テクニカル指標入門 第2章 オシレーター系のテクニカル指標 コラム RCI

テクニカル テクニカル指標入門 連載


日付と価格の相関性を数値化した指標です。スピアマンの順位相関を相場に応用したものです。

RCIは、「順位相関指数」と訳されています。

数値は、±100%の間で動きますが、一定の期内で、毎日価格が上がり続けていれば数値は100%となり(相関が強い)、逆に毎日下落しているとマイナス100%になります(逆相関が強い)。この指標では、期間中の価格と日付を相関しているので、ボラティリティは数値に影響しないのが特徴です。

以上から、数値が0以上のときは、価格が上昇、0以下のときは下降にあることがわかります。0をクロスするときが、トレンドの転換と考えることができます。

一般的に80%以上は割高、マイナス80%以下が割安と判断します。

RCI

戻る