ユナイテッド 金子陽三社長インタビュー 竹中三佳の「株Catch one’s eye」 特別編(後編)

インタビュー 竹中三佳の株Catch one's eye 連載


世界で認知されるサービス作り目指す

ユナイテッド金子陽三社長(写真左)と竹中三佳さん(写真右)前回はユナイテッド(2497・東マ)の有力アプリとなったココッパ(CocoPPa)の魅力を中心に、同社の金子陽三社長にインタビューした(→前編)。今回は金子社長の経営信条とユナイテッドの今後の経営戦略について迫ってみる。

■大切にしている企業文化をお教えください。

金子 個人的に大事にしていることはフラットでいるということです。例えば社員が思いついたら私に直接アイデアを提案したり、ご飯を一緒に食べに行ったり。コミュニケーションをとることや意思決定をする際に無駄なことを挟みたくはない。社内で根回しをしたりとか、委縮して意見を言えなかったりとか。コミュニケーションや意思決定だけでなく人間関係もフラットでいたいと思っていますし、ユナイテッドはそういう文化の会社だと思っています。

■目標としている企業はありますか。

金子 特に個別名ではありませんが、日本を代表するインターネット企業になることを会社のビジョンとしています。少なくとも、就職活動の学生さんがインターネット業界で働きたいなと思ったときにユナイテッドの名前を挙げてもらえるようになりたいと思っています。さらに世界で日本のインターネット企業としてユナイテッドを認識してほしいですね。現状ではアメリカで同業の人に日本のインターネット企業を聞いても、挙がってくるのは楽天と一時期買収を多くかけていたグリーぐらいではないですかね? 世界における日本のインターネット企業はまだまだ認知度が低いのが現実です。これを変えるには世界中でユーザーを獲得するサービスを作るしかない。CocoPPaだけでなく、今回リリースしたプロフィールカード交換サービス「アイアム(iam)」もそうですが、世界で認知されるサービスを作り日本の代表とされる企業になりたいと思っています。

■経営者として尊敬している人物は。

金子 経営者として孫さんやジェフリー・プレストン・ベゾスはやはりすごいと思いますね。何がすごいかというと、大赤字と大量の資金調達が出来るということ。特に日本の株式市場はあまり資金調達や赤字に寛容じゃない傾向にあります。でも事業を本当に大きくしていくために投資は絶対に必要となってきます。それにより時には赤字になることも。その際に明確なビジョンと明確な戦略を打ち出し、実行力を伴って結果を出し続けている、ということはすごいことだと思います。

■株主還元姿勢についてお聞かせください。

金子 合併前には当期純利益の10%を何らかの形で株主還元すると、開示資料内にて掲げておりましたが、合併後は業績予想と同様に株主還元方針を出していません。赤字同士の企業の合併だったことを考えますと、前期比で事業は進捗(しんちょく)していますので、ここから利益を出して株主還元が出来るよう、結果を出していきたいと思っています。

モバイル売上高比率が向上中

■来期どういった成長戦略を考えていますか。

ユナイテッド 金子陽三社長金子 スマートフォンメディア事業で言いますと、「iamのような、会社の柱となり得る高品質かつ規模感の大きなサービスの開発」と同時に「CocoPPa事業における課金と周辺の収益事業化」「アメリカを中心としたグローバルにおける収益事業化」「キャリアマーケット向けアプリなどのほかのスマートフォンメディア事業」など、現存サービスのさらなる展開にも努めていきます。RTB(ネット広告のリアルタイム入札システム)広告事業に関しましてはおかげさまで右肩上がりに成長を続けています。この推移を維持するために色々仕込んでおりますが、残念ながら今はまだ申し上げることができません。ぜひ期待しておいてください。

■ユナイテッド株式の魅力をお教えください。

金子 会社として面白いと思うのは、新しい可能性を秘めた業界に位置しているということです。インターネット業界の中でも、変化や成長が一番著しいスマートフォン領域において明確に肝を据えて真剣勝負している会社だと自負しています。現在のインターネット広告市場は合計で8000億円ぐらい、制作費を除くと6000億円ぐらいになります。その内5000億円はパソコン広告市場、1000億円がモバイル広告市場とまだまだ成長の見込める比率となっています。最近では楽天やヤフーでのEC(電子商取引)におけるモバイルでの売り上げ比率も2―3割まで上がってきています。こういう観点からも市場規模が伴いこれからますます成長の見込める企業だと思っています。

■ありがとうございました。

竹中三佳さんのプロフィール
タレント、リポーター、モデル。ホリプロアナウンス室所属。明るく誠実でファッショナブルなキャラクターでTVやラジオ、CMなどで活躍。J-WAVE「PARADISO」(毎週金曜日)の「HOT in TREND」コーナーリポーターとして出演中
戻る