連載

特報 続・ユニチカへの金融支援策 株価下落に優先株の存在

特報 連載

ユニチカ(3103) 週足

前回に引き続き、ユニチカ(3103)の金融支援策をもう少し掘り下げてみたい。ユニチカの株価は支援策を公表した5月26日の終値は57円だったが、翌日は46円に急落、以後43-47円前後で推移している。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 ECBのマイナス金利

本間裕 相場の醍醐味 連載

6月5日に「ECB(欧州中央銀行)のマイナス金利」が発表されたが、この点には「大きな注意」が必要なようである。つまり、今回は、「民間銀行が、中央銀行に預け入れる法定準備預金」の「超過分」に対して「マイナス0・1%の金利」を付加するというものであり、「個人や企業の預金」に関しては、従来通りに、「金利が付く」という状況でもあるからだ。

続きを読む>>

取材の現場から トヨタと都知事がタッグ FCV普及にアクセル

セクター 取材の現場から 連載

2013東京モーターショーに初出展されたトヨタFCV(トヨタHPから)

燃料電池車(FCV)の行方だが、国や業界が掲げる「2015年実用化」がもはや名ばかりの目標であることは周知の事実。トヨタ(7203)、ホンダ(7267)、現代自動車は来年に市販車を発売し、2017年に日産(7201)がFCVを発売するというが、その時点で肝心の水素ステーションはどのくらい設置されているだろうか。現時点で計画されているのはわずか32カ所にすぎない。目標とする100カ所の3分の1にも満たない。

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.45 ジューンブライド

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳さん

先日、友人の結婚式に列席してきました。幼いころからジューンブライドにあこがれていた彼女は「絶対に結婚式は6月に挙げたい」とプロポーズを受けたと同時に行動を開始。ところがいざ準備を始めてみると、すべてが初めての事で分からないことだらけ…。

続きを読む>>

システムトレード戦略 その6 地合い次第でストラテジー変更を 「順張り系」か、「逆張り系」か…

JACK流「勝利の方程式」 連載

グラフ 2

地合いが微妙な状況ではありますが、私も淡々とシステムトレードは継続しているところです。
とは言っても、読者の皆さまも、ひしひしと感じているとは思いますが、やはり今年の地合いは昨年のバブル相場と異なり「今年は厳しい」とか「儲けにくい」、あるいは「今年は昨年にかなりの利益を上げたのでお休みしている」という声も多々耳にします。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 米国の国防予算と集団的自衛権

本間裕 相場の醍醐味 連載

現在、日本では、「集団的自衛権」を巡る議論が、活発に行われているが、国民の中には、「なぜ、今、この議論が必要なのか?」という疑問を抱く人も、数多く存在するようである。つまり、「東北の復興」や「国家財政問題」、あるいは、「急速に進展する少子高齢化問題」など、現在の「安倍政権」が取り組むべき課題は、山積している状況であり、「優先順位が違うのではないか?」とも思われるからである。

続きを読む>>

特報 ユニチカへの金融支援 ニューマネー100億円が生きるか

特報 連載

ユニチカ(3103) 週足

ユニチカといえばバレーボールとマスコットガール。真っ先に東洋の魔女を連想する人はもはや60歳代以上で、横山樹里あたりを思い出すのは大体50歳代以上。バレーボール選手がアイドル待遇を受けたのはこの人あたりが最初ではないだろうか。

続きを読む>>

取材の現場から 認知症分野のデータ改ざん問題

取材の現場から 連載

エーザイ(4523) 週足

「エーザイ(4523)は、大丈夫なのか?」と医薬品業界の関係者が言う。エーザイの株価は抗がん剤が好感されて上昇しているが、主力の認知症分野でややこしいことになっている。

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.44 フルグラ

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳さん

夕食から約10時間近くエネルギーを補給していない体や脳にとって、朝食は非常に大切なものです。「栄養はちゃんと取りたい。出来れば美容にも良いものを。でも朝は忙しいから時間はかけられない…。」そんな私のわがままに応えてくれているのが、カルビー(2229)のフルーツグラノーラ「フルグラ」です。

続きを読む>>

特報 ローランドMBO続報 大株主の狙いはDG株売却益か

個別 特報 連載

ローランド(7944) 週足

今回はローランドの大株主であるTAIYOの狙いをより具体的に想定してみた。
まずはローランドのバランスシートがどう変遷するか、考えてみよう。

続きを読む>>