テクニカル指標入門 第2章 オシレーター系のテクニカル指標 ストキャスティクス

テクニカル テクニカル指標入門 連載


2本のラインを使ったテクニカル指標で売買サインがはっきりしており、逆張り志向の投資家から人気を集めています。

ストキャスティクスは、一日の取引が、その日の高値近辺で終わると次の日も価格が上昇、逆に安値近辺で終わると下降していきやすい傾向があることに着目した指標です。

%Kと%D、または%Dとslow%D(SD)という2つのラインから、今の相場が買われすぎているのか、売られすぎているのかを判断します。

それぞれのラインはRSIと同じように、0-100%のレンジで推移します。

%Dと%Kを組み合わせたものは売買サインが早めに出ることから、「ファスト・ストキャスティクス」と呼ばれます(単に「ストキャスティクス」ともいいます)。

基本の見方は、%Kが%Dを下から上抜けたら買いサイン、逆に上から下抜けたら売りサインです。

一方、%DにSDを組み合わせたものはサインが少し遅れて出ることから、「スロー・ストキャスティクス」と呼ばれており、%DがSDを下から上抜けると買いサイン、上から下抜けた場合は売りサインとなります。

こちらは長期間のチャートによく使われます。ファスト・ストキャスティクスと比べて折れ線の動きが緩やかであるため、売買サインも比較的少ないことが特徴です。

ファスト・ストキャスティクスだけでは、売買サインが頻繁に現れるため、70―80%以上での売りサイン、20―30%以下での買いサインが出たときのみサインに従う、またスロー・ストキャスティクスを併用して、両者で上記のレンジに入ったときのみサインとするなど、「ダマシ」を軽減する工夫が必要です。

また、持ち合い相場に強く、はっきりした上昇・下降トレンドでは、ダマシが出やすいので、そのような場面では、使用しない判断も必要です。

ストキャスティクス 特徴

戻る