竹中三佳の「株Catch one’s eye」 Part.27 アクアコラーゲンゲル

竹中三佳の株Catch one's eye 連載


竹中三佳さんお正月ののんびり気分を引きずる中でも仕事柄スキンケアをおろそかにすることは出来ません。そんな私が10年ほど愛用しているスキンケア用品がドクターシーラボ(4924)のアクアコラーゲンゲルです。

通常洗顔後に必要とされる化粧水、乳液、美容液などの成分がこのゲル1つに凝縮されており、これさえ塗っておけばしっかりとお肌のケアをしてくれるので、面倒くさがりの私にとって、忙しい朝、疲労困憊(こんぱい)の夜、荷物を少なくしたい旅先でのお手入れなどさまざまな場面で頼もしい味方となってくれています。

イラスト:竹中三佳また敏感肌用、アンチエイジング用など、現役医師により開発された「メディカルコスメ」の強みである高機能で安全性の高い商品展開も魅力の1つかと思います。私の母は加齢と共に敏感肌になってしまったので通常のゲルから敏感肌用に替え今も使い続けています。

さまざまなニーズに対応してくれる商品展開、安定した無借金経営、今後のアジアを中心とした海外事業の本格拡大などに加え、最近では新指数として注目度が高い「JPX日経インデックス400」に選定されるなど、ますますの発展が期待される企業として注目をしています。

【編集委員Zのコメント】
2011年に大出世相場を演じたことも記憶に新しい銘柄ですが、その後は業績の低迷もあり株価は沈黙していました。しかし、今7月期業績から3期ぶりの増益転換見通しとなったことから見直し余地が広がってきました。化粧品メーカーで「JPX日経インデックス400」構成銘柄に採用されているのは資生堂(4911)と同社のみである点も今後、注目されそうです。

戻る