竹中三佳の株Catch one’s eye Part.57 世界コンテンツ戦略

竹中三佳の株Catch one's eye 連載


竹中三佳さん原稿を執筆する今日9月3日は「ドラえもん」のお誕生日。正確には98年後の今日「マツシバ・ロボット工場」で子守用ネコ型ロボットの「ドラえもん」が誕生します。

多くの子供たちがそうであったように私も「ひみつ道具」に心を奪われ、「ドラえもん」が放送される金曜日をとても楽しみに単行本を何度も読み返し、いつか来るであろう「ドラえもん」のいる22世紀の未来にと思いをはせ、事有るごとに「『ドラえもん』がそばにいてくれたら」と思いつつ大人になりました。

先月開催されたテレビ朝日(9409)の夏祭りに、その「秘密の道具」を手にしたほぼ等身大の「ドラえもん」66体が大集合すると聞き、童心に返った私は、一緒に写真を撮って楽しむ大勢の方を横目に、試験前になるといつも熱望していた「暗記パン」を持つ「ドラえもん」をしっかり写真に収めてきました。

竹中三佳さん8月から公開中の「STAND BY ME ドラえもん」3DCG版は、月末時点で累計動員438万人、興行収入58億円を突破し、今夏の邦画NO.1ヒットの座を獲得したようです。

「ドラえもん」人気は国内にとどまらずヨーロッパやアジアを中心に35の国と地域で愛されていますが、ついに「テレビ朝日世界コンテンツ戦略第一弾」のローカライズ版「DORAEMON」全米放送が7月よりスタート。ウォルト・ディズニー社と共同展開の放映権はリメイク費込みで1話1億円ともいわれていますが、全米本格進出の足掛かりにすぎないとか。関連グッズ販売など二次展開まで想像すると、海外戦略の業績寄与には期待できそうです。

【編集委員Zのコメント】 テレビ朝日の株価は年初からの下落局面がほぼ終了し、6月以降、1,800円ラインを挟んでのもみ合いに終始しています。13週と26週の両移動平均が収れんし、手掛かり材料の浮上次第では上値へのトライもありそうです。

竹中三佳さんのプロフィール
タレント、リポーター、モデル。ホリプロアナウンス室所属。明るく誠実でファッショナブルなキャラクターでTVやラジオ、CMなどで活躍。J-WAVE「PARADISO」(毎週金曜日)の「HOT in TREND」コーナーリポーターとして出演中
戻る