮流 ADワークスが国内2例目のコミットメント型

特報 連載

ADワークス(3250・JQ) 週足

過去にライツオファリングを実施した実績があるADワークス(3250・JQ)とフォンツホールディングス(3350・JQ)が相次いで2度目のライツオファリング実施を公表した。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 市場から消え始めた「金」や「銀」

本間裕 相場の醍醐味 連載

現在、貴金属の市場で起きていることは、「金や銀の現物が、市場から消え始めている」ということだが、この理由としては、「中国」や「インド」、そして、「ロシア」などの「政府による買い付け」のほかに、「世界各国の投資家が、大量に金を退蔵し始めている」という点が指摘できるようである。つまり、「悪貨は良貨を駆逐する」という「グレシャムの法則」が働き始めている。このことは、多くの人が「金や銀の現物」を「良貨」と考え始め、一方で、「紙幣」や「預金」などを「悪貨」と認識し始めているということである。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 好決算続出で11月には1万5,000円台へ

タカさんの「オレに任せろ!」 概況 連載

日経平均 週足1年

米国の債務上限引き上げが予想通り、17日の期限までに決着がつき、米国の信用失墜は避けられました。先週の米国市場は決着を巡って期待したり、失望したりで振り回されましたが、日経平均は円安が定着したことや、企業業績の堅調さを背景に終始堅調でした。

続きを読む>>