テクニカル指標入門 第1章 トレンド追従型のテクニカル指標 移動平均線

テクニカル テクニカル指標入門 連載


チャートを見る誰もが最も目にする指標の一つでテクニカル指標の基本中の基本と言えます。市場参加者共通の認識の目安としての価値も高い指標です。

トレンド追随型のテクニカル指標は、相場の「方向」を探るものとして活用される指標です。そのトレンド追随型指標の代表格が「移動平均線」(MA)です。一定期間の終値の平均値を算出したもので、それを結んだものが「移動平均線」と呼ばれます。相場のトレンドをわかりやすく示し、それでいて奥深いことから多くの投資家に重宝されています。

日足の場合、5日、25日、75日などがよく使われ、週足では、13週、26週、52週などがよく使われます。5日=5営業日=1週間であり、13週=3カ月、26週=半年などと考えると、その期間の「平均買いコスト」として理解することができます。

移動平均線を見るときに一番大切なことは、相場の方向を確認することです。

サインの基本は、移動平均線が上向きに転換したら「買い」、下向いたら「売り」となります。

これは移動平均線が非常に注目度の高い指標であることから、多くの市場参加者の心理を表すとの経験則からも有効と言われています。

また、期間の異なる2本の移動平均線を用いて、短期線が長期線を上抜けた時を「ゴールデンクロス」(=買いサイン)、逆に下抜けた時を「デッドクロス」(=売りサイン)と呼び、これも代表的な売買サインとして広く知られています。

また、移動平均線は、株価が上昇中は下値支持線、下降中は上値抵抗線として機能することもたびたび出てきます。

逆に言えば、株価の終値が移動平均線を上抜いたら「買い」、下抜いたら「売り」のサインということもできます。

基本的な期間から始め、売買のスパンに合わせて、機能的な移動平均線の期間を見つけていきましょう。

移動平均線

戻る