今注目の米国株!

医療保険会社の最大手ウェルポイント(WLP) オバマ大統領の医療改革で着目

今注目の米国株! 連載

米国株式市場は相変わらず堅調である。過去数カ月はマクロ指標悪化が見られているものの、金融緩和継続を背景とした金融相場が続いている。最近は連銀による資産購入規模縮小が視野に入ってきているにもかかわらず、市場はほとんど気にしていない様子である。

続きを読む>>

続・「バークシャー・ハザウェイ年次株主総会」出席レポート バフェット氏の回答は…

今注目の米国株! 連載

前回に引き続き、5月4日に行われたバークシャー・ハザウェイの年次株主総会に出席した模様をお伝えする。今回は、ウォーレン・バフェット氏に投げ掛けられた主な質問と、それに対する同氏の答えに注目したいと思う。

続きを読む>>

「バークシャー・ハザウェイ年次株主総会」出席レポート ウォーレン・バフェット氏登場

今注目の米国株! 連載

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイによる年次株主総会に出席したので、2週にわたりその模様をお伝えしたいと思う。このイベントは、富裕者層を中心とした同社株主だけでなく、いわゆるバリュー投資家が一同に集まりさまざまな投資イベントを行う場でもあり、世界中の著名な投資家にお目にかかれる絶好の機会でもある。

続きを読む>>

CRバード(BCR) 医療用消耗品で高シェア

今注目の米国株! 連載

4月に入ってからの経済指標がおおむね予想を下回る中で、中国をはじめとしてグローバル景気の減速が見られている。先日の株式市場でもコモディティ関連を中心とした株価調整が見られた。

続きを読む>>

ルーカディア(LUK) アナリストカバーがゼロのミニ・バークシャー

今注目の米国株! 連載

の会社は本社をNYに置き、時価総額は100億ドルを上回る規模にもかかわらず、市場で話題となることが少ない。その理由は、大手証券アナリストが同銘柄を一切カバーしていないためである。

続きを読む>>

ウェルズ・ファーゴ(WFC) 米国住宅ローン市場シェア約30%

今注目の米国株! 連載

先日発表された3月雇用統計は予想を大きく上回ったものの、市場における株価調整は短期的に留まり、むしろ金融緩和継続への期待が高まった。

続きを読む>>

コムキャスト(CMCSA) 全米最大手のケーブルTV 卓越したキャッシュ・フロー創出力

今注目の米国株! 連載

米国市場は若干売り手による攻勢が強まってきた。直近で発表されているマクロ指標の一部には改善が見られておらず、ここまで上昇してきた株式市場をさらに押し上げる力は見られない。

続きを読む>>

シスコ・コープ(SYY) 強固な配送網で低コストを実現

今注目の米国株! 連載

ここ数週間における米株式市場では、奇妙な現象が見られている。
短期的な株価調整を想定している投資家は多いものの、株式指数は上昇基調を維持している。相対的なパフォーマンスを求める投資家、特に短期的なリターンを追及するヘッジファンドなどは、このような市場環境下ではパフォーマンスを悪化させないためにポジションをロング(買い)にするしかない。つまり、“買わされている”のである。

続きを読む>>

マイクロソフト(MSFT) 企業向けOSの強みを再評価へ

今注目の米国株! 連載

株式市場の上値が重くなってきた。一部の投資家からは、現在の市場P/EVバリュエーションはそれほど高くないとの楽観的な見方が聞かれているが、2007年のリーマン・ショック前における市場バリュエーションも現在とほぼ同水準であった事には注意したい。

続きを読む>>

グレイコ・インク(GGG) 塗装スプレー機で高い競争力

今注目の米国株! 連載

直近の米株式市場では、調整シナリオが除々に鮮明になってきている感じがする。
年末の増税を受けた消費への影響、今月終わりに向けた政府のつなぎ予算協議の活発化、欧州情勢不安の再燃などである。とはいえ、昨年のようなギリシャによるユーロ離脱といった大きなマクロ懸念もない中で、市場における調整は軽微に留まるとの見方も強い。また、米住宅市場の回復を背景とした雇用環境改善は、中期的な景気見通しを明るくさせるものである。

続きを読む>>

1 / 212