DLE 椎木隆太社長インタビュー 世界のビッグプレーヤーに 竹中三佳の株Catch one’s eye 特別編〈前編〉

インタビュー 竹中三佳の株Catch one's eye 連載


プロデューサーとクリエイターの連帯が秘訣

椎木隆太社長

椎木隆太社長

3月26日のIPOから活況相場が続くディー・エル・イー(3686・東マ、DLE)。「20世紀型と言われるハリウッドメジャーとは一線を画し、コンテンツ&キャラクター権利を軸とした21世紀型の映像コンテンツ及びキャラクター会社として、世界で1番のビッグプレーヤーを目指す」と語る椎木隆太社長にDLEの魅力をインタビューした。

■先ずは上場された理由からお聞かせください。

椎木 DLE社としての信頼獲得やファイナンスの意味も勿論ありますが、当社が手掛ける「フラッシュアニメ」は就活者やビジネスパートナーなどに「DLEは『鷹の爪』なんかを手掛ける面白い会社だとは思うけど、ビジネスとして利益が出ているの?」と聞かれることがあります。フラッシュアニメ業界の先頭ランナーの当社としては、「如何にフラッシュアニメを上手く利用し仕事として展開させているのか」という事実を広く認知してもらい、業界への更なる尊敬や信頼を得、人材や資金等を獲得しやすい環境を整えられれば、「業界自体を益々発展させられるのではないか」と考え、上場を決意しました。

■有名漫画とコラボレーションされています。

椎木 『島耕作』のアニメ化を提案した際、原作の世界観をある意味ぶち壊すというスタンスが原作者の弘兼憲史先生にウケたんです。「受け入れてくれるんだ!」と驚きました。原作者の先生方や出版社は、生み出したキャラクターが既に自分の頭の中でしっかりと実在し、声や雰囲気なども確定してしまっているので、アニメ化をすると「声が違う」など、どうしても世界観に不満を持ってしまうそうです。ところが当社は、作家とDLEのコラボという名の「化学反応」で出来た、元の世界とは余りに違う世界観で作品を作りあげるので、作家は違うフィールドでの作品を純粋に楽しみ、遊び心も芽生え、キャラクターを託してくれるようです。DLEはアニメ力ではなく、物語や設定などの企画力を活かして作品と向き合ってきた結果、『島耕作』『ガラスの仮面』『金田一少年の事件簿』等、著名な漫画とのコラボレーションを実現できたとのだと思っています。

■魅力的な独自のキャラクターの創造は大変だと思います。

「秘密結社 鷹の爪」劇場版第7弾(鑑賞無料)
4月4日から10日TOHOシネマズ8劇場で限定上映

椎木 当社にはプロジェクト毎にプロデューサーが居ます。ストーリー、世界観、キャラクターにしても、「かわいい」「面白い」など右脳的なひらめきで作ることはありません。この作り方では10打数1安打。当社は「やってみなくちゃ分からない」という作り方は絶対にしません。仕掛けてからこう露出させる、そうするとここで認知度があがる、そのタイミングでこのイベント、ここでDVDを出す、ここでタイアップ、次はLINEを利用して、世界に出て…と、ビジネスの動きを予測し、逆算してターゲット層を絞ります。細かくセグメントしていくと、キャラクターもある程度絞り込む事が可能です。条件を絞った状態でキャラクター制作をクリエイターに依頼すると、同じ0から1を生む作業でもクリエイターはとても生み出しやすい。当社では、0-10でビジネスを作るとしたら、1-10まではプロデューサーの仕事ですが、彼らは0から1は生めません。そこはクリエイターの仕事です。その時に具体的にこういう0-1をとお願いするのと、なんでも良いから0-1を作ってというのでは全く違います。感覚としては、プロデューサーが仕掛けやすい武器をクリエイターが作る感じ。プロデューサーによってこういう武器作ってという絞り込みがされていれば、極端な話、天才クリエイターでなくともヒットは生めるのです。天才クリエイターに頼るビジネスモデルではなく、プロデューサーとクリエイターが1つになってヒットを生む仕組み、これがDLEの最大の強みであり、これで10打数7安打を打ってきたと自負しています。誰に依存することなくヒットを生み続ける集団が、DLEです。

戻る