連載

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.66 シニア向け化粧品

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳さん

資生堂(4911)は「マーケディング改革第4弾」として、25年ぶりとなる50代以上をターゲットとしたシニア女性向け新総合ブランド「プリオール(PRIOR)」の誕生記念発表会を開催しました。

続きを読む>>

「騰落レシオ」の信頼度を探る 優位性発揮は60割れから

夕凪所長のイベント投資100% 連載

長期間にわたり株価下落が起きると、話題になる指標として「騰落レシオ」がある。この値が70より下の値になると、もうそろそろ株価は下げ止まるのではないかと意識される。実例として、先月の10月中旬に騰落レシオが70を切ったことがあった。ちょうどその時に相場全体が底を打ち、大きく反発して今に至っている。このことからも信頼できる指標として参考にしている方も多いのではなかろうか。

続きを読む>>

特報 歴史的大相場(10月31日)の上昇率トップ銘柄 ダイヤ通商 8年ぶり株価輝く 株価材料は……?

特報 連載

午後1時44分に日銀が突然追加緩和を発表した10月31日。日経平均は一時前日比800円高まで上昇、終値は前日比755円高の1万6,413円。黒田東彦日銀総裁が直前まで追加緩和の必要性を否定していただけに、まさにサプライズ…

続きを読む>>

第19回 ナブテスコ(6268) 労働力不足カバーで業績伸ばす

個別 平野憲一の相場表街道/裏街道 連載

ナブテスコ(6268) 週足

「国の政策に資金を乗せろ」と言う相場格言がありますが、成功するかどうか分からない政策よりもっと確実なものは「国の趨勢(すうせい)に資金を乗せろ」です。日本の趨勢で確実な事はただ1つ、人口減少です。減少を止め増加に転じることはほとんど不可能で、2050年に1億人を維持しようという最後の砦的な目標を掲げるのが精いっぱいです。人口減少は労働力の減少を意味します。

続きを読む>>

本間宗究 相場の醍醐味 黒田日銀総裁のバズーカ砲

本間裕 相場の醍醐味 連載

10月29日の「FOMC(米連邦公開市場委員会)の声明文」に続き、「10月31日」には、「日銀の追加金融緩和」が発表された。そして、このことは、「黒田日銀総裁のバズーカ砲」と呼ばれ、市場からは、好意を持って受け止められたようだが、実際には、大きな注意が必要だと感じている。具体的には、「アメリカの量的緩和終了」が発表された時に、「日銀による、さらなる量的緩和が、本当に可能なのか?」ということである。

続きを読む>>

取材の現場から もう1つのサムスンショック

取材の現場から 連載

ニチコン(6996) 週足

韓国のサムスン電子がスマートフォン(スマホ)事業の不振で営業利益が6カ月で半減し、「ギャラクシー・ショック」と称されている。この余波が日本にも波及。スマホ向けのリチウムイオン電池の受注減により、日立マクセル(6810)は10月22日、業績の下方修正と早期退職者募集の構造改革を発表。これが「サムスン・ショック」と呼ばれているが、実は日本にはもう1つ、別のサムスン・ショックがあった。

続きを読む>>

竹中三佳の株Catch one’s eye Part.65 だてマスク

竹中三佳の株Catch one's eye 連載

竹中三佳さん

11月、ぐっと気温が下がり冬の気配を感じるようになって、街中では冬の装いとともにマスクをしている人を多く見掛けるようになりました。

続きを読む>>

【深層】を読む 当てにならない「相場観」 頼みとすべきは公開情報分析

【深層】を読む 連載

日銀のサプライズ追加緩和で、日本株市場は新たなステージに入ったのか? それとも、一時だけの打ち上げ花火だったのか? 落ち着くにつれ、市場参加者にとっては先行き不透明感が増してくるのは間違いなさそうだ。約1カ月後に消費税10%への引き上げの決断を控えて、景気への期待感と不安感が折に触れて交錯する展開は避けられそうにない。

続きを読む>>

第18回 桧家ホールディングス(1413) アベノミクスを具現化する企業

連載

平野 憲一氏

日経平均は2発目の黒田バズーカで2007年以来の1万7,000円水準に戻った。しかし、アベノミクスは第3の矢「成長戦略」に進展が見られない中で、第1の矢「金融政策」に戻らざるを得ない脆弱(ぜいじゃく)性を露呈したにすぎない。

続きを読む>>

取材の現場から 経産省が高速道路の無料化策

取材の現場から 連載

日産(7201) 週足

高速道路の無料化というと民主党のマニフェストだったが、経産省が今、これを推進しようとしている。
来年度予算の概算要求で経産省は、「次世代自動車インフラ整備のための高速道路利用実態調査事業」という名目で、8億円を新規に計上している。EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)といった次世代車の長距離走行のデータを集めるという政策で、高速道路で長距離走行した利用者に調査費用を支払い、走行データなどを収集するというのだ。

続きを読む>>