竹中三佳の株Catch one’s eye Part.60 まぜてマジック

竹中三佳の株Catch one's eye 連載


竹中三佳さん先日、意を決して調味料でひしめき合った冷蔵庫を整理してみました。食生活の多様化から色々な調味料が発売され、輸入物や、はやり物など使用頻度の低い調味料が、気がつけば軒並み賞味期限切れ。そのほとんどを無駄にしてしまいました。

そんな時にスーパーで出会ったのがハウス食品(2810)の合わせダレの素「まぜてマジック」。おうちの調味料がこの比率で大変身!とのキャッチフレーズ。タルタル旨ダレも、和風甘酢ダレも、おうちにある調味料とこの「まぜてマジック」を混ぜるだけで簡単にできると書いてあります。

イラスト:竹中三佳さんこれさえあれば増え続ける調味料に悩まされる事もない!と即購入。早速その日に試してビックリ。マヨネーズと「まぜてマジック」を1対1の比率で混ぜただけでしっかりタルタルソースが完成。しかもたまねぎやピクルス、赤唐辛子の細かく刻んだ野菜が具材として入っているので食感や風味もアップされ、とにかくおいしい。色々なソースやタレが簡単にできるという「時短」や「手軽さ」だけでなく、オリジナルのアイデアで自分流のソースを試作できるのも魅力的。ハウス食品のオフィシャルサイト「まぜマジ100レシピ」に色々なレシピが紹介されているので、それを参考に楽しく研究実戦しています。

ハウス食品は3種類の調味料を使い「あらゆるたれのベースとなる合わせだれの素」を研究。約2年の試行錯誤の末、本年8月「まぜてマジック」を発売。当面の販売目標は6億円だそうですが、近年食卓でもおなじみとなってきている高級ドレッシングの売り上げ「10億円」という数字を超える日は来るのか。楽しみに注目しています。

【編集委員Zのコメント】
株式市場でハウス食品グループ本社は、知名度の割には地味な存在です。一方、株価や業績の安定感は食品株の中でも秀でており、中長期投資に向いている銘柄です。ヒット商品の登場が期待されます。

戻る