竹中三佳の「株Catch one’s eye」 Part.32 公募増資発表

竹中三佳の株Catch one's eye 連載


竹中三佳さんデジタルカメラやスマートフォン(スマホ)が普及してから、写真を現像してアルバムを作るという機会が極端に少なくなりました。そんな中私は、ミクシィ(2121)が開発したスマホアプリ『nohana(ノハナ)』を利用して写真のアウトプットを楽しんでいます。

『nohana』を使えば、スマホに保存した20枚までの写真でフォトブックが作成できます。しかも毎月1冊は無料(送料90円は掛かります)でもらえるので、最近では自分の近況報告を兼ね、作成したフォトブックを離れて暮らす家族に送っています。私の周りでも、ご両親がお孫さんのフォトブックをとっても楽しみにしているので、毎月送っている、などという話をよく聞きます。

イラスト:竹中三佳さん先日サービス開始1周年を迎えた『nohana』。自社発表によると、2月までの累計発行冊数は100万冊を突破。利用目的の8割以上が家族の日常や子供の成長記録であり、30歳代ママを中心に幅広い世代の女性に愛用されているそうです。

「事業再生フェーズ」から「再成長フェーズ」への移行を発表したミクシィグループ。今後もデジタルに温もりを感じるサービスの開発に期待したいと思います。

【編集委員Zのコメント】
ミクシィは2月28日の朝方寄付き直後に公募増資と株式売り出しを発表しました。一時下げましたが、28日はストップ高となるなど荒い値動きを発揮しました。「モンスターストライク」の中国・香港展開で香港取引所に上場する中国大手インターネット企業と提携、テレビCMを全国放映と立て続けに材料を発表し、これが需給悪懸念に勝った形です。当面は、荒っぽい値動きに。

戻る