連載

北浜流一郎 人気株発掘 旭ダイヤモンド工業(6140) 自動車用などに高伸長続く

個別 北浜流一郎 人気株発掘 連載

旭ダイヤモンド工業(6140) 週足

ロシアのソチでは、日本選手たちの健闘が続いている。その一生懸命ぶりをテレビを通して見ていると、メダルを獲得してもしなくてもよいような気にさえなる。

続きを読む>>

竹中三佳の「株Catch one’s eye」 Part.31 ノンシュガー

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳さん

美容と健康に良いと言われるヨーグルト。私も大好きで、かつては付属の砂糖を入れてデザートとして食べていました。

続きを読む>>

特報 リソー教育の「売上高過大計上」問題 前監査法人は監査を降りていた

個別 特報 連載

リソー教育(4714) 週足

2月13日、リソー教育(4714)の第三者委員会報告が公表された。6年半にわたって売上高83億円を過大計上していたというもので、粉飾発覚のきっかけは証券取引等監視委員会の調査が入ったことにあるという。

続きを読む>>

北浜流一郎 人気株発掘 GMOPG(3769) ネットショップ開業増の恩恵大

北浜流一郎 人気株発掘 連載

GMOPG(3769) 週足

下落も上昇も極端。これが東京市場だ。通常は規模の小さな新興市場がこうなる。ところが東京市場は、それら新興市場以上に極端な動きになるのだから対応が難しい。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 割烹着の科学者

本間裕 相場の醍醐味 連載

日、「STAP細胞」が、突如、世間の注目を浴びることとなったが、このことも、「世の中が、絶えず、進化している」ということの「証明の1つ」とも言えるようである。そして、「2010年から2025年が創業の時代である」という「私の想定」に合致するような出来事でもあったようだが、たいへん興味深い点は、「30歳の若い女性が、割烹着(かっぽうぎ)を着ながら、偉大な発見をした」という事実である。

続きを読む>>

深堀健二の兜町法律放談 日立造船株式譲渡事件<前編>

兜町法律放談 連載

今回は、正月早々から報道されている、日立造船の子会社の行った株式譲渡が、特別背任に該当するとして刑事告訴されるとともに、同子会社の旧役員から損害賠償請求訴訟を提起された事件について検討したいと思います。

続きを読む>>

取材の現場から 原発知事選は終わったわけではない 相次ぐ首長選挙が再稼働のハードルに

取材の現場から 連載

関西電力(9503) 週足

「原発即時ゼロ」が争点だった東京都知事選挙は、緩やかな脱原発を唱える舛添要一氏が当選。これを機に自民党は、原発再稼働にアクセルを踏むとみられている。

続きを読む>>

タカさんの「オレに任せろ!」 今週は2番底形成に向かう 割安銘柄を拾うチャンスに

タカさんの「オレに任せろ!」 連載

双日(2768) 週足

先週は1万4,000円を割るという行き過ぎた下げに対して、1万5,000円回復まで戻すかとみていましたが、届かず、再び反落し始めました。下げに対してはいろいろ理屈を付けやすいのですが、要は、1月下旬からの激安相場によって買いに対する意欲が大きく失われてしまった、ということでしょう。

続きを読む>>

ユナイテッド 金子陽三社長インタビュー 竹中三佳の「株Catch one’s eye」 特別編(後編)

インタビュー 竹中三佳の株Catch one's eye 連載

前回はユナイテッド(2497・東マ)の有力アプリとなったココッパ(CocoPPa)の魅力を中心に、同社の金子陽三社長にインタビューした。今回は金子社長の経営信条とユナイテッドの今後の経営戦略について迫ってみる。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 永遠のゼロ金利

本間裕 相場の醍醐味 連載

先日、「永遠のゼロ」という映画を見てきたが、このときに感じたことは、「実際の戦争」と「金融戦争」の違いがあるものの、「人々の意識」においては、「現在と似たような状況ではないか?」ということだった。具体的には、「軍国主義の時代」において、「家族のために、生きて帰りたい」という「主張」が受け入れられなかったように、現在では、「お金が無くては、生きていけない」という「考え」を否定するような意見が受け入れられない状況のことである。

続きを読む>>