JACK流「勝利の方程式」

公募・売り出し戦略 その2 下落リスク回避に「2つの方法」受け渡しまでの約1週間近く

JACK流「勝利の方程式」 連載

ユナイテッドU(8960) 日足3カ月

今回は、公募で獲得した後、制度の関係上、受け渡し(株を売却できる日)までに1週間近くかかりますので、それまでの間に、せっかく手数料無料でディスカウントして獲得した銘柄が、著しく下落してしまった場合のリスクの回避について掲載したいと思います。

続きを読む>>

公募・売り出し戦略 その1 既上場株を値引き価格で取得

JACK流「勝利の方程式」 連載

今回から、JACK流の公募・売り出し戦略を紹介したいと思います。
こちらの投資法についても個人的には、以前、掲載したIPO(新規上場)投資に次いで貴重な戦略となっております。

続きを読む>>

投下資金回収への基本スタンス 市場統合視野に大証銘柄狙い目

JACK流「勝利の方程式」 連載

近鉄百貨店(8244) 週足

あらためて私自身の戦略としては、まずは自分自身で欲しい優待銘柄を獲得するというスタンスです。
具体的には、やはり投下資金の回収という面では配当と優待を合わせた利回り10%超が理想であると思っております。

続きを読む>>

続・お薦め優待2銘柄 ヒトコミュ、八洲電機 8、9月に向け、打診買いの機

JACK流「勝利の方程式」 個別 連載

前回、掲載した「はせがわ」は、東証1部昇格の発表があり、急騰。「スターフライヤー」においては、権利日後ということもあり、下値を探る展開となっていますから、個人的にはもう一押しあれば家族口座にて買い増しを考えているところです。

続きを読む>>

株主優待戦略 個別選別の視点 お薦め2銘柄は… スターフライヤー、はせがわ 「隠れ優待」も要チェック

JACK流「勝利の方程式」 個別 連載

スターフライヤー(9206) 日足1年

タイミング的には、3月という優待が一番盛り上がった時期の後となり、また活況な地合いを背景に高値圏の銘柄も多いのですが、今までの連載をお読みになっていれば、そのあたりの対応策については問題がないと思います。

続きを読む>>

株主優待戦略 その4 カラ売りの優待狙いに〝落とし穴〟 逆日歩生じて採算割れも 日証金サイトでチェック

JACK流「勝利の方程式」 連載

今回は、株主優待のカラ売りを使った手法における“落とし穴”について掲載したします。
それは一言で言えば「逆日歩」になります。
 ご存じの方がほとんどだと思いますが、この逆日歩というものは、結論から言えば、制度信用取引のみに発生するもので、信用取引の売りの数が増え過ぎて、株が不足した場合に発生する費用になります。そもそも信用取引の売りについては、株券を借りて貸株料という金利を払って取引をしていますので、その金利とは別に株不足という状況になった場合の手数料ということになります。

続きを読む>>

株主優待戦略 その3 「両建て」<ANAの例> 売買損益伴わず優待のみ確保 現渡し決済でコスト軽減

JACK流「勝利の方程式」 連載

全日空(9202) 日足1年

今回は、ナンピン買いをせずに、そもそもキャピタルゲイン狙いもせずに、1回の買いで株主優待を獲得できる手法を紹介したいと思います。 この手法は、あくまでも優待権利日のみに着目する投資法であり、巷では「優待タダ取り」というよ…

続きを読む>>

株主優待戦略 その2 「家族パワー」活用の利点とは?!

JACK流「勝利の方程式」 連載

優待条件は株数に比例せず 純粋な値上がり益享受も 今回は、実際に購入してから、さらに株価が下がった場合の私自身の対処方法を紹介したいと思います。 その手法とは簡単に言えば、IPO(新規上場)戦略の時にも記載しましたが、家…

続きを読む>>

株主優待戦略 その1 権利確定日に向けて上昇傾向 安値購入狙うポイントは?! 外国にはない独特の制度

JACK流「勝利の方程式」 連載

カゴメ(2811) 週足

今回から「株主優待」を使っての私なりの戦略を紹介していきたいと思います。 ちなみに、実際に株主優待を実施している企業は、統計資料などを見ると1038社になり、過去最高となる上場企業の28・5%が実施しています。この原稿を…

続きを読む>>

3 / 3123