竹中三佳の株Catch one’s eye Part.46 高機能デジカメ

竹中三佳の株Catch one's eye 連載


竹中三佳さん家族旅行を前にわが家に新しいデジタルカメラ、オリンパス(7733)の「STYLUS(スタイラス) SH-1」がやってきました。コンパクトでクラシカルなデザインからは想像できない「光学24倍の高倍率ズーム」や「光学式5軸手ブレ補正」など機能が充実。長年手ブレに悩まされてきた私にはとてもありがたいハイスペックな逸品。中でも購入の決め手となったのは近年必須アイテムとなっている「Wi-Fi機能」が簡単で使いやすいという点でした。

今までは旅先で素敵な写真を撮影しても、デジカメからデータを移行して編集するのが億劫(おっくう)で結局そのまま日の目を見ない写真がたくさんありましたが、Wi-Fi内蔵「STYLUS SH-1」はスマートフォン(スマホ)専用無料アプリ「OLYMPUS Image Share」との連携により、デジカメで撮影した高画質な写真を簡単にスマホに転送、その場で編集、SNS(交流サイト)へのアップロードが行えるので、今回の旅行で撮影した写真も手軽に家族や友人と共有することが出来ました。

イラスト;竹中三佳さん2013年の総出荷台数は前年比36%減の6,280万台、14年はさらに同19.6%減の5,050万台まで落ち込む見通しのデジタルカメラ市場(カメラ映像機器工業会)。W杯開催年はプロカメラマン向けのフラッグシップ機で市場が盛り上がるそうですが、各社が市場好転に向けて仕掛ける起爆剤がどう影響を及ぼすのか、環境やライフスタイルの変化に適合して商機をつかむことが出来るのか、W杯の勝利の行方とともに注目したいと思います。

【編集委員Zのコメント】
オリンパスの株価は年初来の高値圏にあり、引き続き好取組銘柄として注目されています。NHKの番組で18日に「低侵襲治療法」が取り上げられたことが株価を刺激。今期に復配が期待される銘柄としても感心が集まるところです。

戻る