今注目の米国株!

C.H.ロビンソン(CHRW) 米国最大の規模の物流会

今注目の米国株! 連載

株式市場はしっかりとした調整がなかなか見られず、市場では何が売り要因になるかを探している節がある。足元の金融緩和環境継続に加え、欧州債務危機が落ち着き、企業業績はまずまず、政府の自動歳出削減への懸念も高まっていない。

続きを読む>>

ステリサイクル(SPCL) 医療保険制度改革でビジネスチャンス

今注目の米国株! 連載

この3月1日から始まる米政府の自動歳出削減に対する市場の見方は依然として楽観的である。

続きを読む>>

ペプシコ(PEP) 米国内売り上げ主力で海外に成長余地

今注目の米国株! 連載

同社はペプシコーラで有名な食品・飲料会社の最大手であるが、同社最大の強みはその販売網にある。

続きを読む>>

マスター・カード(MA) “ネットワーク効果”が強み

今注目の米国株! 連載

これまで堅調な値動きを見せてきた株式市場であるが、さすがに上値が重くなってきた。決算発表期が終わりつつある中、今後の財政協議本格化を控え、投資家の買い意欲はやや後退している。

続きを読む>>

ADT ホーム・セキュリティーで断トツの最大手

今注目の米国株! 連載

直近の米国市場は、政府による金融緩和継続、しっかりの企業決算、マクロ環境の落ち着きなどを背景に過去52週の高値付近で推移している。しかし、今後議論がヒートアップしそうな財政協議や、イタリア2月選挙後の政局混乱などを気にする声も増えており、”株価調整が見られれば買い”、というスタンスを取る投資家も多くなっている。

続きを読む>>

ファステナル(FAST) シェール・ガス革命の恩恵企業

今注目の米国株! 連載

先週の週刊金融誌「バロンズ」による特集では、米国のシェール・ガス革命を背景に、米国での製造活動が活発化しているとされていた。このトレンドから恩恵を受ける企業としては、エネルギー企業に加え、コスト低下が予想される化学企業、鉄鋼メーカー、肥料メーカーなどが挙げられており、どの銘柄についても安価な天然ガス価格による恩恵は期待できそうである。

続きを読む>>

AIG 事業構造スリム化に成功、政府保有株もほぼゼロ

今注目の米国株! 連載

1月第3週から本格化した業績発表では、主に金融大手による予想以上の実績を受け、株式市場による反応も良好だ。S&P500指数は52週の高値水準で推移している。ヘッジファンドのような足の速い投資家による利食い売りの動きが聞かれているものの、中国景気や米住宅市場による回復サインを背景に、年金や投資信託による買い需要がしっかりとみられている。

続きを読む>>

ニューズ・コープ(NWSA) FOXニュース所有の高い交渉力が魅力

今注目の米国株! 連載

証券会社の一部では、米国個別株式の取引を積極的に扱う会社も登場してきた。しかし、「具体的に何を買えばいいの?」という声は投資家の間に多い。米国株取引を直接行わなくても、米国市場の動向は日本のマーケットの物色人気にも大きく影響する。米国市場の最新の状況と話題、そして注目銘柄を現地から原則毎週伝えてもらう。今回はその第1回。

続きを読む>>

2 / 212