テクニカル指標入門 第3章 出来高関連のテクニカル指標 コラム 信用残高

テクニカル テクニカル指標入門 連載


株の売買には「現物取引」の他に、証券会社から借りたお金で株を買う(信用買い)、または借りた株を売る(信用売り)「信用取引」があります。借りたお金(株)は基本的に6カ月以内に証券会社に返すことになっており、信用残高はこの未決済残高を表したもの。信用買い分が買い残、信用売り分が売り残です。

決済の際は買った株を売る、または売った株を買い戻す「反対売買」を行うことになります。そのため、買い残は将来の売り圧力、売り残は買いエネルギーとなるわけです。

買い残を売り残で割ったものは信用倍率と呼ばれ、1倍を割ると将来の買いエネルギーが強い=需給環境が良いとみなされます。

信用残高

戻る