連載

特報 ライツオファリング発行規制の効果てきめん

特報 連載

ライツ・オファリングの実施事例

2月16日からサイバーステップ(3810・東マ)の新株予約権の取引が始まった。最終売買日は4月3日だ。
昨年秋、債務超過会社と2期連続の経常赤字会社はライツオファリングの発行が出来ないという規制が入ったわけだが、その効果はてきめん、発行は激減。今年は1月13日公表のサイバーステップ以降に事例はない。

続きを読む>>

オリジン電気(6513) 労働力不足を補う

個別 平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

平野 憲一氏

日本の避けることのできない真実は、人口減少だ。政府は2050年に1億人程度の人口維持を防衛ラインとする予想政策を発表しているが、なすすべがないのが現状だ。これは今から35年間で2,700万人の人口が減るということで、毎年77万人の都市が1つずつ消えてなくなるということだ。

続きを読む>>

本間裕 相場の醍醐味 イスラーム国を考える

本間裕 相場の醍醐味 連載

「日本人捕虜の殺害事件」をキッカケにして、日本では、「イスラーム国」への関心が高まっているが、ウィキペディアによると、イスラーム国が独立宣言をしたのは、2014年6月とのことである。

続きを読む>>

取材の現場から 日銀の物価指数統計で読む 原油安メリットの行方

取材の現場から 連載

主な石油関連製品の物価指数推移

原油安で物価上昇率が伸び悩んでいると日銀総裁がこぼしていたが、確かにガソリン価格は下がっているし、ナフサの価格も下がっている。それなのに、物価が下がっているという実感はあまりしない。もしかすると、メーカーが値下げを手控えているのかもしれない――。

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.77 ソーシャルギフト

竹中三佳の株Catch one's eye

竹中三佳さん

今年はバレンタインデーが土曜日だったこともあり、お世話になった方々にソーシャルギフトを贈りました。ソーシャルギフトとはLINEなどのSNSやメールを利用してお店の商品やサービスを贈り、相手は受け取り画面にアクセスし、実店舗で画面を見せたり、配送先の住所を入力したりすることで商品を受け取ることができるサービス。相手の住所を知らなくても気軽に贈れるので、最近ちょっとしたお礼などに利用しています。

続きを読む>>

特報 ファナックにサードポイント登場 求めるのは自社株買い?

特報 連載

ファナック(6954) 日足

アクティビストファンドとして知られるサードポイントが、工作機械用NC装置世界首位のファナック(6954)に株付けしていることが判明して1週間。この間、祭日を挟んだ4営業日での株価上昇率は1割程度にとどまっている。

続きを読む>>

本間裕 相場の醍醐味 21世紀の資本

本間裕 相場の醍醐味 連載

最近、「ピケティ氏」による「21世紀の資本」という本が話題になっている。そして、「格差の拡大は、資本主義の宿命である」というような意見が信じられ、「格差の縮小が、現在の課題である」と考える人も増えているようである。しかし、このことは、あまりにも短絡的、かつ、一面的な見方であり、実際には、100年ほど前の「共産主義」や「社会主義」のような考え方とも言えるようである。

続きを読む>>

深堀健二の兜町法律放談 取締役の関連当事者取引「シード事件」【前編】

兜町法律放談 連載

平成26年12月24日、コンタクトレンズで有名なシードが、いわゆる「関連当事者取引」を見過ごしていたとして、過年度開示の訂正および関係者の処分を行いました。

続きを読む>>

ライト工業(1926) インフラ整備の恩恵大

平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

平野 憲一氏

2月3日に2015年3月期の連結業績予想を上方修正した。内容は、売上高835億円を860億円(前期比7.2%減)に、営業利益47億円を61億円(同7.3%減)、純利益を30億円から38億5,000万円(同3.1%減)とするものだが、前期に対する減収減益からは逃れられず、クイックコンセンサスの数字からもかなり見劣りするものだった。このため、1月28日の直近高値1,210円から、2月16日安値1,015円へと売られている。

続きを読む>>

取材の現場から メール便廃止問題

取材の現場から 連載

ヤマトHD(9064) 週足

ヤマト運輸(ヤマトHD・9064)が、3月末でメール便を廃止すると発表した。メール便に「信書」を入れると、利用者が法律違反に問われる恐れがあるためだという。

続きを読む>>