竹中三佳の株Catch one’s eye Part.56 米で「ハイチュウ」ブーム

竹中三佳の株Catch one's eye 連載


竹中三佳さん幼少のころより森永製菓(2201)のソフトキャンディー「ハイチュウ」が大好きで、遠足には必ず持って行きましたし、いまだに福岡へ帰省すると九州限定「デコポンハイチュウ」と「あまおう苺ハイチュウ」を買ってしまう私。そのことをよく知る友人が、米国からの一時帰国土産に米国版「HI-CHEW」を買ってきてくれました。最近、米国ではちょっとした「HI-CHEW」ブームが広がっており、今回、米国の友人から現地で入手困難な「ハイチュウレモン味」を日本土産として頼まれたそうです。

もともと「日本のお菓子はおいしい」と注目が集まっていたようですが、日本人メジャーリーガーが「ハイチュウ」を持ち込み、それが現地の選手間で大流行。MLB内に「ハイチュウ中毒者」が続出し、ついには「HI-CHEW」と「ボストン・レッドソックス」「シカゴ・カブス」「ミネソタ・ツインズ」など次々とスポンサー契約を結ぶまでに至ったとか。

イラスト:竹中三佳さん試合後のインタビューに「HI-CHEW」とプリントされたTシャツを着た選手が登場する場面まで見かけるほど「球団公式スポンサー」として市民権を得ているようで、「米国でも一般の食料品店や駅の売店でも見かけるようになった」と友人はうれしそうに話してくれました。

森永製菓は2008年に米国販売会社「Morinaga America, Inc.」を設立。13年にはノースカロライナ州に生産会社「Morinaga America Foods, Inc.」を設立し、15年9月をめどに米国初自社生産工場を稼働させ「米国産「HI-CHEW」の販売を目指す予定。社内で「世界戦略商品」と位置付けた「ハイチュウ」を台湾拠点にグローバル展開する中で、各国のファンを魅了しながら今後どのような「ご当地『HI-CHEW』」を創出していくのか。「ハイチュウファン」としてわくわくしながら注目しています。

【編集委員Zのコメント】 年初から220円ラインを挟んで上下10円幅のボックス相場にガッチリとはまっている森永製菓の株価は、相場的にも大きく出遅れています。今期減益予想が影響しています。また、意外にも株主優待は無く、売買単位も1,000株。株主重視の政策を会社側が取れば株価も見直されるでしょう。

竹中三佳さんのプロフィール
タレント、リポーター、モデル。ホリプロアナウンス室所属。明るく誠実でファッショナブルなキャラクターでTVやラジオ、CMなどで活躍。J-WAVE「PARADISO」(毎週金曜日)の「HOT in TREND」コーナーリポーターとして出演中
戻る