システムトレード戦略 その3 初期費用回収への道筋は? 運用資金と期間で利回り想定

JACK流「勝利の方程式」 連載


“お試し版”や各種サポート活用を

今回のテーマは、システムトレードを実践する上での費用対効果になります。

もちろん、自分自身で多少なりともこの手のスキルがあって、システムを構築できる方には必要はありませんが、システムトレードを実践する上でのそもそもの土台や環境づくりには、やはり市販されているソフトを購入する方がほとんだと思っております。

問題は、そのソフトはそれなりの金額になるということです。実際に、私は2つのソフトを購入して使っておりますが、フェアトレード社の「システムトレードの達人」で18万9,000円、運営会社ツクヨミの「イザナミ」で15万8,000円になります。

なお、これ以外にも、売買ルール(ストラテジー)を自分で作成をしない方には、さらに購入代として数万円がかかってくると思います。

20万円を回収する場合の運用資金と利率【運用期間1年間】
運用資金 利回り(目安)
100万円 20.0%
200万円 10.0%
300万円 6.6%
400万円 5.0%

ですから、分かりやすく言えば、まずはこのざっくり20万円の初期費用を回収できるかどうかというところになると思います。

結論から言えば、1カ月という短期間での20万円の回収は、全体的な市況や売買ルールに起因することから難しいかもしれませんが、年間ベースで考えれば、わずか2万円弱になりますから、回収期間を少し中長期で考えれば、かなりの確率で可能だと思っております。

ただし、当初の運用資金を100万円で計算すると120万円の収益が必要となりますので、利回りは20%、運用資金が200万円で計算すると220万円の収益が必要となり、利回りは10%となります(別表参照)から、運用資金としては、300万円以上であれば、回収の確率はさらに高まると思っております。

ただ、運用資金としての300万円の確保にハードルがあるということであれば、運用期間を2年と考えてしまえば、仮に200万円の運用資金で考えれば利回り5%の確保で回収できますので、そのあたりの期間としての考え方は、システムトレードのソフト自体においては一般的なウイルスソフトとは異なり、OSに伴うバージョンアップや更新料といった追加費用が生じない強さかもしれません。

いずれにしても、どうしてもいきなり20万円近くを支払うのに抵抗がある場合には、多少機能が制限されたり、利用期間に縛りはありますが、フリー版やトライアル版というものがありますので、そちらで実際に試してからの購入も一考です。

やはり画面を含め、使いやすさといったところは、人によって好き嫌いや評価が分かれると思います。そのあたりの検証や、実際に正規版にて本番運用する場合に、事前にフリー版やトライアル版を使っている知識やら経験が生かされると思います。

さらには、ここで紹介した2つのソフトはサポート体制が手厚いというところがあります。日ごろのちょっとした使い方の質疑はもちろんのこと、年に数回の購入者限定の勉強会・懇親会・セミナー、あるいは実践セミナーが各々実施されておりますから、モチベーションの維持を含め、切磋琢磨(せっさたくま)される場を提供されるのは非常に有難いものです。

私自身も、当然のことながら、実際にソフトの開発者や私以上のシステムトレード経験者と会ったり、じっくりお話できる機会は皆無でありますから、日程調整さえ問題なければ、ほぼ欠かさず出席しています。

このように、無料のフリー版の活用をしてから購入することによる安心感と、購入後のサポート体制を考えると、システム自体は買い切りですから、極端な話、すぐに売買ルールを構築したり使用しなくても、懇親会やセミナーに出席しての授業料ということを考えれば十分に初期費用は回収できる価値はあると判断しているところです。

もちろん、大前提として、前述した利回りが3%でも6%でもいいのですが、それなりに継続的にあげられるのかという疑問もあると思います。そのあたりは、最後の疑問点である「パフォーマンスの継続性」として次回に掲載したいと思います。

JACK(ジャック)とは…
個人投資家。バーテンダー、予備校講師、公務員、サラリーマンと多彩な職歴を歩む傍ら、IPO(新規公開株)で一気に長年の含み損を一掃し、1億円超の資産を築く。現在は、株式投資の大勝負やバブルのタイミングを待ちつつも、不動産投資やFXに開眼。寝る時間を惜しんで必殺技を模索中。株式・不動産を含むあらゆる投資領域において、今後どのような投資法を発掘するかが非常に注目されている投資家である。2012年3月30日、4冊目の投資書籍「サラリーマンの月収をらくらく20万増やす方法」(ごま書房新社・税込1,575円)発刊。
JACKのHP株式のブログ不動産とFXのブログを運営。
戻る